無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 前髪をあげた時に気になる産毛…
おでこの生え際を脱毛したい!

脱毛の知識

2017.8.16

おでこの形は、顔全体のラインに大きく関わってくるものです。「おでこの生え際がいびつな形で気になる」とか「額が小さく見えるのが嫌」といった悩みを持っている人もいるのではないのでしょうか?そんな人におすすめなのが、おでこの生え際にある産毛を処理することです。おでこの生え際は産毛の多い箇所なので、産毛をきれいに処理するだけでおでこ全体をスッキリ見せたり、思い通りの形にデザインしたりすることができます。

おでこの生え際にある産毛、
あなたはどう処理してる?

すでにおでこの形を整えるためにこっそり産毛処理をしている人もいるかもしれませんね。そういった人たちはどのような方法でおでこの産毛を処理しているのでしょうか?これは人によってさまざまですが、一般的には、剃る、抜く、脱毛サロンで光脱毛の施術を受けるなどの方法が考えられます。そのうち初心者でもセルフで手軽にできるのは、カミソリや電気シェーバーで剃る方法ではないでしょうか。失敗して生え際が変な形になってしまうのが怖い場合は、シェービングサロンなどでプロに剃ってもらうという手段もあります。人の手で剃ってもらうことになる分だけ、デザインで失敗するリスクは少ないのが魅力です。また、全体的に産毛が多く、生え際をすっきりさせたい人は、光脱毛で産毛を薄くするという方法も効果的です。光脱毛の施術は新しいムダ毛が生えてくるのを予防する効果を期待できます。そのため、まずは産毛の量を減らしたいという人にも向いている方法です。他の方法に比べて費用はかかりますが、自己処理が次第に必要なくなってくる分だけ日々のお手入れが楽になり、長期的には低コストになります。

おでこの生え際が気になる……
でも産毛脱毛で濃くなるって本当?

おでこの産毛を脱毛したら濃くなってしまった、という噂を聞いたことはありませんか。実はこの噂、明確な根拠のある話ではないようです。産毛にかぎらず体毛は先が細く、毛根に近づくにつれて太くなっていきます。そのため剃ったときに、かえって毛の断面が目立ってしまうことがあるのです。これが、産毛処理したあとに、おでこの産毛が濃くなったように見えてしまう原因です。脱毛したからといって、太い毛が生えてくるわけではないので、産毛を処理するときにあまり心配する必要はありません。

おでこの生え際は脱毛するべき?
メリットとデメリットを解説

おでこの形を整えたい、生え際をすっきり見せたいという見た目の問題から、おでこ脱毛を考える人も多いのではないでしょうか。おでこの脱毛は、生え際のラインを整え、額を思い通りの形に整える効果があります。しかし、おでこの脱毛のメリットはそれだけではありません。肌のトーンが明るくなるのです。日本人の産毛には黒いメラニン色素が若干含まれているため、産毛があるだけでどうしても肌がくすんで見えてしまいます。また、産毛がなくなるとメイクが肌に密着するため、化粧のりや化粧持ちがよくなるといった効果も期待できます。一方、おでこの脱毛のデメリットも知っておきましょう。それは生え際のデザインが難しいということです。おでこの産毛にはシェーディング効果があるため、量を減らしすぎると顔が大きく見えてしまう場合もあります。おでこの脱毛はデザインが大切です。プロに任せたほうが失敗は少ないといわれるのはそのためです。

これで失敗知らず!正しいおでこ脱毛

おでこの産毛を処理するときに大切なのは、生え際の産毛を減らしすぎないことです。自分で処理する場合は、眉の上から生え際のやや下までの産毛を取り除くくらいにしておきましょう。生え際ギリギリまで産毛を処理してしまうと、生え際の形が不自然になりやすいです。生え際の形まできちんと整えたいのであれば、シェービングサロンで顔剃りをしてもらいましょう。自然な形で処理をしたい場合は、脱毛サロンの光脱毛がおすすめです。少しずつ様子を見ながら産毛の量を減らせるので、産毛を減らしすぎる心配がありません。また、カミソリを使ったシェービングより肌に負担がかからないので、デリケートな顔の皮膚でも安心して脱毛できます。さらに、光脱毛で使うフラッシュには毛穴の引き締め、ターンオーバーの活性化といった美肌効果が期待できるというメリットもあります。無理なく、かつ肌に優しく生え際の形を整えていくことができますよ。

脱毛クリームを使いたい!
これでおでこの産毛も楽に処理できる?

おでこの産毛を自己処理しようとする人の中には、脱毛クリームを使った処理を考えている人もいるかもしれません。いわゆる脱毛クリームには、除毛クリームと抑毛クリームという2つのタイプの製品があります。なかでも除毛クリームは、塗って洗い流すだけで産毛処理ができる便利な商品です。しかし、おでこは皮膚が敏感ですから、除毛クリームの使用には注意が必要です。毛のタンパク質を溶かして処理する除毛クリームは、毛と一緒に肌の表面も溶かしてしまうので肌への刺激が大きいのです。除毛クリームを使うときは「顔に使える」とメーカーが表示している商品を使い、事前のパッチテストを忘れずに行うようにしましょう。また肌が弱い人は除毛クリームではなく、抑毛クリーム(ローション)を使うとよいでしょう。抑毛クリームには脱毛効果はありませんが、ムダ毛を生えづらくする抑毛効果は期待できます。剃る方法と併用することで、自己処理が楽になるはずです。

肌に優しく脱毛するならサロンに行こう

おでこは肌が繊細な箇所です。剃る方法をはじめとする自己処理は肌に負担をかけるため、繰り返すうちに肌荒れや色素沈着といったトラブルを起こしてしまうおそれがあります。もし無理なくおでこの産毛を処理したいなら、サロンの光脱毛がおすすめです。ムダ毛の量が減るため自己処理要らずの状態を目指せますし、美肌効果も期待できます。また、少しずつ産毛の量を減らしていくことができるため、デザインで失敗するリスクも少ないです。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー