無料カウンセリング

質問するのは恥ずかしい!?
みんなが気になるOライン脱毛あれこれ

脱毛の知識

2017.3.6

今や日本でも一般的になりつつあるアンダーヘアの脱毛。

「やった方がいいのかな?」と思う反面、人に見せるのが恥ずかしい部分だけに不安もありますよね。特に肛門周りのOラインは自分でもあまり見ることのない場所。

ここでは、Oラインのムダ毛が気になるけどどうすればいいの……とお困りの方に向けて、Oライン脱毛の基礎知識を紹介していきます。

セルフ脱毛は難易度が高いOライン!プロに任せた方が無難な理由とは

アンダーヘアの脱毛の中でも、体の前側にあるVラインであれば比較的セルフ脱毛は簡単です。処理している部分も目では確認しやすいですし、正確に作業ができるのではないでしょうか。

しかし、Oラインは目では見えないところにあるので、そもそもセルフ脱毛が大変です。しかもOラインはすぐそばに粘膜があるため、刺激に弱い部分でもあります。

繊細なのに、1人ではムダ毛処理がしづらいというパーツがOラインなのです。こうしたことからOラインの脱毛は脱毛サロンのようなプロにお任せするのがいいといわれています。

普段人に見せる機会がほとんどない部分だけに、誰かに任せるのは恥ずかしい…と思われる人も多いかもしれませんが、安全第一でいくならやはりプロの手を借りるのが無難です。スタッフがよく手元を確認しながら作業を進めてくれますので、セルフ脱毛に比べてトラブルの危険性は低くなります。

また粘膜ギリギリまで施術してもらえるので、処理もれのリスクも抑えられます。多少の恥ずかしさはあるかもしれませんが、確実で、安心なのはプロの施術です。セルフ脱毛の際、粘膜をうっかり傷つけてしまうと、思わぬトラブルにつながります。デリケートな部分だけに用心するに越したことはありません。

Oライン脱毛をするときの体勢は?恥ずかしい思いをしないかな?

サロンでOライン脱毛をしてもらうとなったとき、気になるのは恥ずかしさではないでしょうか。

お尻の穴を他人に見せる機会は、なかなかないはずです。経験豊かな女性スタッフが施術してくれるとはいえ、やはり恥ずかしいものは恥ずかしいですよね。Oラインの脱毛中に、変な姿勢を取らされたらどうしよう……と不安に思う人も多いのでは?

Oライン脱毛中の姿勢については、うつぶせ、横向き、四つん這いというパターンがあり、これはサロンによって違うようです。脱毛する箇所が箇所だけに、多少の恥ずかしさはどうしてもつきまといます。

ただ、Oラインは照射範囲が狭いので、短時間の施術で済むのが一般的です。ほとんどの場合10分以内で終わってしまうので、気まずい思いをする時間はあまり長くありません。

照射部分以外をタオルで覆ってもらえば、恥ずかしさもある程度軽減できます。しかもサロンのVIO脱毛では、施術時にお客さんに紙ショーツを履いてもらうことが多いです。施術をする際は少しずつショーツをずらしながら、脱毛する箇所に光を照射していきます。
そのため、常にデリケートゾーン全部が丸見えになってしまうということはありません。

Oラインの脱毛は、初めてのお客さんにとっては不安で恥ずかしいもの。
サロン側もそれは分かっているので、十分気を遣ってくれます。あまり心配せずに施術を受けてみましょう。最初は恥ずかしいかもしれませんが、施術を受けていくうちに、恥ずかしさや違和感にも慣れてきます。

どうしてもOラインをセルフ脱毛したい…比較的安全な方法は?

それでも、やっぱりOラインを人に見せるのは抵抗が…という方もいるかもしれませんね。
それでは、サロンに行かずにどうにか自己処理をしたい場合はどうすればよいのでしょうか。

Oラインのセルフ脱毛で比較的安全といわれている方法は3つあります。
それが電気シェーバー、ヒートカッター、ブラジリアンワックスです。

電気シェーバーは、細かい作業のしやすいデリケートゾーン専用のものを使うとより安心です。カミソリと違って深剃りできないので、安心して作業ができます。ヒートカッター、電気シェーバーのいずれも毛を「なくす」というよりは「整える」というような感覚で使いましょう。

ブラジリアンワックスは海外ではメジャーなアンダーヘアの処理方法です。
ただしワックスの塗り方にコツがあるため、やや上級者向けの方法といえます。また毛を引き抜くことになるので、肌にそれなりの負担がかかります。敏感肌の人、痛みに弱い人は避けた方が無難かもしれません。

そのほか家庭用脱毛器の中にも、Oラインに対応した製品があります。もしもこうした製品を持っている場合は、そちらを利用してもよいでしょう。

知って安心!Oラインをセルフ脱毛する場合のリスクとは

頑張ればセルフでのOライン脱毛は不可能ではないとはいえ、デメリットはどうしてもつきまといます。

自己処理をしたい場合は、リスクを考慮に入れつつ自己責任で行うようにしてください。
Oラインの自己処理において、一番のネックは手元がよく見えないということです。Oラインは身体の後ろ側にあるため、目で直接見ることができません。そのため、鏡の上にまたがるような格好で処理することになります。

ただやはり見えづらい、作業しづらいことに変わりはありません。そのため処理もれが発生したり、手元が狂って怪我をしてしまったりするリスクはどうしてもあります。粘膜が近く、皮膚が敏感なので、肌荒れなどの肌トラブルも起きやすいです。

また、Oラインは刺激によって色素沈着が起きやすいパーツなので、自己処理を続けることで粘膜やその周辺が黒ずんでしまうおそれもあります。こうしたことからも、やはりOラインはあまり自己処理に適しているパーツとはいえません。自信がない人は無理をせず、素直にプロにお任せした方が良さそうです。

特に光脱毛であれば、ワックスや電気シェーバーでの自己処理とは違って、続けるうちに生えてくるムダ毛の数そのものが減ってきます。厄介な自己処理から開放されるというメリットがサロン脱毛にはあるのです。

自己処理を続けた結果、粘膜に色素沈着が起きてOラインが黒ずんでしまった……と悩む人もいます。無理な自己処理を続けるよりも、思い切ってサロンに通ってしまったほうが、結果的に恥ずかしさを軽減できる可能性もありますよ。

Oライン脱毛の特徴と注意点を正しく知って処理しよう!

Oラインは刺激に弱い部分で、1人ではムダ毛処理がしづらい部位なので、自己処理したい場合は電気シェーバー、ヒートカッター、ブラジリアンワックスが安全なのでおすすめです。

敏感な部位なので肌トラブルや黒ずみが起きやすいので十分注意してください。
サロンで処理してもらう場合は十分気を遣ってくれていますし、Oラインは照射範囲が狭く10分以内で終わってしまいます。光脱毛の場合ムダ毛の数が減っていくことも期待できるのでおすすめです。 ◆◆「全身脱毛サロン銀座カラーのサービスについて詳しくはこちら」◆◆ ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら」◆◆