無料カウンセリング

銀座カラー ワックスで脱毛すると
毛が濃くなってしまう?!

脱毛の知識

2017.3.3

ムダ毛を脱毛する方法はいろいろありますが、家庭で行うなら、毛抜きで1本1本抜く方法やカミソリで剃る方法、脱毛クリームを使う方法などが一般的でしょうか。最近では、欧米から入ってきたワックスによる脱毛も人気です。そこで、ワックスを使う脱毛の特徴と正しいやり方について解説します。

脱毛ワックスによる脱毛はどんな方法なの?

脱毛ワックスとは、脱毛用に造られたワックスです。ワックス脱毛と一口に言っても、ワックスの種類によって使い勝手が異なります。ワックス脱毛が盛んな欧米諸国では、ワックスの種類が豊富ですが、日本で脱毛用のワックスを探すと、ほとんどがブラジリアンワックスになります。ムダ毛の気になる部分に直接塗り、その上にシートを置いてワックスが固まるのを待つのが通常の使い方です。ワックスが固まったら、一気に剥がせばワックスの中に固められた毛が一気に抜けるという仕組みです。ですから、基本的にはガムテープなどの粘着テープで脱毛をするのとほぼ同じです。ただし、ガムテープなどは粘着面がほぼ平面なため、毛が重なっていると粘着力が弱まり抜けにくくなりますが、ワックスはムダ毛を立体的に固めるので、一気に抜ける量が多くなります。
脱毛用ワックスは、毛と一緒に皮膚表面の角質細胞も剥がしてしまうため、肌には負担がかかる脱毛法と言えますが、年々肌のために良い成分を配合するなど、肌に負担がかかりにくいワックスが開発されています。

脱毛ワックスの正しい使い方とは

脱毛ワックスの使い方は簡単ですが、きちんとポイントを押さえて行うことが大切です。もしポイントをきちんと抑えずに適当にやってしまったら、せっかく痛い思いをして脱毛しても、しっかり脱毛できずもう1回やり直しということにもなりかねません。正しい使い方で脱毛を行なえば、それだけ肌への負担も小さくて済みますから、きちんとした手順を踏まえて行いましょう。脱毛ワックスは大量の毛を一度に抜く方法ですから、そのまま行ったのではかなりの痛みを伴います。また、前日までに肌の状態を整えておくことも大事です。ただし、脱毛の直前直後はローションやクリームなどをつけたり、スクラブしたりするのは避けた方がよいでしょう。清潔な状態で脱毛することは大事ですが、直前になって急に慌てて手入れを始めたのでは、かえって肌が傷つきやすくなってしまいます。ワックス脱毛できちんと効果を出すためには、ある程度の毛の長さが必要です。産毛なら5~8mm、産毛以外のムダ毛なら最低でも10mmは伸びていたほうがきちんと抜けます。vioなら他よりも少し長めの2~3cmが理想です。ムダ毛が目立ち始めたらすぐにでも処理したくなるかもしれませんが、効果が出やすい長さになるまで待つようにしましょう。あとは、効果が高いワックスを用意して、毛の流れを揃えてからワックスを塗っていくだけです。そのとき、ワックスを塗る方向が重要なポイントになります。ひじ下のムダ毛は内から外へ向かって、すね毛は上から下に向けて塗り伸ばしましょう。脇やvioに塗るときも、毛がどちら向きに流れているか注意して伸ばすようにします。あまり厚く塗ってしまうと肌にワックスが残るだけできれいにムダ毛が抜けません。厚みは1mm以下に抑えます。ワックスが固まる前にシートを乗せ、毛の流れとは逆向きに剥がしていきます。

安心して使える脱毛ワックスにはどんなものがあるの?

ワックスにはシュガー、ハニー、ハードと言った種類がありますが、肌の弱い人や初心者にはシュガーワックスがおすすめです。初めての人でも使いやすい、専用ウォーマーが要らないワックスも販売されています。使うときにわざわざ温める必要がないため、低温やけどになる心配もありません。その一方で、温めずに使えるワックスもあります。自然素材100%で作られ、食べることもできるワックスも登場しています。食べられるということは、それだけ体に害のない原材料ということですから、このようなワックスなら安心して使用できるのではないでしょうか。

脱毛ワックスで脱毛すると本当に毛が濃くなるの?

脱毛ワックスで脱毛すると毛が濃くなると言われるのは、正しいワックス脱毛ができていないからと考えられます。たとえば、ワックスが完全に固まってからシートを剥がし始めたのでは、肌にかかる負担が大きくなり、肌荒れの原因になります。ワックスを剥がした直後は毛穴が開いた状態になっているため、脱毛後のケアをせずに放置すると、次に生えてくる毛は毛穴の大きさに合わせて太くなったり、1つの毛穴から何本も毛が生えてきたりする可能性もあります。ですから、脱毛後はしっかり保湿をすることが大切です。また、ワックスを塗る向きが毛の流れに沿っていなかったり、シートを剥がす向きが毛の流れに逆らっていなかったりすると、きちんと毛が抜けず途中で切れてしまうため、太い部分が先端になって毛が生えてきて濃く見える原因になることもあります。つまり、脱毛ワックスで毛が濃くなるのではなく、間違ったワックス脱毛をすると毛が濃く見えるようになるというわけです。ですから、正しいワックス脱毛の手順を覚え、脱毛後のきれいな状態を保てるようにしっかりとしたケアを行いましょう。
ワックスは固まりすぎると肌への負担が大きくなるので、塗ってから5分以内に剥がすのがコツです。また、厚塗りするとしっかり毛が取れるような気になりますが、薄く塗った方がしっかり上手に毛が抜けます。そして、何よりも大事なことは、毛の流れをきちんと見てワックスを塗り、毛の流れに逆らってシートを剥がすということです。ですから、毛が一定方向に流れている腕やすねは比較的やりやすいのですが、複雑に流れているvioや脇は脱毛しにくいということになります。
ワックス脱毛はコツさえつかめれば即効性がある脱毛法なのですが、毛の流れをきちんと読んで行わないと肌を傷つける方法でもありますし、毛がなくなるわけではないため、vioや脇脱毛は脱毛サロンでプロの施術を受けた方が安心です。

正しいワックス脱毛でムダ毛を処理しよう!

脱毛ワックスは塗って剥がすだけの簡単な物ですが、注意すべき点もあります。
注意点を守らずにワックス脱毛をしてしまうと肌を傷つけてしまい、せっかく毛が抜ける際の痛みを我慢したのに毛が濃くなってしまうこともあります。ワックス脱毛を行う際は必ず事前に注意点をよく調べて、一瞬でムダ毛がなくなるその瞬間を楽しみましょう。また、脱毛後はお肌の手入れも忘れずに行いましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆