無料カウンセリング

銀座カラー 埋没毛をワックスで
脱毛すると痛い?!正しい処理とは

脱毛箇所

2017.10.31

毛穴に毛が埋まり、黒いぶつぶつができてしまう埋没毛……見た目もあまりきれいなものではないですし、とにかく気になりますよね。自然に解消されるケースがほとんどですが、場合によっては化膿し傷跡が残ってしまうことも。埋没毛の主な原因は間違ったムダ毛処理による毛穴へのダメージです。正しい対策方法を知り、予防・改善につなげましょう。ここでは知らないと怖い!?脱毛ワックスと埋没毛の関係について紹介します。

脱毛ワックスを使って
処理をしている人はどのくらいいる?

肌にワックスを塗り、ムダ毛を一気に引き抜くワックス脱毛。広い範囲を一度に処理できるので便利ですよね。ところで、脱毛用のワックスは埋没毛の処理にも使えるのでしょうか。全国の10代・20代の女性にワックスを使った埋没毛処理について訊いてみました。

【質問】
脱毛ワックスを使って埋没毛処理をしたことがありますか?

【回答結果】
はい:3名
いいえ:104名

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】29才以下
調査期間:2017年01月30日~2017年02月06日
有効回答数:107サンプル

★ワックスで埋没毛は処理できない?

ほとんどの人が「ワックスで埋没毛処理をしたことがない」と回答するという結果になりました。まずは少数派の「処理したことがある」人の回答を見てみましょう。

  • デリケートなところ等は、肌をいためたくないしワックスにしました。(24歳/女性)

できるだけ安全な方法を選択したいということでワックスを選んだ方もいるようです。しかし、安全性については疑問も残ります。
一方、ワックスを埋没毛の処理に使ったことがない人の回答は以下のとおりです。

  • 埋没毛を脱毛ワックスで処理できると思っていなかったから(22歳/女性)
  • 皮膚の中に埋没していると、効果がないため抜いて処理している。(25歳/女性)
  • 埋没毛に脱毛ワックスを使うことはないです。ただ、普段のムダ毛処理にブラジリアンワックスを用いることは多々あります。(21歳/女性)

ワックスを使う使わない以前に、埋没毛をワックスで脱毛できるのか疑っている人も多いようです。また、肌への負担を心配してワックス自体を使いたくないという人もいました。

今回の調査の結果、脱毛ワックスで埋没毛を処理している人は限りなく0に近いということがわかりました。ところで、実際に使うか使わないかは別として、そもそも脱毛ワックスで埋没毛を処理することは可能なのでしょうか。以下の段落でじっくりと考察していくことにしましょう。

脱毛ワックスには
どんな種類や特徴があるの?

脱毛に使うワックスには、主に水性ワックスと油性ワックスがあります。水性ワックスは水溶性のワックスで、砂糖や蜂蜜などでできています。油性ワックスより粘着力は弱いのですが、その分だけ肌に優しいのが特徴です。使用後は水だけで洗い流すことができます。油性ワックスは主に松ヤニでできたワックスで、固形のものと液状のものがあります。自己処理でも簡単に扱えるよう、ワックスシートという形で市販されていることもあります。粘着力が強い代わりに肌への負担は大きく、肌が丈夫なところの脱毛に向きます。水に溶けないので、使用後はクレンジングオイルを使って落とします。ただし、肌が弱い人や松ヤニアレルギーの人は利用できません。

埋没毛を脱毛ワックスで
脱毛してもよいの?

脱毛ワックスでムダ毛を処理するためには、ある程度毛の長さが必要です。皮膚に完全に埋まっている毛を処理することはできません。
たしかに、ワックスには余計な角質を取り除く効果があるため、結果的に埋没毛が早く外に出てきてくれる可能性はあります。しかし、それ以上にデメリットのほうが大きいと考えられます。ワックスはムダ毛や余分な角質と一緒に、まだ必要な肌表面の細胞まで引き剥がしてしまうため、新たな埋没毛を作る原因になります。肌や毛穴が傷ついた結果、硬い角質やかさぶたで毛穴がふさがり、ムダ毛が外に出てこられなくなってしまうからです。また、抜く途中の毛が切れてしまい、尖がった毛先が皮膚内に刺さって埋没毛になることもあります。

脱毛ワックスで埋没毛を脱毛すると
どれくらいの痛みがあるの?

脱毛ワックスは、脱毛方法のなかでは埋没毛の原因になりやすいものの1つです。埋没毛の処理にはあまり適していない方法といえるでしょう。また、痛みが強いのも難点といえます。ワックス脱毛では、肌に塗ったワックスを乾かし剥がしていきます。ムダ毛を無理やり引き抜き肌の表面も傷つけることになるので、脱毛方法の中では痛みが強い方法なのです。肌へのダメージが大きいため、処理後にもヒリヒリ感などの痛みが出る可能性もあります。毛穴詰まりの原因になる角質を取り除くのは、より痛みの少ないスクラブでもできます。「ワックス脱毛が好き」という人はよいのですが、あえて痛みの強いワックス脱毛に挑戦するのには、相応のリスクがあると言えるでしょう。

脱毛ワックスで埋没毛を
脱毛したあとのアフターケア方法は?

どうしても脱毛ワックスを使いたいという人は、処理後のアフターケアをしっかり行うことが重要です。保湿ケアなどを徹底すれば、新しい埋没毛ができるリスクをある程度減らせます。
ワックス脱毛後は肌が傷つき、炎症が起きた状態になっています。まずは冷やしたタオルなどで肌を冷やし、炎症を鎮めましょう。炎症が落ち着いたら今度は保湿ケアを行います。保湿ケアには角質を柔らかくする効果があり、埋没毛の原因となる毛穴詰まりの予防になります。ムダ毛を処理する、しないに関わらず毎日の習慣にするといいですね。ちなみに脱毛直後は肌が刺激に弱くなっています。処理後すぐのケアでは低刺激の化粧水やクリームを使うようにするとよいでしょう。

脱毛ワックス以外で
埋没毛を処理する方法は?

埋没毛は自然に解消することがほとんどです。肌のターンオーバーによって毛穴に詰まっていた角質が取れて毛が表に伸びてくることもありますし、皮膚の下で分解され消滅することもあります。無理やり処理するよりは自然治癒を待ったほうが賢い方法かもしれません。「早く埋没毛を治したい」という人は、角質ケアや保湿ケアで肌のターンオーバーを助け、埋没毛を排出する力を高めましょう。スクラブやピーリング剤を定期的に使うことで、毛穴詰まりの原因になる古い角質を取り除くことができます。また、保湿ケアはターンオーバーを正常化し、角質が硬くなるのを防ぎます。さらに新しい埋没毛を作らないようムダ毛処理のやり方に気をつけることも重要です。

まとめ

広範囲のムダ毛を一気に処理できる脱毛ワックスですが、埋没毛の処理にはあまり向いている方法とは言えないようです。それどころか毛穴を傷つけ、かえって埋没毛を増やしてしまうリスクもあります。できてしまった埋没毛をすぐに取り除ける安全な方法はありません。できたものを処理するというよりは、予防することを考えたほうが効率的です。埋没毛に悩んでいる人は、脱毛サロンの光脱毛など、埋没毛になりづらいムダ毛処理の方法に切り替えてみましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー