無料カウンセリング

授乳中でも脱毛はできる?知っておくべき脱毛再開できる時期とは

脱毛の知識

2020.10.29

産後はホルモンバランスの関係もあり、体毛が濃くなってしまうことがあります。
そのため、脱毛を受けたいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、授乳期の脱毛はトラブルを起こしやすく危険なことが多いので注意が必要です。
理由としては産後のお肌は妊娠前と比較して、かなり敏感になっているためです。

本記事では、授乳期になぜ脱毛が危険なのか、いつから脱毛を再開できるのかについて紹介しますので参考にしてください。

授乳中の脱毛は基本NG

赤ちゃんにミルクを与える女性
授乳中の脱毛は基本NGとされています。
なぜかというと、「ホルモンバランスが不安定」であることや「肌トラブル」を引き起こす可能性が高いためです。

授乳期の肌トラブルや体調の変化は、お母さまだけではなく赤ちゃんにも影響することがあるため注意しましょう。
以下で、授乳中の脱毛が基本的にNGな理由について詳しく説明します。

ホルモンバランスが不安定

授乳中はホルモンバランスが不安定になりやすく、脱毛をおこなっても効果が薄い可能性があるためです。

具体的には、妊娠前には生えていなかったムダ毛が生えることもあります。
これは、授乳中に毛量を増やす「プロラクチン」というホルモンが多く分泌するためといわれています。

毛量が増えてしまう場合、せっかく施術をおこなっても意味がない可能性があるため、脱毛をお断りするケースが多いのです。
ただし、毛量が増えてしまってもホルモンバランスが安定することで妊娠前と同じ毛量に戻ることが多いのでご安心ください。

一方で、ホルモンバランスが不安定な状態であると、ストレスが溜まりやすい傾向にあるため脱毛の痛みが精神状態に影響することも懸念点です。
母乳の出は精神状態が大きく影響するため、お子さまのためにも脱毛は避けましょう。

肌トラブル

ホルモンバランスが不安定になると、肌トラブルも引き起こしやすくなります。

授乳中の脱毛機器による脱毛は身体に影響がないといわれていますが、注意が必要です。炎症を引き起こすほか、肌荒れにもつながる可能性もあります。

授乳期は使用可能な薬も限られていることもあり、トラブルが起こっても投薬ができないことがあるのです。

脱毛を再開できるタイミング

脱毛を再開できるタイミングは、クリニックやサロンによってまちまちです。

カウンセリング次第では、授乳期でも施術できるというところはあるかもしれません。しかし、一般的には生理が再開するころに施術を再開します。

なぜ、脱毛を再開できるのかというと、ホルモンバランスが落ち着き肌トラブルも起きにくいためです。

銀座カラーでは、大事を取って産後は2~3回の生理が来てから脱毛の再開をおすすめしております。
しかし、生理がきたといっても授乳期が続く場合はワキ・胸・乳輪周りの脱毛はご遠慮いただいております。

生理がくるタイミングはホルモンバランスも元に戻ってきているため、胸から遠い箇所の脱毛は承っております。その他、お客様の健康と安全を考えて以下の要件にあてはまる場合、お越しいただく前にご連絡をお願いしております。
●以下に該当される場合は、施術をお受けできません。

・妊娠中の方
※出産後、生理が2〜3回きて体調が安定してからの再開となります。
※ワキ・胸・乳輪周りは、授乳期間が終了してからの再開となります。
・光感受性を高める薬を内服している方
・結婚式の予定が1ヵ月以内にある方
・ご予約当日に予防接種を受けた方
●以下に該当される場合は、施術をお受けできないことがございます。

・体調が優れない方
・日焼けをしてお肌が黒い方、日焼けによる肌ダメージがある方
・注射(予防接種を含む)後、赤み・腫れのひかない方
・お肌の状態が悪い方(傷、炎症、アトピー性皮膚炎など)
・お薬の服用している方
・施術直前に代謝の上がる行為をした方
・ひび割れや粉が吹いた、極度の乾燥をしている方
・自己処理忘れの方
※手の届かない箇所(えり足・背中・腰・ヒップ・ヒップ奥)につきましては、フェイス用シェーバーをお持ちください。
※ボディ用シェーバーやカミソリをお持ちの場合は、処理のお手伝いをお受けできません。
お忘れの場合は、店舗にて販売しておりますのでご利用ください。
●以下に該当される場合は、施術をお受けできない箇所がございます。

・タトゥー(タトゥー除去も含む)、アートメイク、ティント(眉・唇など)の箇所
・整形手術をしている箇所
※周辺箇所も脱毛をお断りする場合がございます。
※今後される予定がある方は、事前にスタッフまでお知らせください。
・塗り薬を使用している箇所
・生理中のVライン(上部・サイド・iライン)、ヒップ、ヒップ奥の施術
●以下に該当される場合は、医師の確認が必要となります。

・癌の既往がある方
・内臓系疾患の既往がある方【心臓病、糖尿病、甲状腺疾患、免疫疾患など】
・ステロイドを服用・吸引している方
・ケロイド体質の方
・アルコール依存の方
・現在、通院中の方


上記の中で、結婚式1ヵ月前になぜ脱毛ができないのか?と感じる方も多いのではないでしょうか。

結婚式は一生の思い出となる晴れ舞台です。そのため、結婚式前に綺麗にしておきたいと脱毛を考えるのは自然です。
では、なぜ施術ができないのかというと、結婚式前に脱毛による万が一の肌トラブルを避けるためです。

脱毛は短期間にまとめて行うのではなく、数回に分けて施術を重ねていくことで初めて効果が表れてくるため、1回で施術は完了しません。

結婚式までに余裕を持って施術できるようにスケジュールを立てるのがおすすめです。
長い期間かけておこなうことにより、肌トラブルも避けられるので結婚式の半年前~1年前に施術をおこないましょう。

銀座カラーでは、授乳期に結婚式をおこなう場合、生理が複数回来ていることを条件に胸付近以外の施術を受けることはできますのでご相談くださいませ。

自宅でのムダ毛処理方法

どうしてもムダ毛が気になってしまい、処理をしたいと考える方も多いと思います。
肌に負担がない方法であれば問題ありませんが、自己処理の方法を間違えてしまうと肌を傷つけてしまうことにつながります。
以下の2点に注意して自己処理をおこないましょう。

家庭用脱毛器やカミソリでの処理を避ける

フェイスシェーバーとカミソリの画像
家庭用脱毛器やカミソリでの処理は、肌の負担が大きいため授乳期は避けましょう。

家庭用脱毛器で処理をおこなって、万が一肌トラブルがおこっても対処が難しいです。
前文でお伝えしていますが、授乳期は使える薬が限られているため、トラブルがおこっても使える薬が限られる場合があります。
そのため、お店でできないからといって自宅で脱毛器を使用することは避けましょう。

一方でカミソリを避けるべき理由は、角質まで傷つけてしまうことがあるためです。
授乳期は肌が敏感なため、カミソリでの肌ダメージをより大きくしてしまうこともあります。また、カミソリで処理するとポツポツと細かい毛がのこってしまい埋没毛の原因にもなります。

脱毛ができるようになったとしても、脱毛に支障をきたすこともあるので避けましょう。
また、毛抜きでの処理も毛穴にダメージを与える場合があるため、避けたほうがよいです。時間もかかるため、効率的にも良いとはいえません。

ムダ毛が気になる場合、フェイス用シェーバーはお肌の負担が少ないほか、綺麗に処理ができるのでオススメです。
脱毛ではなく、あくまで除毛になりますが気になる箇所を一時的にスッキリさせることができます。

どうしても気になるという場合はフェイス用シェーバーを活用してみてはいかがでしょうか。

自己処理後に化粧水などを塗りアフターケアをする

フェイス用シェーバーが肌に優しいとはいえ、除毛後のお肌はかなり敏感になっています。乾燥しやすいため、肌トラブルが起きやすい状態にあります。

肌をきれいに保つために、保湿クリームやボディローションなどを使ってアフターケアをおこないましょう。
アフターケアをおこなうことにより、肌トラブルを防止して処理した部分を綺麗に保つことができます。アフターケアをしないと、除毛した部分が赤くなってしまう場合があるので注意が必要です。

適切な処理方法とアフターケアをおこない、自己処理をしましょう。

授乳中の脱毛は赤ちゃんに影響がでることもあるので控えよう

手の上で赤ちゃんを受け止める画像
授乳中の脱毛はさまざまな問題が考えられるため注意が必要です。
なかには、授乳期での施術をおこなってくれるクリニックやサロンがあるかもしれません。

しかし、肌トラブルや母乳の出に影響することもあるため、できれば避けましょう。
どうしてもムダ毛が気になる場合はフェイス用シェーバーを使った処理をおこない、アフターケアを徹底することが大切です。

銀座カラーでは産後に生理が2~3回きたタイミングであれば、授乳期であってもワキや胸周り以外の箇所であれば対応できる場合があります。

生理が来ている場合、施術をおこなえる可能性があるのでお気軽にご相談ください。

監修者からのコメント

授乳中はプロラクチンの影響でムダ毛の量が増えることが多く、脱毛したいという気持ちが強くなりがちです。

しかし、ホルモンバランスの乱れから肌トラブルを起こしやすかったり、お母さんの精神面に影響が及ぶこともありますので注意が必要です。

西田 恭之 医師

監修者:西田 恭之 医師(恵比寿美容クリニック)

東海大学医学部医学科卒業。都内市中病院で初期研修後、消化器内科診療に従事。その後は人間ドックでの診療を続けながら恵比寿美容クリニックにて勤務し、現在は副院長として診療に従事。