女性専用脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー膝を脱毛したら埋没毛が?!
正しい処理方法教えます

脱毛部位

2017.10.31

膝は季節に関係なく露出する機会が多い箇所ですよね。スカートを履いたときなどに膝のムダ毛が気になって……という人もいるのではないのでしょうか。しかし、ここで間違ったムダ毛処理をしてしまうと膝に埋没毛ができてしまう可能性があります。できてしまった埋没毛を自力で処理するのは大変です。早く治そうと無理に抜こうとすると、かえって埋没毛が悪化してしまいます。そこで、このコラムでは膝の埋没毛の正しい予防・改善方法を紹介します。

膝の埋没毛には生え方に
種類はあるの?

埋没毛は何らかの原因で毛穴から毛が出てこられなくなり、皮膚の下で成長を始めてしまった状態の毛をいいます。
毛抜きやワックス、カミソリなどを使ったムダ毛処理で毛穴が傷つくと、毛穴をかさぶたが覆ってしまい、ムダ毛の出口がなくなってしまいます。乾燥や古い角質が溜まったことなどで膝の角質が厚くなり、角質が毛穴詰まりの原因になることもあります。
また、尖った毛先が毛穴以外の場所に刺さってしまい、そのまま成長を始めて埋没毛になるケースもあります。ムダ毛処理中に切れ毛を起こしやすい毛抜きやワックス、処理後に毛先が尖りやすいカミソリなどで発生します。

膝に埋没毛ができたとき、
みんなはどのような対処をしている?

膝に埋没毛を発見してしまったとき、女子のみなさんはどのように対処しているのでしょうか。全国の10代・20代の女子を対象にアンケート調査を実施しました。

【質問】
膝に埋没毛ができたときどんな対処をしましたか?

【回答結果】
フリー回答

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】29才以下
調査期間:2017年01月30日~2017年02月06日
有効回答数:126サンプル

★無理やり抜いている人も多いようです……。

  • 見て見ぬフリをするか、毛抜きで無理やり抜きました。(26歳/女性)
  • 針を使ってほじくり出して、毛抜きで抜いていました。(27歳/女性)
  • 放っておきました。(16歳/女性)
  • エステにて永久脱毛を行った。(29歳/女性)
  • ボディスクラブで古い角質を取り除いた。(24歳/女性)
  • 脱毛クリームを使用した(27歳/女性)

自己処理を頑張る人から完全放置する人まで、バラエティに富んだ回答が集まりました。なかでも一番多かったのが毛抜きやピンセットで無理やり毛を抜いている人でした。できてしまった毛が気になって、とりあえず処理してしまいたいと考える人が多いようです。また、脱毛クリームを使った処理を試す人も何人かいました。さらに、スクラブなどによる角質ケアやムダ毛処理のやり方の見直しで対処しようとする人も。何もせず自然治癒に任せるという回答もありました。回答の中身は違っても、埋没毛の処理にはそれなりに苦労していることがわかります。

膝の埋没毛には
どんな脱毛方法があるの?

ほとんどの埋没毛は時間の経過とともに自然に治るといわれています。毛抜きや針などでほじくり出す、カミソリで深剃りするといった無理な処理をしてしまうと、肌や毛穴が傷ついて症状がひどくなりがちです。傷口が炎症を起こし、慌てて皮膚科に駆け込むということにもなりかねません。
完全に皮膚の下に埋まった状態の毛をすぐに取り除くのは難しいです。膝に埋没毛を見つけても、なるべくいじらないようにしましょう。脱毛するというよりは、肌に余計な角質が溜まるのを予防しつつ、埋没毛が消えるのを待つのがおすすめです。毎日の保湿ケアで角質を柔らかく保ち、ときどきスクラブなどで古い角質を取り除くようにすると、より早い症状改善が期待できます。

膝の埋没毛は
専門店で処理した方がよいの?

脱毛サロンの光脱毛でも埋没毛をすぐに取り除くことはできません。ただ、新しい埋没毛ができるのを予防することはできます。埋没毛ができる原因の1つは、肌への負担が大きいムダ毛の自己処理です。カミソリや毛抜きといった自己処理は、特に埋没毛が起きやすいといわれていますし、除毛クリームでも埋没毛ができてしまうケースがあります。光脱毛では、特殊なフラッシュを肌に当てて直接毛根にダメージを与えて脱毛します。もともと埋没毛が起きるリスクが低く、最終的にはムダ毛そのものが生えにくい状態を目指せる施術です。繰り返し施術を受けるうちに生えてくるムダ毛が薄くなり、同時に埋没毛の量も自然と減っていくことになるでしょう。

膝の埋没毛を処理するとき
痛みはある?

皮膚に埋まっている毛を無理やり処理することは、肌や毛穴に大ダメージを与えることになります。肌の表面を切り裂いたり、深いところまで削るようにしたりしないと、埋まった毛を取り出すことはできません。そのため、当然強い痛みが出ることが予想されます。処理中はもちろん、処理後まで痛みが長引く可能性もあるでしょう。
特に素人が自宅で埋没毛の処理を行う場合、処理後の傷口に雑菌が侵入するリスクも高くなります。毛のう炎などの感染症やひどい炎症が起きれば、より事態は深刻になります。痛みに悩まされるだけでなく、後々まで傷跡が残ってしまうかもしれません。
皮膚の下で炎症が起きているなどの理由がない限り、埋没毛を取り出すべきではありません。また、取り出すにしても皮膚科などの医療機関で処置してもらうことをお勧めします。

膝の埋没毛を脱毛したあとの
ケア方法は?

もしうっかり埋没毛を自分で無理やり処理してしまったら、しっかり消毒をして傷が治るのを待ちましょう。炎症がひどくなってきているなど症状が酷い場合は、医師に相談するようにしてください。肌に刺激を与え、傷を悪化させないように気をつけましょう。
日々のスキンケアとしては、とにかく保湿が大切になります。膝は古い角質が溜まりやすく、放っておくと厚く硬くなった角質が毛穴をふさいでしまいがちです。クリームなどでこまめに保湿し、角質が硬くなるのを防止しましょう。傷が完全に治り、肌の状態が良くなってきたら、スクラブなどで古い角質を取り除いたり、角質を柔らかくする尿素入りのクリームを塗ったりするのもよいでしょう。新しい埋没毛を作らないために、肌に負担のかかるようなムダ毛処理を避けることも重要です。

まとめ

人に見られることも多い膝は埋没毛が気になりやすい箇所かもしれません。しかし、埋没毛を早く治そうと無理に取り除いてしまうと肌が汚くなってしまいます。新しい埋没毛を作ることにもなり兼ねませんので、自宅で処理しないことが大切です。埋没毛の予防・改善には、肌に負担の大きい自己処理をやめるのが効果的です。カミソリや毛抜きを使った処理で埋没毛に悩んでいる人は、この機会に脱毛サロンの光脱毛に切り替えることも考えてみましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいコース・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー