無料カウンセリング

肌の黒ずみの原因はメラニン色素が肌に残っているから?脱毛サロンで正しくアフターケアをして黒ずみを対策

脱毛の知識

2020.11.30

肌の黒ずみの原因はメラニン色素が肌に残っているから?脱毛サロンで正しくアフターケアをして黒ずみを対策
自分でも気づかないうちに、お肌の黒ずみができてしまうことは多いのではないでしょうか。

たいしたことないと思って放置していると、気がついたときには濃くなっており、なかなか治らないこともあります。

今回は、黒ずみができる原因から対処法まで解説していきます。正しくアフターケアを行い、黒ずみ対策を講じましょう。

なぜ黒ずみができるのか

まずは、黒ずみについて理解しておきましょう。黒ずみとは何かや、肌に黒ずみができる原因について解説します。

そもそも黒ずみとは?

黒ずみとは、簡単にいうと刺激を受けた際に肌を守るために生成されるメラニン色素が肌に残ってしまった「色素沈着」のことです。

色素沈着は、肌の代謝サイクルの乱れによって起こります。本来なら外へ出ていくはずのメラニンが皮膚内に残ってしまうことで、その色素が皮膚表面へ出てしまうのです。

黒ずみができる原因は

黒ずみができる原因はいくつかあります。まずは、肌の摩擦です。

肌の摩擦による黒ずみは、「タオルやブラシで強く肌をこする」、「下着などで長時間体を締めつけている」などが原因で引き起こされます。

摩擦によって肌が刺激され、メラニン色素が沈着してしまい黒ずみとなります。対策としては、タオルや下着などの肌に直接触れるものはガサつきやゴワつきのない優しい素材のものや、あまり締めつけのない、ゆったりとしたものを選ぶといいでしょう。

また、ホルモンバランスの乱れや加齢も、黒ずみの原因になります。特に、女性ホルモンである「エストロゲン」は「プロゲステロン」はメラニン色素を増やすといわれており、これらのホルモンバランスが乱れると、黒ずみができやすくなります。

ホルモンバランスの適切な維持には、バランスの良い食事や睡眠を取ることに加え、ストレスなどで精神的な負荷を掛けないことも大切です。

黒ずみがあると脱毛を断られる可能性もある

黒ずみがあるとレーザー脱毛や光脱毛をする際に断られる可能性があります。
なぜ、黒ずみがあると脱毛の施術が受けられないのでしょうか。ここでは、その理由を解説していきます。

どうして黒ずみがあるとレーザー脱毛や光脱毛ができないのか?

まずは、光脱毛やレーザー脱毛の仕組みを理解しましょう。
肌に光やレーザーを当てると、メラニン色素を含む黒い毛に熱が伝わり、その熱の作用によって毛根が破壊され、ムダ毛の再生を抑制します。

つまり、脱毛に用いられる光やレーザーは、黒い色に反応するように作られているのです。

黒ずみがあると絶対に脱毛できないのか?

うっすらと茶色くなっている程度の黒ずみや、薄い黒ずみであればそれほど心配はいりません。しかし、黒ずみが濃い場合や広範囲に及ぶ場合は注意が必要です。

黒ずみや日焼けをした肌に照射すると、肌がダメージを受けたり、皮膚がやけどしたりするリスクがあるため、脱毛ができない可能性があります。

しかし、脱毛機にはさまざまな種類があり、中には濃い黒ずみがあっても施術可能な脱毛機も存在します。一カ所のサロンで脱毛を断られた場合でも、絶対に脱毛できないというわけではありませんので、施術を受けられるか相談してみましょう。

黒ずみになりにくい脱毛方法

黒ずみになりにくい脱毛方法
最近は肌をきれいに保つ脱毛方法もありますが、全ての脱毛方法が黒ずみを目立たなくするわけではありません。

脱毛方法の種類や特徴を押さえておかないと、反対に「黒ずみが目立つようになってしまった」という残念な結果になってしまいます。そこで、黒ずみになりにくい脱毛方法について紹介していきます。

黒ずみになりにくい脱毛方法とは?

黒ずみになりにくい脱毛方法には、レーザー脱毛と光脱毛があります。

レーザー脱毛は、クリニックで行われる脱毛方法で、自費診療の医療行為です。光脱毛に比べて料金が高めの傾向はありますが、サロンで行うよりも強いレーザーを照射できます。そのため、脱毛回数も少なく短期間での脱毛ができるのが特徴です。

レーザー脱毛では、黒色や茶色に反応する波長のレーザーを当て、毛を生やす組織を破壊します。施術中は痛みを感じることもあるので、敏感な方はお試し照射などで試してみましょう。
施術後は保湿・鎮静効果のある塗り薬を塗り、保湿をしっかり行ってください。

光脱毛はフラッシュ脱毛とも呼ばれ、その名の通り光(フラッシュ)を照射して脱毛を行う方法です。脱毛サロンや家庭用脱毛機でよく使われており、レーザーよりも毛根にアプローチする光弱いため、長期的に利用する必要があります。

しかし、痛みも弱く照射範囲も広いので、初めての全身脱毛に適しているといえるでしょう。

脱毛をすると黒ずみが消える?

脱毛サロンでの施術は黒ずみを作りにくい脱毛方法ではありますが、元々ある黒ずみを消せるわけではありません。
ただ、脱毛サロンや医療脱毛で施術を受けると黒ずみを作る原因のひとつである、自己処理の回数が減るため、肌へのダメージが軽くなります。

上記の理由から、結果的に脱毛の施術によって、黒ずみがひどくならずにすむこともあります。

黒ずみを解消!自己処理の方法

黒ずみを解消!自己処理の方法
肌の黒ずみのケアをしているのになかなかきれいにならない方は、ケアの方法が間違っているのかもしれません。
この章では、黒ずみの自己処理の方法についてもご紹介していきます。今までのケアのやり方と合わせて確認してみてください。

保湿

黒ずみのケアとしてまず大事なのが、「保湿」です。美白成分を含んだ化粧水や乳液を使用して保湿を行うことで、肌にかかる負担を最小限にできます。
保湿をするタイミングは、お風呂上りで肌に水分があり清潔な時がおすすめです。

保湿は、紫外線を受けた後のケアとしても有効です。顔の他、露出している部分だけではなく、日光の当たらない服の下にも日焼け止めを塗っておくことで、さらに保湿効果が上がります。

ビタミン類の摂取

サプリメントなどで、ビタミンCやBなどを積極的に摂ることも、肌の黒ずみのケアとしておすすめです。栄養バランスに気を配って健康な体をキープしておけば、肌のターンオーバー機能も正常に働くので、効果も実感しやすくなるでしょう。

ビタミンCやBは、角栓の元となる皮脂の分泌を抑えるだけでなく、メラニンの生成を抑える働きもあります。

黒ずみにならない自己処理を忘れずに!

脱毛する場合は、セルフで行うにしてもサロンにしても、黒ずみを防ぐためにアフターケアでダメージ対策をすることが大切です。

特に脱毛後は肌トラブルを誘発しやすいので、スキンケアをしてしっかりと保湿をしましょう。しっかりとお肌が潤う状態をキープして、黒ずみにならない自己処理を行ってくださいね。

また、銀座カラーは「お客様ファースト」をポリシーにして、お客様のことを第一に考えながら脱毛サービスを提供しております。
また、オプションで銀座カラーオリジナル保湿ケアもご用意しておりますのでぜひご利用ください。脱毛をこれから考えている方はぜひご相談くださいませ。

監修者からのコメント

黒ずみは下着の締め付けや、日常的に掻く、擦るなどの刺激で知らぬ間にできてしまっていることが多いです。

お肌が日常的に保湿ケアや紫外線ケアをしっかりできていて、健康的な状態であれば、黒ずみの原因となるものを除けば、黒ずみが自然に治ることもありますので、健康的な生活習慣や日常的なボディケアを取り入れることで黒ずみを作らないようにしましょう。

脱毛は、毛の中にある黒い色素(メラニン)に熱が吸収されることによって毛根が破壊され、新しい毛を生えにくくします。

つまり脱毛の機械は、毛だとしても皮膚だとしても黒色の部分には熱を強く加えてしまうことになります。皮膚の黒ずみがあったとすると、そこに熱が加えられてしまい、赤みやひりつき、最悪の場合火傷になることがありますので注意しましょう。


監修者:中島 菫 医師 (美容皮膚科医)

監修者:中島 菫 医師 (美容皮膚科医)

帝京大学医学部卒業後、都内大学病院にて臨床研修を終え、大手美容皮膚科にて美容皮膚科医として約2年程勤務。現在は都内美容皮膚科クリニックにて美容皮膚科医を続けながらフリーランス医師として、美しくなることで人生を豊かにできるをモットーに様々な活動をしている。YouTubeでは最新美容医療や韓国コスメを男女問わずもっと身近に感じてもらえるような動画を作っている。美容雑誌VOCEの公式ブロガーVOCEST!としても活躍中。