無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 痛いのが苦手でも脱毛できる?
光脱毛の痛みはどれくらい?

脱毛の知識

2017.6.19

脱毛サロンでよく行われている光脱毛は、脱毛法の中では痛みが少ない施術といわれています。ただ多少の個人差があるとはいえ、まったく痛みが出ないというわけにはいかないようです。また脱毛したいパーツはもちろん、個人の体質や肌の状態、ムダ毛の質などによっても、痛みへの耐性や痛みのでやすさは変わってきます。ここでは誰もが安心してサロンの施術を受けられるよう、光脱毛の痛みの問題についてまとめました。

脱毛は痛い?光脱毛は?

脱毛というと、「痛い」というイメージを持っている人もいるかもしれません。昔に関して言えば、その認識で正解です。昔は脱毛といえばニードル脱毛しかなく、毛穴に直接電気を流すために、痛みが強いものでした。しかし光脱毛は違います。光脱毛は特殊な性質を持つ光を肌に照射して脱毛していきます。この光はメラニン色素のみに反応して発熱するという性質があるため、毛根に集中して熱を与えることができます。毛穴の中にある毛根に一瞬熱が加わるため、その際多少の痛みが出る可能性はありますが、それでも「輪ゴムで肌を弾いた」程度の痛みしかないと言われています。また光を照射するだけで脱毛効果があるため、わざわざ毛を抜く必要もありません。ワックスや毛抜きで毛を抜いて処理するのは、かなりの苦痛を伴います。またカミソリによるシェービングや除毛クリームによる処理も、肌質ややり方によっては痛みが出ます。下手に自己処理するよりも、ずっと痛みが少なくて済むのが脱毛サロンの光脱毛なのです。

知識があれば怖くない!
光脱毛の痛みの原因は?

光脱毛では光の熱エネルギーを利用して脱毛を行います。光が毛根にあたり、発熱するときに一瞬強い熱が毛根やその周囲に加わります。それが光脱毛で一瞬痛みを感じる原因です。ただ痛みが出るかどうかについては個人差の問題が大きく、さらに施術を受ける側の肌の状態やサロン側の問題も関係してきます。たとえば光脱毛の光は、毛根に存在しているもの以外のメラニン色素にも反応します。そのため日焼けした肌やほくろ、シミに照射した場合は、肌にまで光が反応するので痛みが出やすくなります。白い肌にもメラニン色素は多少存在しているので、光の出力が強すぎると健康な肌に与えるダメージが強くなるのです。さらに、肌の保湿不足やクーリング不足も痛みが出やすくなる原因です。肌が乾燥していたり、十分に冷やされていなかったりすると、光の熱によってダメージを受けやすくなります。逆にいえば、これらの点に気をつけることで痛みを軽減することは可能です。

覚えておこう!箇所によっても感じ方は変わる

光脱毛の痛みは、肌のコンディションや個人差などのほか、施術するパーツによっても変わってきます。一般的に、光脱毛では太く硬い毛のほうが痛みは出やすいといわれています。それは太い毛の方が含まれているメラニン色素の量が多いためです。それだけ脱毛効果も出やすいのですが、痛みという点では覚悟しておいた方がいいかもしれません。その点、女性でも色が濃く、硬い毛が生えやすい脇やvio、眉毛などの脱毛については痛みが強く出る傾向があるようです。逆に、産毛のような細い毛の生える胸やお腹、背中といった箇所の施術については、痛みが出づらいといわれています。また、膝下や指といった脂肪の厚みが少なく骨が近いパーツや、うなじなど肌が敏感なパーツも痛みが出やすいといわれています。人によってはほとんど痛みが出ないこともあるようですが、脱毛したいパーツによっては少し覚悟しておいたほうがいいかもしれません。

vio脱毛には覚悟が必要!?
もし勇気が出ない場合は?

vio脱毛では、通常の光脱毛の時よりもやや強い痛みが加わることもあるようです。ただ、痛いとされるvioの光脱毛であっても、本当に強い痛みが出るのは最初のうちだけだといわれています。光脱毛では施術回数が進んでいくうちに、生えてくる毛がだんだんと細いものに変わってくるからです。また1回の施術時間も決して長くはないため、意外にあっという間に終わると感じられるかもしれません。それでも「どうしても痛いのが嫌」という人には、デリケートゾーン用やフェイス用の電気シェーバーを使った自己処理が比較的安全です。ただし、ヒップ奥のOラインや股の内側にあるiラインは自分で手元を確認しながら処理するのが難しいパーツです。さらにこれらのパーツの周囲には粘膜があります。いくら安心度が高めとはいえ、手元が狂ってしまうと敏感なデリケートゾーンを傷つけてしまうことになります。思い切って光脱毛してしまった方がかえって痛くない、ということもありえるのです。

vioの脱毛はなぜ痛い?痛み対策で準備は万全

脱毛の中でも比較的痛みが出やすいのがvioの脱毛です。その理由としては、硬くしっかりとした毛が生えることや、ムダ毛の量の多さ、さらにはデリケートゾーンだけに肌がもともと刺激に敏感ということがあげられます。vioの光脱毛を行うときは、なるべく痛みを和らげることができるように事前の対策が必須です。具体的には、保湿ケアと体調管理に気をつけるようにしましょう。サロンによっては脱毛前後の保湿ケアに力を入れているところもあります。サロン選びの段階で、保湿ケアに定評のあるサロンを選ぶほか、自分でもローションや化粧水などで、脱毛を受ける場所を保湿しましょう。脱毛期間中は肌が乾燥しやすくなっているので、日頃から保湿ケアを欠かさないことが大切です。また生理前後や睡眠不足の日、体調不良時などは肌が敏感になります。ただでさえ刺激に弱いvioの脱毛ですので、体調が万全の時に施術を受けることを心がけてください。

痛みが少ないのが魅力!脱毛サロンの光脱毛

光脱毛は脱毛法の中でも、痛みが少ないといわれる施術です。たしかにまったく痛みが出ないわけではありませんが、痛みを感じるのは一瞬ですし、人によってはほとんど痛みが出ないこともあります。痛みのでやすさは脱毛するパーツや個人の体質によっても変わりますが、保湿ケアや肌のクーリングなどである程度軽減することも可能です。これらのケアに自信のあるサロンを選ぶことで、不安のない脱毛ができるはずです。最新の機械は痛みの少ないものも出ています。痛みが心配な方は、事前にパッチテストを行うといいでしょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー