無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 脇の黒ずみを治す方法

脱毛の知識

2017.3.6

男女問わず気になるのが脇の黒ずみ。脇が黒ずんでいると、毎日きれいに洗っていても不潔に見られてしまい、臭っていなくても臭うように思われてしまいます。そんな厄介な脇の黒ずみはどうしたら治せるのでしょうか?ここでは脇の黒ずみを治す方法をご紹介します。

自己処理による脇脱毛で
黒ずみができる原因は?

脇の処理をすると黒ずみができてしまうという噂を耳にしたことはありませんか?もしこの噂が本当だとすると、肌はきれいだけど脇毛が未処理の人と、脇毛はないけれども黒ずんでいる人ばかりになってしまうはずです。しかし、実際は脇毛がなく肌もきれいな人がたくさんいます。だとすると、脇の処理で黒ずみができるというのは、根も葉もないただの噂話なのでしょうか?実は、脇は処理の仕方やアフターケアの仕方を間違えると黒ずみやすい箇所なのです。脇に黒ずみができる原因には、メラニン色素の沈着と毛穴の詰まりの2つがあり、それぞれ単独の原因で起こる場合と、両方が合わさって起こる場合があります。メラニン色素が沈着するのは皮膚の防御反応で、皮膚が傷ついたり危険な状態にさらされたりしたときに、メラノイド細胞が余分にメラニンを作り、肌を守ろうとするため起こります。ですから、カミソリで皮膚の表面を削ったり、毛抜きで勢いよく毛を引き抜いたりしたときにも、危険な状態と察知してメラニンを集めて皮膚を守ろうとします。他にも摩擦や熱、乾燥なども肌にダメージを与えることなので、黒ずみの原因になります。一方、毛穴の詰まりが原因の黒ずみですが、毛穴に詰まるのは脇から分泌される皮脂だけではありません。下着や服の繊維やほこり、石けんやボディソープの残り、洗い落としそこなった制汗剤や脱毛ワックスの残りなども毛穴に詰まります。特に、毛抜き直後は毛穴が開いているため汚れが入り込みやすく、溜まった汚れを取り除く前に毛穴が閉じてしまうと黒ずみとして残ってしまうことになります。

脇の黒ずみの原因は?

脇の黒ずみの根本的な原因はいろいろ考えられますが、大きく2つの種類に分けることができます。ひとつはメラニン色素が沈着したことによって黒く見えるパターン、もうひとつは毛穴に汚れが詰まって黒く見えているパターンです。そのうち毛穴の詰まりが原因の黒ずみは、脇から分泌される皮脂や衣服の繊維などよりも、汗や臭いを抑えるための制汗スプレーなどの成分が毛穴に詰まって起こることが多く見られます。メラニン色素の沈着については、摩擦や乾燥、間違った脇脱毛や処理後のアフターケアが黒ずみの原因になっていることが多いようです。間違った脇脱毛というのは、毛抜きやカミソリによる処理のことです。脇の下の毛穴や皮膚に無理な力を加えて脇毛を抜くと炎症を起こしやすく、カミソリで剃ると、皮膚表面の角質組織も削り取ってしまいます。脱毛後は乾燥しやすいのに、きちんとした保湿をせずに放置すると、乾燥してしまうため黒ずみになるというパターンが多いのです。また、除毛クリームを使う場合は、毛を溶かす際に皮膚の一部も溶かしているため、やはり皮膚の表面が傷つきます。そのため黒ずみやすくなるわけです。摩擦で多いのは、洋服や下着とのこすれですが、お風呂で身体を洗うときに硬いナイロンタオルなどを使っている場合も要注意です。毎日ゴシゴシとこすって洗っているうちに皮膚が硬くなり黒ずんでしまいます。

脇の黒ずみの種類と症状

脇の黒ずみを見た目で分けるとブツブツ型とくすみ型の2種類に分けられます。ブツブツ型は、毛穴のブツブツした盛り上がりが目立つ黒ずみで、くすみ型は全体的に黒っぽく見える黒ずみです。ブツブツ型のブツブツと盛り上がった毛穴は、主に毛抜きを使って脇毛を引き抜いた跡です。毛穴に強い力を加えて引き抜いたため、毛穴周囲の皮膚が防御反応を起こして黒ずみができるパターンです。毛根に無理な力が加わって黒ずみができているタイプと、毛と一緒に間違って皮膚をつまんだために皮膚を傷つけて色素沈着しているタイプがあります。その点、くすみ型は、脇全体が黒っぽく見えるタイプですから、毛穴は特に目立ちません。摩擦や乾燥、汚れなどが原因となっているため、本来の脇よりも黒っぽくくすんで見えるのが特徴です。肌表面がカサカサしているか、本来よりも皮膚が分厚くなっていることが多く、かゆみを感じることもあります。

脇の黒ずみを治すには
最短でも数ヶ月はかかる?

脇の黒ずみを治すためには、実は最短でも数ヶ月かかります。というのも、ターンオーバーを正常に戻して、新しいきれいな肌を表面に出さなければ黒ずみが消えないからです。肌は何層にもなっていて、古くなったものから順番に垢となって剥がれ落ちていきます。黒ずんだ角質層が剥がれ落ちて、奥から新しい表皮細胞が表面に上がってくる周期は約28日ですが、黒ずんでいる皮膚はターンオーバーが乱れています。黒ずみの度合いによっても違いますが、まずはターンオーバーを正常に戻してから入れ替わりを待つ形になるため、黒ずみを治すためには数ヶ月必要になるのです。

脇の黒ずみは薬局や
ドラッグストアの市販品で治るのか?

脇の黒ずみを治すのに効果的な市販品はあるかどうかというと、ないわけではないという程度にとどまります。というのも、黒ずみの根本原因を治さなければ意味がないからです。例えば、乾燥が原因で黒ずみができているときは、ローションなどで水分を補って、乾燥を防ぐクリームで蓋をしていけば、徐々に黒ずみが改善されます。しかし、摩擦によって黒ずみができているときは、摩擦を減らさなければ、色素沈着を薄くしてもまた改めて黒ずみができてしまいます。ですから、薬局やドラッグストアで買える市販品と言っても、黒ずみの原因別に考えなければならないわけです。そんな中、割とオールマイティに使えるのがワセリンです。ワセリンは、水分の蒸発を防ぐ保湿クリームとしても、摩擦を弱める保護クリームとしても使えるうえに、値段も手ごろ。肌を柔らかくする効果もあるため、黒ずみを薄くするのにも、黒ずみを予防するのにも使えます。他にお手頃価格で効果的な市販品を挙げるとしたら、ワセリンのほかにホホバオイルやピーリングに使用するクエン酸、乾燥を防ぐスクワランなどが配合されている製品を選ぶというのも良いでしょう。また、本気で黒ずみを薄くするなら、美白成分を含むクリームを使用するのも効果的です。ただ、自分の肌に合わない場合もあるので、購入前に成分の確認や相談をするのが良いのでしょう。

重曹で脇の黒ずみ対策になるの?

脇の黒ずみ対策には重曹が効くという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。しかし、脇の黒ずみを取るのに本当に重曹を利用しても大丈夫なのでしょうか?重曹とは炭酸水素ナトリウムの別名です。重曹は用途がとても広く、料理では膨らし粉として利用したり、豆を柔らかく煮るときに少し加えたりします。掃除や洗濯に使うときには、油汚れを落とす洗剤や研磨剤として利用することが多く、臭いや湿気を吸い取る作用を利用して下駄箱やタンスの消臭剤や除湿剤として利用することもあります。色素沈着による脇の黒ずみを取り除くのに重曹を利用するということが可能かどうかというということであれば、理論上は可能なのですが、肌にとってはあまりよくないと言わざるを得ません。というのも、炭酸水素ナトリウムは弱アルカリ性だからです。人の皮膚は弱酸性なのですから、黒ずみは取れても肌が荒れてしまいます。また、重層には研磨力もあるため、ブツブツ型の黒ずみには効果があるはずですが、掃除用の重曹を使ってしまうと肌への刺激が強すぎるため、新たな黒ずみの原因になりかねません。パックやスクラブなどで黒ずみを何とかしたいと考えるのであれば、やはり専用のスキンケア化粧品を使うか、サロンなどで黒ずみ対策のプログラムを選んだ方が無難です。

脇の黒ずみを治したいなら
根気強くケアを続けよう!

脇の黒ずみについての原因とケア方法について説明してきましたがいかがだったでしょうか。 脇の黒ずみが少しでも気になったら早めにサロンやクリニックなどに相談することをおすすめします。また脇の黒ずみを治すためには数か月の期間が必要なので、脇の黒ずみを治療している間は根気強く治療を続けて、きれいな脇を手に入れるまで諦めないで頑張りましょう。 ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー