無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 脇のムダ毛を脱毛したい女性へ!
気になる疑問に答えます

脱毛の知識

2017.3.7

うっかり脇のムダ毛処理を忘れて、水着やノースリーブが着られないという経験をしたことがある人はいませんか。日本の女性にとって、脇のムダ毛処理は身だしなみとして定着しています。でもときには、いちいち自己処理するのが面倒になってしまうこともありますよね。そこで考えるべきなのが、サロンで行う脇脱毛です。ムダ毛の自己処理は、肌トラブルの原因にもなります。脱毛サロンですっきり脱毛してしまうことが、かえって肌のためにいいということもあるのです。

脇毛の処理はセルフ?
それともプロに任せるべき?

脇は目で確認しながらムダ毛を処理できるため、その意味では比較的セルフ脱毛に適したパーツです。しかし処理の頻度が多くなりがちなこと、さらに皮膚が意外にデリケートなことから、セルフ脱毛でダメージを受けやすいパーツでもあります。また、多くの場合自己処理でできるのは、基本的に今見えているムダ毛をなくすことだけです。そのため処理の回数自体を減らすことはできません。対して、サロン脱毛の主流である光脱毛のなかでもIPL脱毛というのは、メラニン色素に反応する光をムダ毛に照射し、それが毛根に作用して毛が生える力を弱め、脱毛効果だけでなく毛の量を減らす効果も期待できます。家庭用の光脱毛器を購入すれば自宅でも同じようなケアができますが、業務用に比べて出力が弱いのでサロン同様の効果を期待するのは難しいかもしれません。肌に与えるダメージを減らし、かつ持続的な効果がほしいなら、サロン脱毛がおすすめです。

脇脱毛でサロンに通うのは
恥ずかしいというあなたへ

もしかしたら、「サロンに通うのは恥ずかしい」という方もいるかもしれませんね。確かに人に脇を見せるのは恥ずかしいものです。多少の抵抗を感じるのは仕方ないことといえるでしょう。しかし、恥ずかしいのは施術を重ねるにつれて慣れるものですし、だんだんきれいになる脇を見ているうちに自信を持つこともできます。脱毛サロンのスタッフはプロなので、いろいろな女性の脇を見てきています。そして、サロンを訪れる人で最初から脇がすべすべという人はあまりいません。ほとんどのきれいな脇は脱毛で作られているのです。これは脱毛サロンのスタッフも同じです。もし不安や恥ずかしい気持ちがあるのなら、思い切ってスタッフの人に打ち明けてみましょう。もしかしたら「私も最初のうちは……」と自らの体験談を聞かせてもらえるかもしれません。ちなみに、ほとんどの光脱毛を用いるサロンではあらかじめ自宅でシェービングを済ませてくるよう指示があります。処理済みの状態で施術することになるので、気まずい思いをせずに済むでしょう。

脇をサロンで脱毛するメリットとデメリット

自宅で気軽にできる自己処理と比べ、サロン脱毛というと費用が高いイメージを持つ人もいるかもしれません。ここでは脱毛サロンに行くのを悩んでいる人のために、サロン脱毛のメリットとデメリットを紹介します。まずはデメリットから。1つは、施術を受けるために予約を取り、また定期的に通い続ける必要があるということです。仕事や育児などが忙しい人にとっては大変かもしれません。自宅や職場近くの通いやすいサロンを選ぶ、時間的余裕があるときに始めるなどの工夫が必要です。もう1つは、一定の費用がかかることです。もっとも脇脱毛に関してはお得なキャンペーンが頻繁に開催されているため、費用的にあまり負担をかけずに脱毛することは可能です。続いて、メリットについて考えてみましょう。サロン脱毛のメリットは仕上がりのきれいさ、および安心感にあります。施術を継続して受けることで、今ある毛が自然に抜けていくばかりか、新たに生えてくる毛の量も減らすことができます。真面目に通い続けることで、自己処理のいらないツルツルの脇を目指すことも可能です。剃り跡に悩まされたり、頻繁に自己処理を迫られたりといった脇の悩みから解放されるのは嬉しいですよね。さらに自己処理に伴う肌トラブルが起きるリスクを減らすこともできます。きれいな脇を手に入れたい人にとって、サロンで脱毛するメリットは大きいのです。

脇脱毛でありがちなトラブル

セルフ脱毛と脱毛サロンともに、脱毛には一定のリスクが伴います。万が一の事態に慌てないためにも、起こりそうなトラブルについて知っておきましょう。セルフ脱毛で心配なのは、肌へのダメージです。カミソリやワックスなどを使った自己処理は、埋没毛や脇の黒ずみなどさまざまな肌トラブルを引き起こします。自己処理を繰り返すうちに、肌がぼろぼろになってしまう危険性もあります。次にサロン脱毛で起こりうるトラブルとしては、脇汗の増加や毛嚢炎があげられます。このうち脇汗の増加は、脇の毛がなくなったことで汗の存在を意識しやすくなったことが原因です。実際に汗の量が増えているわけではないので、心配しなくてもいいでしょう。気になる方は脇汗パッドなどを使ってください。もう1つの毛嚢炎は、毛穴にニキビのようなものができる皮膚疾患です。脱毛によって毛穴の奥にある毛包に細菌が入るなどして炎症が起こるのが原因です。ちなみにこれはセルフ脱毛でも起こります。まれに起こるものですが、慢性化してしまうと治療が大変なので、気になる場合は早めに医師の診察を受けるようにしましょう。脱毛サロンのなかには医療機関と提携しているサロンもあります。サロン選びの段階で、こうしたトラブル時のサポートがしっかりしたサロンを選ぶようにすると安心ですね。

脇脱毛後のアフターケア

セルフ脱毛とサロン脱毛、どちらの場合でも脱毛後の肌は敏感な状態に傾いています。
セルフ脱毛の場合は脱毛後、肌をクールダウンし、その後に化粧水で保湿ケアを行いましょう。このとき使う化粧水は、アルコールやメントールなど刺激物の入っていない、低刺激のものがベスト。肌が刺激を受けやすい状態になっているので、それ以上のケアは翌日以降にします。サロン脱毛の場合は、肌のクールダウンや保湿ケアが施術に含まれていることがほとんどです。保湿に使うローションやジェルなどにはサロン独自の美容成分が含まれているので、保湿だけでなく美肌効果も期待できます。つまり、脱毛できるだけでなく、美肌も目指せるのがサロン脱毛のいいところなのです。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー