無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー わきがが恥ずかしいから脱毛に行けない…
悩めるあなたの疑問に答えます!

脱毛の知識

2017.3.6

脇を常にツルツルの状態に保つのは、自力ではなかなか大変なもの。脱毛サロンでの脱毛に憧れる方も多いのではないでしょうか。でも、なかには「わきがだからサロンに行くのが恥ずかしくて…」と悩んでいる方もいるかもしれませんね。そんな悩めるあなたのために、わきがと脇脱毛にまつわる「知りたい!」を集めました。

わきがの人でもサロンで脱毛できる?

日本人の約10人に1人はわきが体質だと言われています。海外では、人種によってはほとんどの人はわきが体質だと言う説もあり、わきがはかなり一般的な体質ということになります。日本でも1つの脱毛サロンがあたり、顧客の10人に1人はわきが体質です。当然サロンの施術スタッフも慣れているはずですし、もしかしたらスタッフ自身が同じ悩みを抱えている人かもしれません。実際多くのわきがに悩む女子が脱毛に挑戦しています。わきがだから施術ができないということはないので安心してください。
多くのサロンで行われている光脱毛であれば、生えてくるムダ毛の量そのものを減らすことができます。脇のムダ毛はわきがの臭いを強める原因になりますので、わきがの改善という意味でも光脱毛はおすすめです。
気になる脇の臭いについては、清潔にしてさえいれば特に心配は不要です。わきがの特徴的な臭いの原因は、アポクリン腺から分泌される汗の成分が菌によって分解されることのようです。汗自体に臭いがあるわけではありません。脇を清潔にし、菌の繁殖を防げば臭いを軽減できる可能性が高いです。そのため脇を清潔にさえしていれば、サロンで施術を受けること自体は問題がないと考えられています。ただ、臭いを気にするあまり、デオドラント剤などを脇に塗った状態で施術をお願いしてはいけません。これは施術をより効果的なものにしたり、トラブルを予防したりするためです。施術を断られたり、無用のトラブルを招いたりしないためにも、サロン側の指示は守るようにしましょう。

サロンの人はわきがを気にしない!?

わきがだからスタッフの反応が気になる…という人もいるかもしれません。果たして、サロンで働くスタッフはわきがを気にするものなのでしょうか。結論から言うと、その可能性は低いといえます。先ほど書いたとおり、わきがはありあふれた体質の1つですし、清潔にしてさえいれば臭いづらくなるものです。また、サロンで脇の光脱毛を行う場合は、事前にシェービングを済ませてくるよう指示を受けるはずです。脇毛にはわきがの臭いを強くしたり拡散させたりする作用があるので、あらかじめきちんと剃っておけばその分だけ臭いづらくなります。サロン側の指示を守り、また身だしなみに気を使っている方であれば、わきがの臭いについてはまず心配ないと考えられるため、安心して施術を受けましょう。施術のときにリラックスすることは、わきがの対策にもなります。わきがの汗には、ストレスがかかると臭いのもとになる物質が増えるという性質があるからです。施術を受ける側としては、あまり悩みすぎないことも大切なのですね。

わきがが恥ずかしいのでサロンに行けない…おすすめの自己処理方法を教えて

それでも「サロンに行くのは恥ずかしい」という人もいるかもしれません。その場合、どのように脇の毛を処理していくのが正解といえるのでしょうか。
ムダ毛の自己処理方法には、除毛クリームやカミソリ、毛抜き、家庭用脱毛器といった手段があります。それぞれメリット、デメリットがありますが、わきが体質の人へのおすすめはカミソリもしくは電気シェーバーによるシェービングです。他の方法と比べて皮膚への刺激が比較的少ないからです。特に電気シェーバーなら刃が直接肌に触れないため、肌を傷つける危険性も低めです。
脱毛クリームを使った自己処理もOKです。ただし脱毛クリームは肌への負担がかかるので、敏感肌の人は避けた方が無難でしょう。毛を抜くタイプの脱毛器以外であれば、家庭用脱毛器もおすすめです。
逆に避けて欲しいのは、毛抜きなどで脇毛を抜くことです。わきがの予防において大切なことの1つに、アポクリン腺から分泌される汗の量を抑えるということがあります。この汗には、ストレスや物理的な刺激によって分泌量が増えるという特徴があります。脇毛の根元には汗腺があるため、毛を抜くことによってアポクリン腺を刺激してしまうおそれがあるのです。わきが体質の人には、毛を直接抜いてしまうようなムダ毛処理は向いていないのです。

セルフ脱毛をする場合のメリット・デメリットは?

比較的ハードルが低い脇のセルフ脱毛ですが、メリットだけでなく、デメリットもあります。以下順番に見ていきましょう。まずセルフ脱毛のメリットは、金額の安さ、および誰に見られることもなく1人で処理できるという安心感にあります。セルフ脱毛に使う道具は、家庭用脱毛器でもない限り数千円もあれば入手可能です。プロ用の機械を使った脱毛サロンよりも、一回あたりの費用は当然抑えられるでしょう。また1人で処理できるというのもメリットと言えるかもしれません。脱毛サロンだとスタッフの手を借りることになりますので、「それが嫌だ」という人にとっては人目を気にすることなくできるメリットは大きいものがあります。ただし、セルフ脱毛はデメリットが多いのも事実です。なかでも一番大きなデメリットは、肌トラブルの多さ。シェービングは脇の黒ずみを起こすおそれがありますし、脱毛クリームは肌荒れを起こしやすいという性質があります。また家庭用脱毛器は、サロンよりも効果が出るまで時間がかかるうえに、使い方によっては火傷などを起こすおそれもあります。脇の皮膚は薄いため、自己流の処理を続けることは深刻なトラブルを招きがちです。確実に、かつ肌に優しく脱毛をしたいなら、プロの施術を受けるのが安心です。特に、脇の肌荒れや黒ずみが気になってきたら、サロンでの脱毛に切り替えることを考えましょう。脇の毛がなくなることは、わきがの臭い軽減にもつながります。我慢して自己処理を続けるよりも、得られるメリットはずっと大きいのです。

わきがを乗り越えてきれいな脇を手に入れよう

わきがの人は悩みがちですが、わきがの人でもサロンで脱毛することはできますしサロンの人はマスクをしているので気にならないものです。
どうしても自分で処理したい人はシェービングがおすすめで、毛抜きでわき毛を抜くことはわきがの原因であるアポクリン腺から分泌される汗の量を増やしてしまうので避けるようにしましょう。
サロン脱毛とセルフ脱毛それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分が納得する方法を見つけてみてください。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら」◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆