無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー ムダ毛処理も原因に?
iラインの黒ずみ解消マニュアル

脱毛の知識

2017.8.16

iラインの黒ずみに関する悩みは、特にパートナーや恋人がいる女性にとっては、深刻なものです。何とかしたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。でも大丈夫。iラインの黒ずみができる原因ははっきりしていますので、それさえ分かってしまえば予防や対策は可能です。すでに黒ずんでしまった部分もケアすることで改善が期待できます。そこで、iラインの黒ずみ解消・予防に関する知識を徹底解説していきます。

iラインが黒ずんでしまう原因とは?

そもそもどうしてiラインに黒ずみが発生してしまうのでしょうか。それは、iラインの皮膚が薄くデリケートなうえに、外から刺激を受けやすいからです。下着による締め付けや摩擦、生理時などのムレによるかぶれといった刺激は、敏感なiラインの皮膚にとっては大きな負担になります。その結果、肌を守るために肌内部でメラニン色素を作る働きが活発になって、色素沈着(黒ずみ)が起きてしまうのです。さらにムダ毛の自己処理も、iラインの黒ずみを引き起こす原因になります。自分でiラインのムダ毛を処理する方法としては、シェーバーなどで剃る、ワックスや毛抜きなどで抜く、といったものがありますが、どれも肌にそれなりのダメージがあります。しかも自己処理の場合、しばらくするとムダ毛が復活してしまうため、定期的に自己処理をしなければなりません。自己処理を繰り返すと、当然肌にダメージが蓄積していきますので、黒ずみをはじめとする肌トラブルが起きやすくなるのです。女子力を高めようと思ってやっているはずのiラインのお手入れが、黒ずみの原因になるなんて恐ろしいですよね。よく「iラインの脱毛はプロに任せた方がいい」と言われるのは、1人では処理しにくい場所だからというだけでなく、繊細なiラインの皮膚を守るためでもあったのです。

どうする?iラインの黒ずみケア

いったん起きてしまった黒ずみを解消するには、いったいどんなケアをしていったらよいのでしょうか。黒ずみをケアしていくうえで、大切なポイントが2つあります。1つは、美白成分や保湿成分の入った専用のクリームや美容液を使って、iラインのケアを行うことです。美白成分はメラニンが作られるのを防止、あるいはすでにできてしまったメラニンの排出を促す成分です。できてしまった黒ずみの改善に直接役立ちます。一方の保湿成分は、肌にうるおいを与えることで、肌のバリア機能を高めます。刺激への抵抗力が高まれば、メラニン色素が作られにくくなるため、結果的に黒ずみ予防になるのです。また保湿には肌のターンオーバーを正常化し、メラニンの自然な排出を促す効果も期待できます。こうした成分の入ったケア用品を使うことで、黒ずみを改善していくことができます。もう1つ重要なポイントは、黒ずみを悪化させる習慣をやめることです。下着を肌への刺激の少ないコットンやシルク製のものに変える、過度なムダ毛の自己処理をやめる、といったことがあてはまります。どんなに美白ケアを頑張っても、黒ずみができやすい習慣を続けてしまうとなかなか効果が現れません。クリームや美容液を使った美白ケアと並行して、日頃の習慣の見直しを行うようにしましょう。

市販の美白クリームでもiラインの黒ずみケアはできる?

ドラッグストアなどのお店では、さまざまな美白クリームや美容液が売られていますよね。多くは顔用のものですが、これらの美白化粧品をiラインの黒ずみケアに使うことはできるのでしょうか。これに関しては、あまりおすすめできないというのが結論です。顔用のスキンケア化粧品に含まれる成分の中には、エタノールなど肌への刺激が強いものがありますし、美白成分の中にも注意が必要なものがあります。顔には使えてもデリケートゾーンには使えないタイプの商品もあります。加えて、排泄物などで汚れやすいデリケートゾーンのケアでは雑菌の繁殖を抑えるということも大切になります。もしデリケートゾーンで雑菌が増え、炎症が起きてしまうと黒ずみの原因になるからです。そのためiラインの黒ずみをケアするためには、保湿成分や美白成分だけでなく、肌を清潔に保つのに役立つ殺菌作用のある成分も必要になります。これは顔用の化粧品にはあまり含まれない成分ですので、普通の化粧水やクリームを塗ってもiラインに炎症などが起きるのを予防する効果は期待できません。こうしたことから、やはりiラインの黒ずみケアに関しては、専用のクリームや美容液を使うのが望ましいといえます。

iラインの黒ずみの予防・対策方法を徹底解説

ムダ毛処理が原因でiラインが黒ずんでしまった、という人は意外と多いようです。そういう人にとっては、ムダ毛の自己処理をやめるだけでも黒ずみの予防・改善に期待が持てます。もともとiラインは手元が見えにくく、ムダ毛の自己処理が難しい箇所です。自宅でのムダ毛処理派の人も、デリケートゾーンに関してだけは、脱毛サロンでプロの施術を受けるようにしたほうが安全です。光脱毛には、ムダ毛を薄く、あるいは生えにくくする効果がありますので、施術を受けるうちにiラインの自己処理がいらなくなってきます。時間の節約になるだけでなく、iラインの黒ずみ防止になりますよ。さらに、デリケートゾーンを洗うときは専用の石鹸で洗う、お風呂上がりや脱毛前後、朝出かける前などには専用のクリームなどで保湿するといったことも黒ずみ予防に役立ちます。繊細なiラインに刺激を与えないよう、ボディ用や顔用の製品を使わないのがコツです。またこのとき、ごしごし肌をこすってしまうと摩擦による刺激が心配ですので、あくまで肌は優しく扱うようにします。もしすでに黒ずみがあるという場合には、保湿のときに使う美容液やクリームを美白成分も入った製品に変えてみましょう。

黒ずみを解消!ムダ毛処理ならサロンがいい

iラインはもともと下着による締め付けや摩擦で刺激を受けやすく、黒ずみが発生しやすい箇所です。ここにムダ毛処理の刺激が加わると、ますます黒ずみがひどくなってしまう可能性があります。もしiラインのムダ毛を処理したい場合は、自己処理ではなく脱毛サロンの光脱毛の施術を受けるのがおすすめです。光脱毛は自己処理よりも肌に負担をかけないため、デリケートなiラインの皮膚でもきれいに脱毛することができますよ。 ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆