採用情報

銀座カラー自己処理?専門店処理?埋没毛の
脱毛に一番適した方法とは?

脱毛部位

2017.10.31

ムダ毛の自己処理では何かと肌トラブルが起きがちなもの。そのなかでも毛抜きやワックスなど毛を抜いて処理する方法で発生しやすいのが埋没毛です。埋没毛は何らかの原因で毛が毛穴から出られなくなってしまい、皮膚の下で成長を始めてしまった状態です。毛穴に黒いぶつぶつができ肌が汚く見えてしまいます。
しかし、埋没毛を早く治そうとして無理やり抜いてしまうと、かえって症状が悪化してしまいます。きれいに治すためにも正しい知識を持って対処することが大切です。ここでは埋没毛ができたときの処理に関わるさまざまなトピックスについて解説します。

みんなはどこで埋没毛を脱毛したの?

もし埋没毛を見つけてしまったら、あなたならどう対処しますか。ここでは全国の10代・20代の女子を対象にアンケート調査を実施、普段実践している埋没毛の脱毛方法について訊ねました。

【質問】
埋没毛を処理した方法を教えてください。

【回答結果】
自己処理:90名
専門店(サロン・エステ・クリニック):16名

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】29才以下
調査期間:2017年01月30日~2017年02月06日
有効回答数:106サンプル

★自己処理派が多数という結果に

調査の結果、自己処理で埋没毛に対処している人が多いということがわかりました。

  • 角質を取るようにして、毛が出てきたら顔用シェーバーで処理していた。(25歳/女性)
  • 自分で毛抜きを使って抜いています。(24歳/女性)

毛抜きやピンセットを使って抜いている人、角質取りをして対処している人などがいるようです。一方、自分では処理せずに脱毛サロンに行くという人も。

  • 自己処理に限界を感じ、サロンへ行きました。(27歳/女性)
  • 基本は抜かないように放置してサロンに脱毛しに行っていました。(21歳/女性)

埋没毛ができやすい自己処理に限界を感じ、脱毛サロンの光脱毛に切り替えたという人もいるようです。

埋没毛ができたときに、回答で一番多かったのは自己処理、それもピンセットなどで抜くという対処法でした。たしかに気になる埋没毛をすぐに取り除くことはできそうですが、果たして本当にそれでよいのでしょうか。以下詳しく見ていくことにしましょう。

脱毛ワックスで埋没毛を脱毛する
方法について

広い範囲のムダ毛を一気に処理するのに適した脱毛方法がワックス脱毛です。ワックス脱毛では、肌に塗って乾かしたワックスを剥がすときにムダ毛を根こそぎ抜いていきます。ワックス脱毛の特徴は、広範囲に生えたムダ毛を根本からムダ毛をきれいに引き抜けること。足や腕といった面積の多い箇所も比較的一気に脱毛できます。さらに、ただムダ毛を処理するだけでなく、肌から余計な角質をオフする効果も期待できるといわれています。
ところで、ワックス脱毛で埋没毛を脱毛することはできるのでしょうか。もしできるのであれば、毛抜きで一本ずつ埋まった毛を抜くよりも手軽に処理できそうですよね。
しかし、結論から言うとワックス脱毛で埋没毛を処理することはおすすめできません。なぜなら、ワックス脱毛は肌の表面に出ている毛だけしか抜くことができないからです。皮膚の下に埋まってしまった毛を抜くことは難しいといえるでしょう。ただし、毛穴を覆っていた角質が取り除かれた結果、埋まっていた毛が早く肌の表面に出てくる可能性はあります。それでもあまり効果には期待しないほうがいいでしょう。
しかも、脱毛ワックスはムダ毛や古い角質と一緒に肌の表面の細胞まで引き剥がし、肌を傷つけてしまいます。また、毛穴から無理やり毛を引き抜くことになるので毛穴にもダメージを与えます。埋没毛ができる原因の1つは肌や毛穴のダメージです。肌への負担の大きいワックス脱毛は埋没毛を処理できるどころか、かえって埋没毛を増やしてしまうおそれもある方法と言えます。 ◆◆「関連記事:埋没毛をワックスで脱毛すると痛い?!正しい処理とは」◆◆

脱毛クリームで埋没毛を脱毛する
方法について

脱毛ワックスで埋没毛が処理できないのであれば、脱毛クリーム(除毛クリーム)はどうでしょうか。除毛クリームには毛に含まれるタンパク質を溶かす成分が含まれており、ムダ毛を溶かして処理することができます。しかし、除毛クリームを使っても埋没毛の処理に効果は期待できません。埋没毛になった毛は完全に皮膚の下に埋まってしまっている状態です。毛穴より下に埋まってしまった埋没毛まではクリームの成分は届いてくれません。もし皮膚の下までクリームの成分が届くのであれば、埋没毛のあるところまで肌を全部溶かすということになってしまいます。こんな危ない製品がドラッグストアやネットストアに売っているわけありませんよね。
除毛クリームは基本的に肌の表面に出ている毛の処理に使うものです。埋没毛の処理には向かないと考えておいたほうが良さそうです。
除毛クリームに含まれる成分は毛のタンパク質だけでなく、肌の表面も少し溶かしてしまいます。そのため、皮膚の表面に近いところにある埋没毛であれば、たまたま処理に成功することもあるでしょう。ただ、肌を多少なりとも溶かすということは肌にかなりのダメージを与える行為です。肌を守ろうとして角質が厚くなった結果、毛穴が角質で詰まって新しい埋没毛ができてしまう可能性もあります。 ◆◆「関連記事:脱毛クリームで埋没毛をキレイにしよう!」◆◆

脇にできた
埋没毛を脱毛する方法について

脇はムダ毛処理の回数が多くなりやすく、その分だけ肌にダメージが蓄積しやすい箇所です。もし毛抜きなどによる処理で脇に埋没毛ができてしまった場合、どのように対処したらよいのでしょうか。
このときやってはいけないのが埋没毛を毛抜きやピンセットなどで無理やり抜くことです。皮膚の下に埋まった毛を無理やりほじくり出してしまうと、毛穴や肌が大ダメージを受けることになります。傷口から雑菌が侵入するなど、おそろしい事態を招くこともありますので、よほどのことがないかぎり自力で埋没毛を脱毛しようとするのはやめましょう。どうしても抜かなければならない事情があるときは、皮膚科など専門の医療機関で処置してもらうことをおすすめします。また、カミソリで深剃りして埋没毛を無理やり剃るのも避けたほうがよいでしょう。脱毛ワックスや除毛クリームを使うのもやめておいたほうが無難です。
ほとんどの埋没毛は、放っておけば自然になくなってしまいます。肌のターンオーバーによって肌表面に出てきたり、埋まっているあいだに分解されてしまったりするのです。埋没毛を無理に脱毛するよりも、放置してしまったほうがかえってきれいに治る可能性が高くなります。埋没毛ができたら自然治癒を待つのが基本的な対処法です。保湿ケアや角質ケアで肌を柔らかい状態に保ちつつ、埋没毛が自然と外に出てくるのを待ちましょう。埋没毛の原因となる毛穴の詰まりは、肌表面に溜まった古い角質によっても起こります。保湿ケアや角質ケアには、毛穴が角質で詰まるのを予防するほか、埋没毛の悪化を防ぐ効果を期待できます。 ◆◆「関連記事:脇脱毛でできた埋没毛を撃退!知っておきたい処理方法」◆◆

膝の埋没毛を脱毛する方法について

角質が溜まりやすい膝も埋没毛ができやすい箇所と言えます。では、膝に埋没毛ができてしまった場合はどのように対処すればよいのでしょうか。これも脇の場合と同じく、自分で無理やり脱毛するのは避けたほうがいいようです。埋没毛ができてしまったら焦らず自然に治るのを待つようにしましょう。
しかし、もし埋没毛がきれいに治ったとしても、また新しい埋没毛が次々とできてしまうようであれば困りますよね。できた埋没毛を放置する以外の対処法はないのでしょうか。
膝や脇に限らず、すべての埋没毛に言えるのは、ムダ毛処理の方法を変えない限り埋没毛の完治は難しいということです。肌や毛穴に負担をかけるようなムダ毛処理を続ける限り埋没毛は増え続けていきます。埋没毛を完全に治すためにはどこかで負のスパイラルを断ち切らないといけないのです。
そこでおすすめなのが脱毛サロンで光脱毛の施術を受けることです。光脱毛は埋没毛をすぐに除去できるような施術ではありませんが、少なくとも埋没毛の予防には役立ちます。フラッシュを肌に当てるだけで脱毛できる光脱毛は、埋没毛ができにくい施術方式だからです。脱毛方法の見直しは埋没毛対策の基本です。埋没毛ができやすい無理な自己処理をやめれば自然と埋没毛の数も減っていきます。保湿ケアや角質ケアといった基本のスキンケアを合わせて行うことで、より効率的に症状を改善していくことができるでしょう。 ◆◆「関連記事:膝を脱毛したら埋没毛が?!正しい処理方法教えます」◆◆

まとめ

一度できてしまった埋没毛をすぐに治すのは困難です。無理に処理しようとすると肌や毛穴が傷ついてしまい、かえって新しい埋没毛を増やすことにもなります。これまでの脱毛方法を見直しつつ、自然に治るのを待つようにしましょう。自己処理だと埋没毛ができてつらいという人は、思い切って脱毛サロンの光脱毛にトライするのもいいかもしれません。光脱毛は埋没毛ができにくい脱毛方法です。サロンに通っているうち、ムダ毛と一緒にだんだんと埋没毛の数も減ってくるはずです。肌に優しい光脱毛できれいな素肌を目指しましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいコース・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー