無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 顔のムダ毛を無くしたい!
おすすめの脱毛方法を教えて

脱毛の知識

2017.3.8

口の周りの薄いヒゲや頬の産毛など、顔に生えたムダ毛が気になるという人もいるのではないでしょうか。顔のムダ毛をサロンで脱毛すると、化粧ノリがよくなる、肌のトーンが明るくなるなど、女性にとって嬉しい効果を期待できます。自分でムダ毛の処理をしなくて済むようになるので、セルフ脱毛で肌を傷つけてしまう心配もなくなります。顔のムダ毛は異性からも意外に見られているもの。すっきり脱毛して、自信のもてる肌を手に入れてみませんか。

顔の脱毛におすすめの方法は?

顔の皮膚は薄いので、ボディと同じような感覚で脱毛を行ってはいけません。いくら仕上がりが綺麗でも、肌に負担がかかるような脱毛方法は避けるべきです。
セルフ脱毛の場合であれば、カミソリによるシェービングや毛抜き、脱毛クリーム、ワックスによる処理には注意したほうがよさそうです。これらの方法によるムダ毛処理は肌への負担が大きいため、特に敏感肌の人では肌トラブルが起きやすくなっています。
もし顔に生えたムダ毛を自己処理する場合には、女性用電気シェーバーによるシェービングや、顔に使えるタイプの家庭用脱毛器を使ったケアがおすすめです。セルフ脱毛の中では肌に与える負担が比較的少なく、正しいやり方でやれば安全にムダ毛を処理できます。ただし、効果や施術の正確性、肌への負担などを考えると、自己処理には限界があります。
もし仕上がりや肌への優しさを重視するのであれば、脱毛サロンで行っている光脱毛がよいでしょう。将来生えてくるムダ毛の量を減らせる抑毛効果があり、自己処理の必要性がなくなるのもメリットです。肌に摩擦刺激を与えたり、毛穴を傷つけたりすることなく、ムダ毛を減らしていくことができますよ。

家庭用脱毛器はどんなものを選べばいい?

セルフ脱毛の中でも家庭用脱毛器を使ったケアであれば、最終的にサロン脱毛に近いような効果を期待できるといわれています。家庭用光脱毛器や家庭用レーザー脱毛器といわれているタイプの家庭用脱毛器を使う方法です。これらのタイプの家庭用脱毛器はプロが使っている機械と同じ仕組みで、ムダ毛に働きかけていきます。
もし家庭用脱毛器を選ぶなら、こうした光脱毛器やレーザー脱毛器を選ぶようにしましょう。
ちなみに家庭用脱毛器を買うときに、あとで後悔しないためのポイントは3つ。
1つ目は、脱毛器のメーカーによって対応しているパーツが違うということです。脱毛器の中には顔に使えないものもあります。このタイプの脱毛器を、無理に顔に使ってしまうとトラブルの原因になりかねません。脱毛器を購入するときはよく説明書などを読み、最初から顔にも使えるタイプの脱毛器を買うようにしましょう。
2つ目は、本体価格に加えて、カートリッジの価格にも注意するということです。家庭用脱毛器はカートリッジがついており、そこから光を照射していきます。カートリッジには使用限度回数があるため、一定の回数照射を行ったら交換しなければなりません。そのためカートリッジの値段によっては、本体価格が安くてもかえって高くついたということになるのです。また、カートリッジが交換できないタイプの脱毛器を買ってしまった場合は、カートリッジの寿命が来た時点で本体ごと捨てなければならなくなります。家庭用脱毛器を買うときは、本体価格だけでなくカートリッジのことも考えて機種を決めるようにしましょう。
3つ目は、脱毛器の照射範囲および照射速度に注意することです。照射範囲は光を当てることのできる範囲、照射速度は次に光を照射するまでにかかる時間のことを指します。照射範囲が広く、照射速度が速いほど、短時間で効率よくムダ毛の処理ができます。お手入れを簡単にするためにも、これらの性能に優れた脱毛器を選ぶようにしましょう。

ニキビがあるときは脱毛しちゃダメ?

「顔の脱毛をしたいけどニキビがあるので心配」という人もいるかもしれません。肌のトラブルを避けるためにも、脱毛は健康な状態の肌に対して行うのが前提です。肌の調子が悪いと、施術を断られることもあります。ではニキビができている場合はどうかというと、これはケースバイケースということになりそうです。まだ炎症の起きていない白ニキビや炎症がおさまった治りかけのニキビであれば、施術ができる可能性があるため、サロンに相談してみましょう。光脱毛では、炎症を起こしている部分にフラッシュを照射してしまうと、症状が悪化してしまう可能性があります。そのため炎症が起きている部分には、脱毛施術を行うことができません。ただし、また炎症や化膿のひどいニキビがある場合でも、数個程度であればニキビ部分を避けて、施術を行ってくれるサロンもあります。ただ顔全体に、ひどいニキビができているときは、安全のために施術を断られてしまうかもしれません。ニキビがたくさんできてしまっている人は、まずはニキビの治療を優先させましょう。

顔の脱毛で注意しておきたいこと

顔はデリケートなパーツであるため、脱毛するときは、肌に負担をかけすぎないことが大切です。無理な自己処理を続けてしまうと、シミや肌荒れ、ニキビなどの原因になります。そうなるとムダ毛以前の問題になってしまうので、セルフ脱毛派の人は十分に注意してください。ムダ毛処理の前後は保湿ケアを徹底し、脱毛で傷ついた肌の回復力を高めましょう。
また、家庭用脱毛器の使用を考えている方は、使い方には慎重になる必要があります。出力が強すぎるとやけどしてしまいますし、間違って目に照射してしまうと失明のおそれがあります。他にも唇やほくろといったもともと色素の濃い部分への照射も避けてください。家庭用脱毛器は意外に扱い方が難しいのです。
その意味では、アフターケアがしっかりしており、かつ正確なフラッシュ照射が可能なサロン脱毛は安心です。1人では鏡を見ながらやらなければならない顔の脱毛も、スタッフが手元をきちんと確認しつつ光を照射してくれます。また、施術後はスペシャルな保湿ケアやクールダウンもしてもらえますし、サロンによってはドクターサポートがついていることもあります。サロンでは自宅でのケア方法も教えてもらえるので、セルフ脱毛よりも安全に脱毛できるという側面があるのです。

顔の自己処理は普通の自己処理と違う!

顔の自己処理を行う際は、普通の脱毛と同じ感覚で行ってはいけないことを説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
顔はデリケートな箇所であるため、脱毛する際はシェービングやワックス等ではなく、顔対応の家庭用脱毛器を利用することをおすすめします。それでも不安であったり、トラブルを避けたい場合は脱毛サロンへ相談するのがおすすめです。脱毛サロンのなかには顔専用の脱毛プランを取り扱っているところもあります。一度相談してみると良いかもしれません。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー