無料カウンセリング

顔の脱毛、本当に毛が濃くなるの?

脱毛の知識

2017.3.3

顔の毛というとひげを思い浮かべるかもしれませんが、産毛も含めて顔の脱毛を考える人は男女問わず大勢います。男性の場合は主にひげの脱毛ですが、女性の場合は顔の産毛の脱毛が中心になります。しかし、脱毛すると毛が濃くなるという噂もあるため、心配している人もいるのではないでしょうか?そこで、顔の脱毛について詳しく解説します。

顔の毛を剃ったら濃くなると言われる理由

せっかく毛を剃ったのにそのせいでムダ毛が濃くなったのでは元も子もありません。特に顔の産毛が濃くなったのでは困るという人も多いでしょう。では、なぜ顔の毛を剃ると毛が濃くなるのでしょうか?カミソリで毛を剃った場合、毛が途中の太いところで切れた状態になります。しかも水平に切れるため断面の面積は毛の太さ分になります。もともとの毛は細い先端部分が見えていたのに対して、カミソリで脱毛した後に見えるのは毛の根元の断面が毛先になった状態です。毛の太さですからそれほど広い面積ではないのですが、それまで点で見えていたものが少し大きな丸になれば目立つことは当然です。しかもこの状態が顔にある毛穴全部で起こっていたら、相当毛が濃く見えるようになるということが想像できるはずです。ですから、ヒゲを薄く見せたいのであれば、カミソリで処理するのは逆効果ということになります。

顔の脱毛でも硬毛化・多毛化するの?

脱毛したことでかえって毛が硬くなったり、元よりも毛の本数が増えたりするというトラブルが発生することがあります。せっかくムダ毛を目立たなくするために脱毛するのに、毛が目立つようになるなんて納得できない!という人もいるかもしれません。脱毛後の硬毛化や多毛化の原因ははっきりわかっていないのですが、毛根に強い刺激や圧力がかかったことにより、細胞が活性化するためではないかと言われています。つまり、産毛は熱の吸収が悪いため、毛根を破壊できずに活性化させてしまうのではないかということです。ですから、無理やり強い力で毛を引き抜いたりレーザーなどで強い刺激を与えたりすると硬毛化や多毛化のリスクが高まるということになります。硬毛化や多毛化しやすいのは産毛などの細い毛が生えているところと言われているため、顔も硬毛化や多毛化はしやすい部位に含まれますが、ひげのような濃い毛が生えているところは硬毛化や多毛化はしにくいと言われています。

顔の産毛を脱毛して
毛が濃くなってしまった場合の対処方法

セルフ脱毛で顔の産毛が濃くなってしまうのは、家庭用脱毛器の出力調節を失敗しているケースが多いようです。しかし、毛が濃くなってしまったからあきらめるしかないというわけではありません。脱毛サロンに任せるという方法があります。脱毛サロンでの脱毛に任せると、プロが適切な出力で施術を行うため、顔の産毛の硬毛化、多毛化のリスクが格段に少なくなります。また、脱毛サロンによっては保湿ケアが用意されている所があるので、そういった脱毛サロンを選ぶと更に良いでしょう。 つまり、硬毛化や多毛化の対策は脱毛サロンなどプロの手に任せた方が安心です。

顔の産毛を正しく処理

硬毛化や多毛化のリスクがあると聞いても、やはり化粧映えがよく、化粧崩れも防げる産毛の治療をしたいという人は多いはずです。そこで、正しい産毛脱毛の方法をご紹介します。自己処理をするなら顔専用の電動シェーバーで行う方法がおすすめです。まずは、無理なく脱毛できるように産毛の毛穴が開いている入浴後か洗顔をしてから蒸しタオルなどで顔全体の毛穴を開きます。入浴中はもともと毛穴が開いているので、毛穴が閉じた状態で脱毛するよりは無理な力を入れなくても脱毛がしやすくなります。処理が終わったら、しっかりと保湿することも忘れないようにしましょう。

顔の産毛を処理するメリット

産毛を処理すると、化粧乗りがよくなり肌のトーンが1段上がります。化粧乗りがよくなるのは、化粧品が肌に付くのを邪魔していた産毛がなくなるため、直接肌に密着しやすくなるからです。肌のトーンが1段明るくなるのは、産毛にも色素があり、それがなくなるからです。ですから、清潔を保ち保湿もしっかりすることができれば産毛の処理をすることで化粧映えするようになります。

顔の産毛を処理するときの注意点

顔の産毛を処理するときは、刺激が弱すぎても強すぎてもいけません。また、他の部分で使えても顔の脱毛では使えない方法もあります。例えば、脱毛クリームは顔の産毛処理には使えません。脱毛クリームは毛を溶かす方法で脱毛するため、皮膚も溶かしてしまいます。また、シェービングクリームを使わずにカミソリで産毛を剃ると角質層も削ってしまいカミソリ負けの原因になります。また、家庭用脱毛器などで脱毛する場合、何度も頻繁に脱毛したくなってしまう点にも注意が必要です。弱い出力であまり頻繁に脱毛を繰り返すと硬毛化や多毛化しやすくなります。顔の産毛の脱毛は、微妙な出力調整が必要ですから、自己処理はあまりお勧めできません。やはり、脱毛サロンで脱毛してもらった方が安心です。

顔の産毛がなくなるせいで濃く見えていた!

なぜ顔を脱毛すると濃く見えてしまうのかについて説明してきましたがいかがだったでしょうか。 産毛を正しく処理すると化粧ノリがよくなり肌のトーンが上がるメリットがあります。しかし産毛だからといって適当な方法で処理すると毛根に強い刺激や圧力がかかり硬毛化して毛が濃くなってしまう可能性があります。もし毛が濃くなってきた方や処理の方法に自信がない方は無理に自己解決しようとせず、脱毛サロンなどに相談することをおすすめします。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆