無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 気になる女性のもみあげ!
お手入れするなら脱毛が正解?

脱毛の知識

2017.3.7

普段髪を下ろしている人は気付きづらいかもしれませんが、女性にももみあげは生えます。アップスタイルやショートヘアにしたとき目立つ部分でもありますので、意外に人から見られる機会も多いです。横顔美人になるためにも、モジャモジャのもみあげは避けたいもの。女性の嗜みとして、きちんと処理しておきたいですね。

もみあげ処理をするなら脱毛サロン?
それとも自己処理?

もみあげの処理をするなら、脱毛サロンと自己処理、どちらがおすすめといえるのでしょうか?自力でもみあげを処理するときによく使われる方法が、カミソリや電気シェーバーによるシェービングです。その他、ワックスや脱毛クリーム、家庭脱毛器を使った処理も考えられます。もみあげの自己処理には、費用が安いというメリットがある一方で、処理に失敗して左右のバランスが崩れてしまったり、無理な自己処理で肌を傷めたりするリスクがあります。さらに基本的に自己処理では、もみあげが生えてくること自体を予防する効果はありません。そのため定期的な処理が必要になります。一方、脱毛サロンで行うもみあげ処理は、自己処理に比べて初期費用がかかりますが、もみあげの毛の量自体をある程度コントロールできるというメリットがあります。また、他人の手で処理してもらえるため、左右の形が違うといった失敗も起こりづらいです。仕上がりや肌に与えるダメージを考えると、脱毛サロンでもみあげの処理をしてもらうのはおすすめの方法と言えます。特にもみあげが濃いのを薄くしたい人や自力での処理が難しいと感じている人にとって、脱毛サロンにおけるもみあげ脱毛はメリットが大きいといえるでしょう。

もみあげ脱毛のメリットとデメリット

脱毛サロンにおけるもみあげ脱毛では、もみあげ部分に生えてくる毛の量そのものを減らすことが可能です。極端な話、もみあげ部分をツルツルにしてしまうことさえできます。ただ一度やってしまうと元に戻せないだけに、施術に際しては注意が必要です。もみあげの扱いには、髪型の流行も関係します。もみあげ部分がすっきりしていると小顔効果を期待できるのですが、だからといって脱毛で完璧にツルツルにしてしまうと、あとでもみあげが欲しくなったときに困ることになります。サロン脱毛は今ある毛だけでなく、将来生えてくる毛の量も減らしてしまう施術だからです。そういうこともあって、もみあげ脱毛においては、デザインが大切になってきます。サロンに通う場合は、慎重に施術を進めていく必要があります。完全に脱毛するのではなく、好みの薄さになった時点で施術をやめるという選択肢もありです。自分でもみあげを処理する場合は、もみあげがなくなってしまう心配はありませんが、処理に手間がかかります。濃い人は頻繁なお手入れが必要になるので、何かと面倒かもしれません。もみあげが濃くて困っている方は、まずサロンで薄くしておき、その後自己処理に切り替えるという方法もあります。

もみあげ部分の脱毛方法と正しいお手入れ方法

もみあげ部分のムダ毛をなくす方法は、主に3つあります。1つ目は脱毛サロンに通い、好みの薄さになるまで脱毛する方法。通っていくうちに自己処理の手間が減るのが魅力です。2つ目は理容室でお顔剃りをお願いする方法。自分でシェービングするよりも安心ですが、カミソリでムダ毛を剃っているだけなので定期的に通う必要があります。3つ目は自己処理です。安価で、思い立ったときにすぐ処理できるのが利点です。女性の場合、もみあげは薄く短くというのが理想だと言われています。耳たぶの下までもみあげがあるようなら、生えている範囲が広いか、長さが長すぎるのかもしれません。脱毛やシェービングで余分な毛を取り除くようにしましょう。また、もみあげのお手入れにおいては、毛を整えるだけでなく、スキンケアも大切です。もみあげ部分は顔のUゾーンにあるため、ニキビができやすい部分です。毛を整えるだけでなく、シャンプーや洗顔料のすすぎ残しに注意する、保湿ケアを徹底するなど顔と同じケアが必要になります。横顔美人になるためにも、しっかりお手入れしていきたいですね。

もみあげの自己処理における注意点とは

もみあげは目の横にあるため、自己処理がしづらいパーツです。手元が見えないので、基本的に鏡を使って作業することになるでしょう。具体的な方法としては、使う人や機種を選ばない、フェイス用電気シェーバーを使った自己処理がおすすめです。肌に優しくもみあげを薄くできます。耳の穴など理想の位置にアイブロウなどで印をつけておき、そこから下を剃るような形で作業を進めるとよいでしょう。ただし、作業がしづらい場所だけに、手元が狂ってしまう可能性はどうしてもあります。ミスしてしまうと、もみあげが伸びてくるまで悲しい思いをするかもしれません。その一方で、もみあげが濃い人や生える範囲が広い人では、お手入れの回数が増えがちです。お手入れの手間を省きたいなら、もみあげの生える場所や濃さを自在にデザインできるサロン脱毛がおすすめです。自己処理に比べて肌に優しいので、繊細な顔の皮膚でも安心して任せられます。

もみあげ脱毛をしたい方のサロン選びは?

それでは、もみあげを脱毛したいと思った場合、どんなサロンを選ぶのが正解なのでしょうか?まず、もみあげはデザインが大切なので、丁寧にカウンセリングを行ってくれるサロンを選ぶべきでしょう。光脱毛はやり直しができません。お客さんの要望をよく聞いてくれるかどうかは仕上がりを左右する重要ポイントです。また、顔というデリケートな部分を施術することになるので、保湿ケアやドクターサポートなどアフターケアが充実しているサロンを選ぶようにしましょう。口コミを探したり、無料カウンセリングを利用したりして、信頼できるサロンを見つけてくださいね。さらに、もみあげ単体を脱毛するか、口周りなど顔の他のパーツを脱毛したいかによっても適したサロンは変わってきます。もみあげ単体の脱毛が可能なサロンもあれば、顔全体の脱毛がセットになっているサロンもあります。脱毛したい場所と予算に合わせて、自分に合ったプランのあるサロンを探しましょう。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー