無料カウンセリング

脇にブツブツが……!?
脱毛するなら知っておきたい脇のニキビ対策

脱毛の知識

2017.8.17

脇は汗腺が多いため、意外にニキビができやすい箇所です。
実際、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

脇にニキビができてしまう原因の1つは、ムダ毛の自己処理です。

ムダ毛の自己処理は毛穴や肌を傷つけ、雑菌が毛穴に侵入するキッカケを作ります。脇の皮膚をきれいな状態に保つためにも、ニキビができるのは避けたいもの。

ここでは脇の脱毛を順調に進めるためにも知っておきたい、脇のニキビに関する基礎知識について解説します。

脇にニキビができる原因とは?

ニキビの原因は、ずばり毛穴の詰まりにあります。

古い角質や皮脂で毛穴が詰まってできた白ニキビや黒ニキビに、ニキビの原因菌が繁殖すると毛穴が炎症を起こしてしまいます。

これがいわゆる赤ニキビといわれるものです。
脇は汗腺が多く、汗をたくさんかきやすい箇所です。汗をかきやすいということは、すなわちムレやすくなるということ。

脇が汗でムレれると、柔らかくなってはがれ落ちた角質が毛穴をふさいでしまいます。また湿度の高い環境は細菌が繁殖するのに適した環境であるため、ニキビの原因菌の活動を活発にします。

こうしたことから、ムレやすい脇は、もともとニキビができやすい箇所といえるのです。さらに、ムダ毛の自己処理や制汗剤の使用といった日頃の習慣も、ニキビの原因になります。

ムダ毛の自己処理は毛穴や肌を傷つけ、雑菌が毛穴に侵入しやすい環境を作ってしまいます。

また、ムレが気になるからといって、パウダータイプの制汗剤を使うのも問題です。制汗剤の成分が毛穴をふさぐため、ニキビのもとである毛穴詰まりが起きやすくなってしまうからです。

ニキビがあっても脇脱毛はできる?

脇脱毛をしたい人にとって気になるのは、「脇にニキビがあっても脱毛は可能か?」ということではないかと思います。

ニキビがある場合の施術については、サロンによって考え方が異なります。ただ炎症の起きていない白ニキビや黒ニキビの段階であれば、ニキビがあっても普通に施術ができるというサロンも多いようです。

また赤ニキビや、赤ニキビが悪化した状態である黄ニキビがある場合でも、サロンによっては、ニキビ部分を避けることで施術が可能になることがあります。

ちなみに、ほくろが脇にある場合も、ニキビのときと同じような方法で施術することができます。ただし、このようなサロンでも、ニキビの数が多かったり、肌全体に赤みがあったりするときは、施術を断られてしまうことがほとんどです。

脇にニキビがある状態で脇脱毛をしたい人は、無料カウンセリングの段階でスタッフとよく相談してみることをおすすめします。

脱毛後にできる脇のニキビは危険?

脱毛サロンで脇脱毛の施術を受けたあと、人によってはニキビのようなぶつぶつが脇にできてしまうことがあります。

ぶつぶつがすぐに治まってくれるのであれば特に心配はいりませんが、なかなか治らない場合には問題です。毛のう炎という皮膚疾患にかかっているおそれがあります。

脱毛後は肌のバリア機能が低下するため、細菌への抵抗力も落ちてしまいます。そのため毛穴に細菌が感染し、炎症を起こしてしまうことがあるのです。

特にニキビができやすい体質の人や、脇毛の密度が濃い人は毛のう炎になりやすい傾向があるといわれています。もっとも、もともと脇はムレやすく、雑菌が繁殖しやすい箇所ですので、誰にでも毛のう炎になる可能性はあります。

もし脱毛後、急に脇にニキビができたという場合には、毛のう炎を疑ったほうがいいかもしれません。まずはサロンに相談し、必要に応じて医師の診察を受けるようにしましょう。

脇脱毛後のニキビを予防するために

脇脱毛をした後、ニキビや毛のう炎ができてしまうのを予防するためには、まず脇を清潔な状態に保つことが大切です。

入浴時は、石鹸やボディソープをよく泡立て、必ず脇を丁寧に洗いましょう。
このとき、こするようにして洗うと、摩擦による刺激で肌が傷ついてしまうので、あくまでも泡をすべらせるような感覚で洗うのがコツです。ボディブラシやナイロンタオルではなく、手で優しく洗っていきましょう。

また雑菌の繁殖を防ぐために、脇のムレを防ぐことも大切です。綿や麻などの天然素材でできた通気性のよい衣服や下着を身につけることは、ムレの予防に役立ちます。

またニキビを予防するためには、保湿ケアをしっかり行ない、肌のバリア機能を正常に保つことも重要です。脱毛期間中は肌が乾燥しやすく、肌荒れしやすい状態になっています。

お風呂から出たあとは、保湿ケアで肌に必要なうるおいを与え、雑菌に負けない健やかな肌を作っていきましょう。

脱毛後の脇のニキビ、その原因と治し方

できてしまった毛のう炎を悪化させないためにも、毛のう炎を予防にするためにも、肌を清潔に保つことが重要です。

汗をかいたらできるだけシャワーを浴び、下着など身につけるものや寝具類の衛生状態にも気を配りましょう。

また、間違ったケアをしないということも必要です。
できてしまった毛のう炎に対しては、ブツブツが気になるからといって潰したり、肌を清潔にしようとするあまり脇を洗いすぎたりしてしまうと、かえって症状が悪化してしまいます。

脇の洗いすぎに気をつけつつ、保湿ケアで乾燥しがちな肌をいたわるようにしましょう。

ニキビ対策で脇脱毛をよりスムーズに

皮膚が弱いうえに、汗でムレれやすい脇は、ニキビや毛のう炎にかぎらず肌トラブルが起きやすい箇所です。
一度肌トラブルが起きてしまうと、脱毛の施術を受けていく上で悪影響が出てしまいます。

しかし肌を清潔な状態に保ち、保湿ケアをしっかり行うことで、これらのトラブルが起きる確率はかなり下げることができます。

サロン脱毛を順調にすすめるためにも、きれいな脇を作るためにも、日頃のケアを徹底していきましょう。 ◆◆「全身脱毛サロン銀座カラーのサービスについて詳しくはこちら」◆◆ ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー