女性専用脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー気になるけどお願いするのは恥ずかしい……
股の脱毛にまつわるアレコレ

脱毛の知識

2017.3.6

日本でも挑戦する人が増えてきたアンダーヘアの脱毛ですが、アンダーヘアといえば股の部分にあるムダ毛たち、正直、人に見られるのが恥ずかしい……と感じてしまうパーツでもあります。サロンでちゃんと処理することによって、得られるメリットが多いのも事実です。デリケートなパーツだけに聞きづらい、股の脱毛についてまとめました。

基本知識を確認!アンダーヘアの脱毛

股付近の脱毛は、主に3つのパーツに分けて施術を行います。
Vラインはいわゆるビキニラインで、下着や水着などを着用したときにムダ毛が気になりやすいパーツです。
Iラインは股の内側の側面、女性器の周辺にあたり、粘膜もあるので自力での脱毛が難しいパーツです。
Oラインは肛門周りの部分を指します。これも粘膜が近く、さらに身体の後ろ側に位置するので自己処理が難しいパーツです。
脱毛では敏感なパーツを脱毛することになるため、特にIラインやOラインに関してはプロにお任せするのがおすすめだといわれています。VIO脱毛はそれぞれのパーツ単体でも施術は可能ですが、セットで脱毛する人も多いようです。サロンで脱毛をする場合、多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛がおすすめです。光脱毛は特殊な光をムダ毛に照射し、毛根にダメージを与えるという施術方法です。ワックスや除毛クリームなどよりも肌に優しく脱毛でき、施術中の痛みも少ないため敏感なパーツでも安心して脱毛できます。さらにムダ毛の発毛も抑えられるので、施術が進むに連れ自己処理の必要がなくなってくるのもメリットです。

デリケートゾーンの脱毛をすることは恥ずかしいこと?

アンダーヘアの脱毛は、これまでの日本ではあまり一般的なものではありませんでした。しかし欧米やブラジルなど海外では既に常識になっています。VIO脱毛には、生理時のムレや臭いの防止、感染症予防など衛生面でのメリットが多いのです。VIO脱毛が一般化した国の人から見れば、デリケートゾーンがツルツルなのは当たり前。ムダ毛が生えていると、不潔だという印象を持つようです。もっとも日本ではVラインがツルツルという人はまだ少数派です。温泉に入った時に目立つのが嫌……という人は、Vラインを少し残すようにするとよいでしょう。
デリケートゾーンを清潔に保つというのは、大切な身だしなみの1つであり、パートナーへの思いやりでもあります。そのこともあって、トライする若い女性が増えています。デリケートゾーンを脱毛することは恥ずかしいことではありません。むしろ女性としてのエチケットといえるでしょう。

股付近の脱毛は慣れも大切?恥ずかしさとうまく付き合うコツ

アンダーヘアの脱毛をサロンで行う場合、施術のために下半身を露出することになります。スタッフが女性とはいえ、それはちょっと……と抵抗感を覚える人もいるでしょう。Vラインはまだ温泉などで他人に見られる機会もありますが、IラインやOラインを人目にさらす機会はパートナーでもいない限りあまりないはずです。それだけに脱毛をするときに多少の恥ずかしさを感じるのは当然といえます。サロン側もそれはよく理解しており、十分配慮してくれています。VIO脱毛では専用のガウンやワンピース、紙パンツを履いて施術するところがほとんどです。紙パンツを少しずつずらしながら、光を当てていくのでデリケートゾーンが全部丸見えということにはなりません。また、下腹部から下にタオルをかけ、施術の様子が見えないようにしてくれます。股の脱毛の恥ずかしさには慣れもあります。最初は恥ずかしいと感じていても、施術を受けるうちに徐々に恥ずかしさにも慣れていきます。サロンのスタッフはVIOの施術に慣れているので、淡々と接してくれるはず。あまり心配する必要はないでしょう。

サロンに行きたくない……自己処理方法を教えて

それでも、どうしてもサロンに行きたくないという人は、無理のない範囲で自己処理をしてみましょう。比較的自己処理でも安心して処理できるのはVラインです。デリケートゾーン用の電気シェーバーやヒートカッターを使って、形を整えていきましょう。また、家庭用脱毛器でも対応している機種が多いです。光脱毛器を使えばサロンに近い効果を得られるでしょう。しかし、Iラインに関しては、粘膜が近くにあるので自己処理は難しくなります。また直接見づらいパーツなので、鏡の上にまたがるような格好で処理をすることになります。ヒートカッターで毛をカットするか、ショーツからはみ出した毛を電気シェーバーで剃りましょう。ちなみにOラインも同様に処理することができます。家庭用脱毛器という手段もありますが、Iラインに対応している製品は少ないです。それ以外の製品は自己責任での使用になりますので、なるべくIラインに使うのは避けたほうが無難です。なお、セルフ脱毛の前後には、色素沈着などのトラブルを防ぐために保湿ケアを忘れずに行いましょう。

自己処理は危険?注意点も知っておこう

同じ股の部分のムダ毛とはいっても、Iラインの自己処理は難しいです。うまく処理できなかったり、手元が狂ってケガをしてしまったりなどのリスクがどうしてもつきまといます。特に家庭用脱毛器は無理に使ってしまうとやけどしてしまうリスクが高いです。比較的安心できるやり方はヒートカッターや電気シェーバーですが、これはムダ毛を短くしているだけに過ぎません。時が経てばまたムダ毛は伸びてきます。自己処理の繰り返しによる肌荒れや色素沈着などのリスクも考えると、自己処理自体あまりおすすめできません。その点、サロン脱毛なら手元をよく見ながら施術してもらえますし。生えてくるムダ毛の量そのものを減らすことができます。施術回数を重ねるにつれて次第に自己処理が必要なくなってくるでしょう。サロンによってはドクターサポートがついているので、万が一の事態が起きても対応してもらえます。股はデリケートな部分だけに、サロンのようにできるだけ安全な方法でムダ毛処理するのが望ましいでしょう。

恥ずかしさをうまく乗り越えればアンダーヘアの脱毛はメリットがいっぱい!

日本においては、まだアンダーヘアの脱毛は一般的なものではありませんが、徐々にアンダーヘアを脱毛している方も増えています。恥ずかしさと上手に付き合って脱毛できれば、生理時のムレや臭いの防止、感染症予防など得られるメリットも多いので、自分なりに恥ずかしさとうまく付き合っていく方法を考えてみてはいかがでしょうか。 どうしても、サロンでの脱毛はしたくないという方は自己処理での方法もありますが、その場合は自分の肌をなるべく傷つけないように無理のない範囲での自己処理がおすすめです。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいコース・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー