無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 脇の黒ずみ対策、自分でできるケア方法

脱毛の知識

2017.3.6

脇の黒ずみが気になり出したら、早めに手を打ちましょう。ケアをせずに放っておくとどんどん悪化してしまいます。自分でできることはたくさんあります。黒ずみが薄いうちに始めたら、その分早く解消できます。ここでは自分でできる黒ずみ対策について解説します。

脇の黒ずみのセルフケア方法

脇は腕を上げれば鏡で見ることができます。自分の目でどこがどれくらい黒ずんでいるかを確かめることができるため、早めに対策を始めましょう。脇の黒ずみ対策として最初にすることは、自分の脇の黒ずみは何が原因で起こったのかを知ることです。脇の黒ずみには、全体がくすんで見えるくすみタイプの黒ずみと、毛穴がブツブツと目立って見えるブツブツタイプの黒ずみの2種類があります。ですから、最初にどちらのタイプなのかを確かめましょう。もちろん、両方が混ざっている場合もありますが、最初に黒ずみのタイプを見極めることで、なぜ黒ずみが起こったのか、原因を探りやすくなります。くすみタイプの黒ずみは、摩擦や乾燥で起こっていることが多く、間違った脱毛やアフターケアによっても起こります。ですから、「せっかく脱毛したのに脇が黒ずんでいて見せられない」というパターンはくすみタイプと考えられます。一方、毛穴がブツブツと目立つタイプは、毛穴に汚れが詰まって酸化したのが原因です。ニキビ跡が黒くなるのと同じ仕組みで、毛穴に詰まる汚れには皮脂や衣類の繊維のほかに、制汗剤の成分などもあります。これらの原因がわかったら、今度は黒ずみの原因になるものをできるだけ取り除くようにします。摩擦が原因なら摩擦が起きないように、乾燥が原因なら乾燥を防ぐようにすることで悪化を防げます。肌表面の角質が色素沈着を起こしている場合は、くすんだ角質が取れれば、新しい肌が出てきます。その時、黒ずみの原因が無くなっていれば、黒ずみは解消されるのですから、自分で行うなら黒ずみの原因を無くすという対策が効果的です。

脇の黒ずみがとれる?!噂の商品とは

脇の黒ずみ対策として多くの人が利用しているもののひとつに、豆乳ローションがあります。豆乳ローションは、ムダ毛の成長を抑える抑毛効果があることでも知られていますが、豆乳ローションに含まれる大豆イソフラボンには、美白効果や美肌効果もあります。ビタミン類も豊富に含んでおり、特に抗酸化作用の強いビタミンEは黒ずみに効果があるといわれています。豆乳の成分は肌のコンディションを整えて、ターンオーバーを正常に戻す働きもするため、手作りで豆乳ローションを作る人も多いようです。一方、市販の豆乳ローションの中では、パイナップルエキスとの組み合わせにより作られたローションもあります。抑毛効果は大豆のイソフラボンと、パイナップルの芯に含まれるプロメラインを、洗浄効果は大豆のサポニンとパイナップルエキスの成分を合わせることで効果を高めています。即効性があるわけではありませんが、徐々に黒ずみが薄くなるうえに脇毛も生えにくくなると言われています。

脇の黒ずみを改善できる
クリームはどんなものがある?

ブツブツタイプの黒ずみに悩んでいるのなら脇専用の医薬部外品クリームを使ってみましょう。さまざまな商品が販売されている中で、その効果の程は商品ごとに異なります。あくまでも脇の黒ずみ対策ですから、脇専用と謳っている商品なのかを確認してください。成分に注目する際は、浸透性コラーゲンやオリゴヒアルロン酸などのほか、セラミドやエラスチンといった保湿成分が含まれているものは、肌に潤いを与えることでバリア機能が高まり、黒ずみといった肌トラブルから防いでくれる効果を期待できます。また、植物由来の成分が含まれている商品は脇の臭い抑制も期待できます。さらに、プルーン酵素分解エキスなどのメラニン色素の分泌を抑える成分、メラニンの沈着を抑える成分などが配合されている商品も黒ずみに効果があるとされていますのでおすすめです。ほかにも、肌のターンオーバーを正常化してメラニンが沈着した古い角質を排出しやすくする成分や、体内でタンパク質と余分な糖が結合して老化物質ができる「糖化」を防ぎ肌にハリを与える成分、毛穴を目立たなくする成分なども配合されているクリームも販売されていますので、自分の肌に合いそうな商品をじっくりと探してみましょう。ただし、市販のクリームでは値段が高価な割に期待する効果を得られなかったというケースもありがちですから、過度な期待は持ちすぎないように気をつけてください。

毎日のケアで確実に
脇の黒ずみを改善させる!

脇の黒ずみを早く何とかしたいと思っても焦りは禁物です。一気に改善しようと刺激の強いピーリングをしたり、ゴシゴシとこすったりするのは逆効果です。かえって肌に負担をかけることになり、悪化させてしまいます。そのため、毎日地道なケアを続けることで少しずつ改善させていくようにしましょう。基本の脇ケアは、肌を清潔に保ちながら乾燥を防ぐことですが、それを可能にするような商品として保湿をしながらきれいに洗える石けんなども販売されるようになりました。例えば、米ぬかオイルを使用した石けんは人気があり、多くの人に使用されているようです。植物由来の石けんで、保湿と美白の両方の作用があるといわれています。また、乾燥や摩擦によって起こる炎症や、乾燥で起こるかゆみを抑える成分なども配合されている商品であれば、脇の黒ずみの原因を洗いながら防ぐことが期待できます。一方、保湿に関しては黒ずみを改善する作用のあるローションで水分を補った後、美白効果の高い保湿クリームでカバーするのが理想です。しかし、毎日しっかりとした保湿ケアを行っても、脇脱毛をするときに誤った自己処理を繰り返したのでは意味がありません。黒ずみを改善させたいのであれば、カミソリや毛抜きでの自己処理を止めて、脱毛サロンに脇脱毛を任せた方がよいでしょう。しかし、あまりにも黒いと脱毛できないこともあるので、カウンセリングの際に自己処理で黒ずみができたことをきちんと伝えて、脱毛が可能かどうかを確認しましょう。

脇の黒ずみは根気強く、長期治療が不可欠!

くすみタイプの黒ずみも、ブツブツタイプの黒ずみも治療するには長期間の時間が必要です。 それは肌のターンオーバーを正常に戻して古い肌が角質となって落ちていき、新しい肌が生まれてくるのを待つことが必要不可欠だからです。脇の黒ずみが気になったタイミングでなるべく早く治したい気持ちはあると思いますが、思いっきり洗ったりしてしまうとさらに悪化してしまいます。脇の黒ずみを治すために、根気強くケアを続けていきましょう。 ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー