無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 覚えておくと何かと便利!
自宅でできる脱毛方法

脱毛の知識

2017.3.8

ムダ毛の処理は自宅でも行うことが可能です。最初に道具を揃える必要こそありますが、思い立ったときに気軽に処理できるのも魅力です。脱毛効果という点ではサロン脱毛に劣りますが、時間や資金面での都合でサロンに行くのが難しい人もいるはず。脱毛サロンに行く予定の人も、脱毛中全く自己処理をしないというわけにはいきません。覚えておくと何かと便利なセルフ脱毛のやり方についてまとめました。

自宅でも脱毛ができる?

今あるムダ毛をなくす「除毛」目的の処理であれば、セルフ脱毛は十分可能です。電気シェーバーやワックス、除毛クリームなどを使って、ムダ毛のお手入れをしたことのある人は多いのではないでしょうか。なかには「家庭用脱毛器を買ったよ!」という人もいるかもしれませんね。ただし、セルフ脱毛には重大な欠点があります。一部の家庭用脱毛器を使う場合を除き、セルフ脱毛では生えてくる毛の量を減らすことができないということです。そのため1ヶ月に何度も処理が必要になってきます。人によっては、それが面倒だと感じることもあるでしょう。もしお手入れの手間を省きたいなら、ムダ毛の量そのものを減らせる脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。セルフ脱毛は、脱毛サロンの脱毛とは基本的に目的が違うと考えるべきです。セルフ脱毛にトライしたい人は、そのことを十分に理解しておく必要があるでしょう。

家庭用脱毛器での脱毛はどうなの?

自宅でムダ毛を剃ったり抜いたりしても、根本的なムダ毛の解決にはなりません。それでは、家庭用脱毛器を使う方法はどうでしょうか。家庭用脱毛器といっても、値段も性能もさまざまな製品が売られています。そのうち、毛を抜くタイプやサーミコン式の脱毛器は、毛抜きや電気シェーバーと同じで今見えているムダ毛を取り除く効果しかありません。毛を抜くタイプのものは脱毛仕立ての仕上がりは綺麗ですが、埋没毛などのトラブルの原因になります。ヒートカッタータイプのものは、黒いポツポツが残って仕上がりがイマイチという話もあります。なるべくきれいにムダ毛を処理したい人、およびムダ毛処理そのものから解放されたい人は、値段は高価になりますが、光脱毛タイプやレーザー脱毛タイプの脱毛器を選ぶのがよいでしょう。これらの脱毛器は、多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛を自宅で行うための機械です。サロンと同じような仕組みの機械を使うため、期待できる効果も脱毛サロンに近いと考えられています。

セルフ派のあなたに。
自宅で効率的に脱毛を行う方法は?

ほとんどのセルフ脱毛では、ムダ毛が伸びてくるたびにその都度処理を行っていく必要があります。定期的なイベントのようなものですから、なるべく簡単にできたら嬉しいですよね。ただし、ムダ毛の自己処理は頻度が高くなると、肌ダメージが増えてしまうという弱点があります。そのため多少手間は増えても、肌に優しい方法で脱毛するほうが「肌トラブルが起きなかったので、結果的に効率的だった」ということもあるでしょう。その意味でもっともおすすめなのが女性用電気シェーバーです。電気シェーバーの利点は、初心者でも扱いが簡単なこと。しかも浅く剃れるため、肌にダメージを与えづらいのです。仕上がりという面では他の脱毛法に劣りますが、敏感肌でも安心してできる自己処理の方法になります。ボディ用、フェイス用、VIO用とパーツ別にシェーバーを揃えておくことで、効率的に作業を進めることができるでしょう。とにかく広範囲をツルツルにしたいならワックスや除毛クリームがいいのですが、肌への刺激が強いためトラブルが起きるリスクも高くなります。また、家庭用脱毛器は使い方にコツが必要です。器具の使いやすさ、続けやすさという点で、電気シェーバーは優れているといえるでしょう。

セルフ脱毛で
脱毛サロンと同じ効果は期待できる?

脱毛サロンで脱毛するメリットは、今あるムダ毛だけでなく、将来生えてくるムダ毛にもアプローチできるということです。何度も施術を受けることで、ムダ毛の生えづらい肌を手に入れることも可能です。それではセルフ脱毛でも、同じような効果は期待できるのでしょうか?この点において、家庭用の光脱毛器やレーザー脱毛器を使った脱毛であれば、似たような効果を期待できると考えられます。ただし家庭用脱毛器は、プロが使っている業務用のマシンと比べて出力は抑えられています。効果が劣ってしまうため気長に処理を続ける覚悟が必要です。「ムダ毛が生えづらくなった」という人もいる一方で、効果をあまり実感できなかった人もいるようです。また、家庭用脱毛器にはもう1つ大きな難点があります。それはIラインやOラインの処理が難しいということです。脱毛部位が見えづらいこと、粘膜が近いことから、これらのデリケートゾーンの自己処理は危険です。トライするなら自己責任で、ということになります。さらに手の届きづらい、背中やヒップも処理するのが難しいところです。プロにお願いするのとは違って、仕上がりにムラが出て来てしまう可能性があります。特にこれらの部位の脱毛を考えている場合、光脱毛器を使ってもサロンと同じ効果を期待するのは難しいかもしれません。

自宅脱毛のメリットとデメリット

自宅脱毛のメリットは、お金をあまりかけずにムダ毛処理ができることにあります。さらに思い立ったときにすぐできる、手軽さも魅力です。VIOやバストのような、人に見せるのが恥ずかしいパーツも自分ひとりで処理できます。その一方で、サロン脱毛に比べて仕上がりや効果の面で劣る、トラブルが起きたときは自己責任といったデメリットがあるのも事実です。またプロの手を借りない分だけ、ヒップや背中、Iラインなど処理が難しいパーツも出てきてしまいます。確かにお金がかかったり、いちいち予約を取る手間もあったりしますが、脱毛サロンでの脱毛にはそれだけ優れている点が多いのです。丁寧なカウンセリングやアフターケア、ドクターサポートといったサポート体制に期待が持てるのもメリットです。安全面や仕上がりのきれいさ、効果の持続性などを考えるなら、自宅脱毛よりもサロン脱毛のほうが安心です。脱毛効果とともに美肌効果も期待できるため、つるつるの美肌を目指すことができますよ。

今あるムダ毛対策なら自己処理、
この先もムダ毛を減らしたいなら
脱毛サロン!

自分で行う処理方法について説明してきましたがいかがだったでしょうか。
今日明日中にムダ毛を何とかしたい!といったような、緊急性の高いムダ毛処理や手軽な方法でやりたい方は自己処理の方が良いかもしれませんが、今後ずっと自己処理するのが辛い、またはムダ毛自体を減らしたい、きれいに処理したいのであれば脱毛サロンで施術を受けてみることをおすすめします。無料カウンセリングを行っている脱毛サロンもあるので、一度相談してみるとよいでしょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー