女性専用脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー脇脱毛でできた埋没毛を撃退!
知っておきたい処理方法

脱毛部位

2017.10.31

脇のムダ毛処理を頑張っていて埋没毛ができてしまった経験はありませんか。毛抜きやワックスといった毛を抜く処理方法だけでなく、カミソリや除毛クリームでも埋没毛になることはあります。埋没毛ができると毛穴に黒いぶつぶつができ、脇の皮膚が汚くなってしまいます。状態をこれ以上悪化させないためにも、正しい方法で処置することが必要です。ここでは、脇に埋没毛ができてしまったときの改善・予防策を紹介します。

埋没毛の生え方に種類はあるの?

埋没毛ができる原因は、毛穴から毛が表に出てこられなくなってしまうことにあります。まず注意してほしいのが毛穴の詰まりです。無理なムダ毛処理が原因で毛穴が傷つくと、かさぶたや硬い角質で毛穴が覆われてしまいます。その結果、毛の出口がなくなってしまい、ムダ毛が皮膚の下で成長し始めることになります。
また「切れ毛」によっても埋没毛はできます。特に毛抜きやワックスなどで毛を抜いて処理するとき、途中で毛が切れてしまう「切れ毛」ができやすくなります。切れ毛の尖った先が毛穴以外の皮膚に刺さってしまい、そのままそこで成長してしまうのです。

脇の埋没毛には
どんな脱毛方法があるの?

埋没毛に悩んでいる人のなかには、毛抜きなどで無理やり抜いて処理している人も多いようです。しかし、皮膚の下に埋まった埋没毛をほじくり出すのは、肌や毛穴に大ダメージを与えてしまいます。かえって症状がひどくなってしまうので避けたほうが無難です。また、除毛クリームやワックス、カミソリなどで処理しようとするのもやめたほうがいいでしょう。皮膚の下に埋まった毛を取り除く効果はあまり期待できないうえ、新しい埋没毛を作ってしまうおそれもあります。
埋没毛をきれいに治すには自然治癒に任せるのがいいといわれています。肌のターンオーバーに従い、皮膚に埋まった毛が自然に外に出てくるようになるからです。

脇の埋没毛は
専門店で処理した方がよいの?

埋没毛対策としては自己処理をやめ、脱毛サロンなどの専門店で脱毛するのが効果的です。脱毛サロンの光脱毛は、埋没毛そのものを除去できるわけではありません。化膿しているなどの理由で、どうしてもすぐに埋没毛を除去しなければならないときは、皮膚科の医師に処置してもらうのが安心といえます。
しかし、光脱毛には新しい埋没毛ができるのを防止する効果を期待できます。埋没毛を安全に処理するのは困難です。新しい埋没毛を作らないように気をつければ、時間の経過とともに埋没毛は自然に治っていきます。できてしまったものを取り除くというよりは、できないように予防するほうが効率的です。

脇の埋没毛を脱毛するとき
痛みはある?

脇の埋没毛を自力で取り除こうとした場合、ピンセットなどで皮膚を切開し毛を無理やり外に引っ張り出すことになります。肌に傷をつけるので当然血が出る可能性もありますし、痛みを伴うことになるでしょう。これは皮膚科で処置してもらうときも同様です。
しかも自己処理では衛生状態も心配です。傷口から雑菌が侵入し、炎症を起こしてしまうリスクもあります。処理中はもちろん、処理後も強い痛みが出るかもしれないのです。
どうしてもすぐに取り除かないと危ないというケース以外は埋没毛を触らないようにしましょう。もし抜くとしても、自分で抜くのは避けて、皮膚科で抜いてもらうようにしてください。衛生管理がしっかりしている医療機関なら、処理後の痛みやトラブルが起きるリスクが低いです。

脇にできた埋没毛を脱毛したときの
痛みの感じ方とは?

脇毛処理をしている人の中には、埋没毛が気になって処理をした……という経験を持つ人もいるはず。そこで、脇の埋没毛を処理したときの痛みについて、全国の10代・20代の女性を対象にアンケート調査を実施しました。

【質問】
脇の埋没毛を脱毛したときに、どのような痛みがありましたか?

【回答結果】
フリー回答

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】29才以下
調査期間:2017年01月30日~2017年02月06日
有効回答数:107サンプル

★処理中も処理後も痛い…自己処理するのはツライかも

  • 無理にピンセットで取ったので、とても痛かったです。(21歳/女性)
  • チクっとする痛み。出血したり、肌があれたりした。(26歳/女性)
  • 太い毛だったので刺すような痛みが一時間ほど続いた。(28歳/女性)
  • 脱毛時の痛みはないが、傷になってしまうことがほとんどで、かぶれて痛くなる。(21歳/女性)
  • サロンでの脱毛は光を当てるものですが、チクっとした痛みがあります。痛みは埋没毛に限ったことではありませんが、埋没毛があった際はサロンでは保湿してから施術してくれます。(25歳/女性)

自分で埋没毛を無理やり処理する場合、抜くときに強い痛みを感じる人が多いようです。さらに、処理後まで痛みが続くと答えた人も複数いました。埋没毛を自分で処置せずに、サロン脱毛でゆるやかな改善を目指した人については、あまり痛みを感じずに済んでいるようです。埋没毛の自己処理には痛みがつきもの。痛い思いをしないためにも埋没毛ができてもいじらず、そっとしておきましょう。

脇の埋没毛を脱毛したあとの
ケア方法は?

もし埋没毛を自分で無理やり処理してしまった場合はしっかり消毒し、傷口に刺激を与えないようにそっとしておくのが無難です。脇は汗がたまりやすく、不潔になりやすい箇所なので、汗をまめに拭くなど肌を清潔に保つことも大切です。もし傷口が化膿したなど気になる症状があったら、すぐに医師に相談するようにしてください。
埋没毛の予防・改善には毎日の保湿ケアが重要になります。肌が乾燥すると角質が厚く硬くなり毛穴がつまりやすくなるのです。また、保湿ケアには肌を健やかな状態に保ち、ターンオーバーを正常化する効果もあります。ムダ毛処理後の保湿を頑張っただけで埋没毛が減ったという人もいるようです。顔はもちろん、脇を含む全身の保湿ケアを習慣化しましょう。

まとめ

一度できてしまった脇の埋没毛をすぐに取り除くのは難しいものです。特に素人が無理やり埋没毛を脱毛した場合、あとで深刻なトラブルを招く危険性があります。自然に治るのを待つか、どうしても抜きたい人は皮膚科に行きましょう。ムダ毛処理のやり方を変え、新しい埋没毛を作らないように気をつければ自然に埋没毛の数は減って行きます。埋没毛に悩んでいる人は、脱毛サロンの光脱毛など、肌に優しいやり方の脱毛を考えてみましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいコース・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー