女性専用脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー腕の毛ってカミソリで処理できるの!?
その方法とは

自己処理

2017.10.30

特に薄着の季節は、腕のムダ毛処理が欠かせない……という人も多いのではないでしょうか。なかでも、カミソリを使ったムダ毛処理はその手軽さから大人気。コンビニやドラッグストアで簡単に買えるうえに安いというのが人気のようです。しかし、カミソリを使った処理には、いくつか見逃せない注意ポイントもあります。肌への負担が多い処理方法になりますので、カミソリを使ってムダ毛を処理するときは十分な注意が必要です。

女性の腕毛の処理にカミソリは適切?

カミソリを使って腕毛の処理をしている人はかなり多いようです。確かにカミソリはムダ毛処理グッズのなかでも安いですし、入手も簡単なアイテムです。コンビニやドラッグストアで売っているほか、ホテルや旅館にアメニティとして置いてあることもあります。旅行前にムダ毛処理を忘れてしまった……というときでも、すぐに対処できるのは嬉しいですよね。しかし、カミソリには肌への負担が大きいというデメリットがあります。間違った方法で処理してしまったり、頻繁に剃ってしまったりすると、肌がボロボロになってしまう危険性もあるのです。お手軽な方法ではありますが、なるべく回数は控えめにしたほうが無難といえます。

自分に合った
カミソリの選び方について

腕毛を剃るなら、女性用のT字カミソリがおすすめです。それも安全ガード付きのものを選びましょう。安全ガードなしのものより剃りづらいかもしれませんが、その代わりケガのリスクが少ないです。また、できれば使い捨てではなく、多少値段が高くなっても替刃式のカミソリを選ぶようにしましょう。替刃式カミソリは使い捨てのものよりも刃の品質がよく、肌に負担をかけずにムダ毛を剃れます。さらに、刃の枚数もポイントです。T字カミソリには、1枚刃から5枚刃までさまざまなタイプの製品がありますが、刃の数が多いものほど少ない力で深剃りできます。腕毛が薄い人は刃の枚数が少ないカミソリを、逆に、毛が濃い目の人は5枚刃など刃の枚数が多いカミソリを選ぶようにするといいですよ。

腕毛をカミソリで処理することの
メリットやデメリットは?

電気シェーバーよりも深剃りできるカミソリには、仕上がりがきれいというメリットがあります。気が向いたときに、さっとムダ毛を処理できる手軽さも魅力です。その一方で、カミソリを使ったムダ毛処理にはケガのリスクが伴ううえ、肌の表面を削ってしまうという大きなデメリットもあります。肌を傷つけてしまうことになる分だけ、あとでカミソリ負けや埋没毛などの肌トラブルが起きる可能性が高くなっているのです。しかもカミソリを使った処理は、ムダ毛をとりあえず取り除くものですので、定期的な処理が必要になります。処理の回数が増えれば増えるほど肌トラブルが起きやすくなるため、カミソリで何度も腕を剃っているうちに腕の皮膚がボロボロになってしまうおそれもあります。

カミソリで腕のムダ毛処理を
している人はどのくらい?

手軽でコストも安いカミソリを使ったムダ毛処理。普段からカミソリを愛用している女子も多いかもしれません。そこで、実際にカミソリで腕毛を処理している人がどれくらいいるのか、10代・20代の女性を対象にアンケート調査を実施してみました。

【質問】
カミソリで腕のムダ毛処理を行っていますか?

【回答結果】
はい:110名
いいえ:25名

【アンケート概要】
調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】29才以下
調査期間:2017年01月30日~2017年02月06日
有効回答数:135サンプル

★大人気!カミソリを使った腕毛処理

調査の結果、ムダ毛処理グッズの中でもカミソリは圧倒的な人気を誇っていることがわかりました。

  • カミソリは肌にはあまり良くないですが、手軽に出来るので処理したあとは、しっかり保湿をしています。(25歳/女性)
  • なぜなら、手軽で一番使いやすいのがカミソリだと思うからです。これからもカミソリを使って毛を処理していくと思います。(19歳/女性)
  • 手軽で安価。お風呂場でボディーソープと一緒に使っています。(25歳/女性)

手軽さやコストの安さが人気の理由のようですね。一方、カミソリを使わないと答えた人も一定数います。

  • 電気シェーバーを使うようにここ数年で変えたので。(27歳/女性)
  • 腕の皮膚が弱く、剃ると肌が荒れてしまうので腕は脱毛クリームを使っている。(19歳/女性)
  • サロンでの光脱毛をしたため不要です(25歳/女性)

カミソリのデメリットである、肌ダメージが気になる人が多いようです。そもそもカミソリが肌に合わなかった、あるいは肌への負担が心配でサロン脱毛や電気シェーバーに切り替えたという声が聞かれました。

カミソリを使ったムダ毛処理はメジャーなものではありますが、一方で肌トラブルのリスクがあるのも事実。メリットと同時に重大なデメリットがあることがわかる結果となりました。

腕毛処理するときにカミソリ負けや
肌荒れを防ぐ方法やコツはあるの?

カミソリを使った腕毛処理は、ムダ毛処理の方法としては肌への負担が大きいものになります。肌トラブルが起きるリスクを下げるためにも、せめて正しい方法でカミソリを扱うことが大切です。まず、剃る前には、あらかじめ肌を蒸しタオルなどで温めて、肌や毛を柔らかくしておきます。ただし、肌が温まっているからといってお風呂場で剃るのはNGです。お風呂場は湿気が高く、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。肌トラブルを防止するためにも、お風呂を出てから剃るようにしましょう。肌が柔らかくなったら、専用のシェービングフォームやジェルを肌にたっぷりと塗り、その上からカミソリを優しく滑らせていきます。このとき逆剃りや二度剃りをしてしまうと肌を傷つけてしまうことになるので、毛の流れに沿って、一度に剃ることを心がけてください。

腕毛の処理後のアフターケアについて

肌をカミソリ負けや埋没毛などから守りたいなら、ムダ毛処理後のアフターケアは必須です。ムダ毛を剃り終えたら、忘れずにアフターケアを行うようにしましょう。まずは肌を冷却し、炎症を鎮めます。カミソリを使った後の肌は、表面に小さな傷がたくさんできて、炎症を起こした状態になっています。そこで、シェービングフォームやジェルを肌から取り除いた後、冷やしたタオルで肌を冷やして、肌の炎症を鎮めていきます。そして肌の状態が落ち着いたら、今度は保湿ケアを行います。保湿ケアには、傷ついて乾燥しやすくなった肌にうるおいを与え、肌の回復力を高めるという大切な役割があります。刺激の少ない化粧水やクリームなどを使って、肌にきちんとうるおいを補給してあげましょう。

まとめ

カミソリは間違った使い方をすると、肌に大ダメージを与えてしまうことになります。そのため、ムダ毛処理の際には十分な注意が必要です。逆剃りしたり、毎日のように剃ったりといった使い方は避けましょう。ただし、人によっては正しい使い方をしていても肌荒れが起きてしまう……ということもありえます。その場合にはカミソリを使ったムダ毛処理そのものを見直すべきです。脱毛サロンに通うなど肌に負担のかからないムダ毛処理方法に切り替えましょう。 ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー