無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー もうすぐ結婚式!
ブライダル脱毛できれいな花嫁を目指そう

脱毛の知識

2017.8.16

結婚式でウエディングドレスや白無垢といった素敵な衣装を着るのを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?しかし、これらの衣装をきれいに着こなすためには、それなりの準備が必要になります。その1つがムダ毛処理です。花嫁はゲストの注目を集めやすいため、ムダ毛があるととても目立ってしまいます。脱毛は、花嫁にとって大切な身だしなみです。ここではこれから式を控えた花嫁のために、ブライダル脱毛の基礎知識について解説しています。

いつから始める?結婚式前の脱毛

一口にムダ毛処理の方法といっても様々な方法がありますよね。そのなかでも花嫁におすすめなのが、脱毛サロンの光脱毛です。光脱毛は脱毛の中では比較的肌に与えるダメージが少ない施術になりますし、何回か施術を受けることで生えてくる産毛をだんだんと薄くしていくことができます。肌トラブルが起きるリスクをなるべく抑えながらきれいに脱毛したい花嫁には適した方法といえるでしょう。ただし、光脱毛は施術を受けてから毛が抜け始めるまでに時間がかかるため、光脱毛でムダ毛を処理していく場合は、ある程度の時間が必要です。脱毛を始めるタイミングについてはとくに決まりがあるわけではないのですが、始める時期が早ければ早いほど大きな脱毛効果を得ることができます。これは光脱毛が、施術回数が増えれば増えるほど、よりよい結果が期待できる施術だからです。しかし、ブライダル脱毛についての考え方はサロンによっても違います。サロンによっては結婚式1ヶ月以内の施術をお断りしていることもあります。結婚式の日程が決まった時点で、サロンの無料カウンセリングを予約し、スタッフに相談にのってもらうことをおすすめします。 ◆◆「関連記事:もうすぐ結婚式!きれいな花嫁はいつから脱毛してる?」◆◆

魅せる後ろ姿を作る!
ドレスを着るなら背中の脱毛を

ドレスをきれいに着こなすためにも、ぜひ脱毛しておきたい箇所があります。それは背中です。目で直接確認できない分だけ、自分では気付きにくいかもしれませんが、うなじから背中にかけて産毛が多く生えやすい箇所です。ウエディングドレスは背中が開いたデザインのものが多いので、ドレスを着たときには背中の肌が大きく露出します。選んだドレスによっては背中の下の方まで、素肌が見えることもあるでしょう。そのため背中の産毛を処理し忘れてしまうと、後ろ姿が悲惨なことになってしまいます。あとで悲しい思いをしないためにも、誰に見られても恥ずかしくない背中を作っておきましょう。背中の産毛を取り除くと、肌がワントーン明るくなるといった嬉しい効果も期待できます。背中美人になるためにも、背中脱毛は必須のお手入れといえるでしょう。背中は1人では処理するのが難しい箇所ですので、なるべくプロにお手入れを頼むのが安心です。プロなら手元をよく確認しながら処理してもらえますので、自己処理でありがちな処理ムラがありません。あまりブライダル脱毛に予算をかけられない人は、背中を優先的に脱毛するようにしてください。背中は光脱毛の効果が出にくい箇所ではありますが、それでも施術を受けることで式直前のお手入れが楽になるはずです。 ◆◆「関連記事:もうすぐ結婚式……後ろ姿美人になりたい花嫁必見!背中脱毛のすすめ」◆◆

これでノースリーブも着こなせる!
花嫁のための脇脱毛

背中と並び、脇も優先的に脱毛しておきたい箇所です。ウエディングドレスはノースリーブや短い袖のものが多いため、手を少し上げただけで脇が丸見えになってしまいます。いつ脇を見られても困らないように、脇毛の処理をきちんと済ませておきましょう。脇毛の脱毛についても、時間に余裕があるのであればサロンの光脱毛を受けるのがよいでしょう。これは脇の皮膚が薄く、意外にムダ毛の処理でトラブルが出やすいためです。結婚式までに、脇に肌荒れや黒ずみが起きてしまったら大変です。自己処理で脇の皮膚をボロボロにしないためにも、早めに光脱毛に切り替えることをおすすめします。脇は生えてくるムダ毛の色素が濃いため、脱毛箇所の中でも光脱毛の効果が出やすい箇所です。効果に多少の個人差はありますが、約1年サロンに通い、6~8回施術を受ければ脱毛効果を実感できるはずです。式場の予約は結婚式の大体1年前に入れる方が多いので、この時期からサロンに通い始めれば、十分間に合います。とはいえ、もちろん6回未満の施術でも、施術のタイミング次第で式当日に脇をすべすべの状態にすることは可能です。自分のスケジュールに合わせて、無理のない施術日程を組むようにしましょう。 ◆◆「関連記事:結婚式ではドレスの脇にご注意を!花嫁向け脇脱毛講座」◆◆

結婚式前に脱毛しない箇所ってどんなところ?

ブライダル脱毛で特に優先順位が高いのは、背中と脇だという話をこれまでしてきました。その他、ドレスを着たときに露出しやすい腕、指輪交換のときなどにみんなの視線が集中する手の甲や指、といった箇所も、優先的に脱毛しておきたい箇所です。逆に、ブライダル脱毛では特に脱毛しない箇所というのもあります。たとえばドレスで隠れてしまう腰やお腹、お尻といった箇所です。これらの箇所は水着を着るときなどには脱毛したほうがいいかもしれませんが、「結婚式を乗り切る」という意味では優先度が低い箇所になります。「結婚式をきっかけに全身脱毛する!」という人以外は、後回しにしても問題ないといえるでしょう。特に予算に制限がある人は、背中や脇、腕などの箇所に絞って脱毛しておけば十分です。ちなみに、できれば脱毛した方がいいけれどどっちでもいい、という箇所も存在します。具体的には顔と足です。顔についてはお顔剃りでもある程度きれいになりますし、足はミニドレスを着ない限り露出しません。もちろん予算に余裕があったら脱毛したほうがいいのですが、背中や脇に比べて優先順位は下がるといえるでしょう。予算と相談しながら、脱毛するかどうか検討してみてください。 ◆◆「関連記事:結婚式までに脱毛しないのはアリ?花嫁の脱毛について知りたい!」◆◆

脱毛が結婚式に間に合わなかったときの対処法

さまざまな事情により、結婚式までに脱毛が間に合わないという人もいるはずです。結婚式を控えた花嫁にはいろんな人がいます。なかには、妊娠や薬の服用などが原因で、そもそも脱毛サロンで光脱毛の施術を受けることができない人もいます。そういった人は、ブライダルシェービングやワックスなどで処理してもらうか、自分でムダ毛を処理することを考えましょう。自己処理する場合、もっとも無難なのは電気シェーバーを使ってムダ毛を処理する方法です。カミソリとは違い、電気シェーバーは刃が直接肌に触れないため、肌へのダメージを抑えながらムダ毛を処理できます。結婚式前のムダ毛処理でもっとも怖いのは肌トラブルが起きることです。もしムダ毛が処理できたとしても、肌がボロボロの状態では肌を露出するのに抵抗があるでしょう。結婚式当日の肌トラブルを防ぐためにも、カミソリや除毛クリームといった肌に負担をかけるような自己処理は避けるべきです。その点、肌にあまり負担をかけない電気シェーバーは、自分でできるムダ毛処理の中では安心度が高い方法といえます。しかも結婚式の2日前~前日に処理すれば間に合うので、サロンに行く時間がないという人でも十分対応できるはずです。 ◆◆「関連記事:結婚式までに間に合わない!?いつから脱毛を始めるべき?」◆◆

結婚式まで時間がない!
そんなときはシェービングという方法も

結婚式までに脱毛が間に合わない、もしくはできない人で、かつムダ毛の自己処理に不安がある場合には、ブライダルシェービングを受けるという方法もあります。これは理容師資格を持ったプロに、カミソリで気になる箇所のムダ毛を処理してもらうというものです。理容室やシェービングサロンでやっているお顔剃りの全身バージョンとも言えます。カミソリで処理する方法にはなりますが、その道のプロによる施術だけあって、自分で処理するよりも安全性が高いといわれています。しかも深く剃れるため、仕上がりもきれいになることが期待できます。背中やうなじなど自己処理するのが難しい箇所まで、きちんと処理してもらえるのもメリットといえるでしょう。とはいえ、カミソリの刃を肌にあてて処理することになるため、どうしても肌に与える負担は大きくなってしまいます。光脱毛が受けられるのであれば、そちらのほうが低リスクではあります。もしブライダルシェービングの施術を受けるのであれば、結婚式まで最低3日、肌が弱い人は5日~1週間、肌の回復期間を設けるようにしてください。肌の回復力には個人差があるので、可能であれば結婚式の1ヶ月以上前に試し剃りをしておくと安心です。 ◆◆「関連記事:これで結婚式のムダ毛対策は完璧!脱毛&ブライダルシェービング活用術」◆◆

時間にゆとりがあるならサロンがおすすめ

結婚式当日にきれいな花嫁でいるためにも、ムダ毛のお手入れは大切です。脱毛サロンの光脱毛なら脱毛効果とともに美肌効果も期待できます。ムダ毛の量を減らしつつ、美肌を目指したい花嫁にはおすすめの施術といえるでしょう。光脱毛は脱毛を始める時期が早いほど、高い脱毛効果が期待できます。満足の行く結果を得られるよう、日程に余裕のある状態で施術を受けるようにしたいものです。まずは、無料カウンセリングに行くところから始めてみましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら!」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー