無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 脱毛は痛い?箇所によっても
痛みの感じ方が変わるって本当?

脱毛の知識

2017.4.18

脱毛に興味のある人の中には「脱毛は痛い」と思っている人もいるかもしれません。確かに昔の脱毛はとにかく痛いものでした。しかし今では技術の進歩により、痛みの少ない脱毛方法も開発されています。それがサロンでよく行われている光脱毛です。まったく痛みがないというわけではありませんが、今ある脱毛方法の中ではもっとも痛みの少ない方法の1つです。ここではそんな、光脱毛にまつわる「痛み」の問題について解説します。

脱毛サロンの脱毛は痛い?どんな痛み?

光脱毛は、脱毛方法の中では痛みが少ないといわれています。しかしそれでも、多少の痛みを伴うことはありえます。光脱毛では、メラニン色素に反応する特殊な波長の光を使って脱毛効果を得ていきます。カメラのフラッシュライトのような光をイメージしてもらうといいかもしれません。この光がメラニン色素と反応したときに生まれる熱によって、メラニン色素を多く含む毛根に集中して作用させることができるのです。この熱が毛根に作用する際、一瞬だけ高熱が毛根に加わることになります。そのときの熱が痛みとして感じられることになるわけです。その感じ方には個人差もありますが、一般的に肌の表面を「ゴムで一瞬弾いたような痛み」があるといわれています。ただ人によってはほとんど痛みを感じないこともあるようです。適切な出力で照射が行われるため、比較的痛みを感じやすいVIOなどを除き、これくらいの痛みで収まることが多いようです。もしあまりにも痛みが強すぎる場合は、施術の途中でも構いませんので、サロンのスタッフに申告しましょう。なお、最新のマシンでは痛みがほぼないものもありますし、心配な方はサロンで事前にパッチテストをしてもらうといいでしょう。

脱毛経験者が感じた痛みの強い箇所は?

脱毛の痛みについてはパーツによっても差があるといわれています。一般的に肌が薄く敏感なところや毛が太いところは痛みを感じやすい傾向があるようです。また脂肪の層が薄く、骨に近いところも痛みを感じやすいパーツといえます。こうしたことから、胸やお腹、背中など産毛が多いパーツは痛みを感じない人が多いようです。ただし、産毛のような毛が生えないケースでも、皮膚の薄いうなじや、骨に近い指やひざは痛みを感じることがあるようです。一方、メラニン色素を多く含む太い毛が生えてくるパーツは、マシンがよく反応する分だけ他の箇所より痛みを感じやすいです。なかでも、皮膚の薄い脇の下やVIOは他の箇所より痛みを感じる人も多くいます。皮膚がデリケートな上、毛も太いので、二重の意味で痛みを感じやすくなっています。ただ、すべてのパーツの脱毛にいえることですが、施術回数が増えるにつれてだんだんムダ毛の量が減り、またムダ毛自体も細くなってきます。そのため最初は痛みを感じた場所であっても、後半の施術では痛みを感じなくなってくる人も少なくありません。

痛みの感じ方には体質などによる個人差がある

光脱毛の痛みの感じ方には、個人差もあります。痛みへの耐性や肌質などによって、同じ箇所でも痛みの感じやすさが変わってくるのです。たとえば痛みへの耐性は、人それぞれです。痛みに強い人がいる一方、弱い人もいます。自分がどのタイプにあてはまるかによって、同じ程度の痛みでも強く感じるか弱く感じるかは違ってきます。痛みへの耐性だけでなく、肌の質や色も痛みの強さを左右する重要な要素です。肌が丈夫な人よりも敏感な人のほうが、刺激への抵抗力が弱い分だけ痛みが強く出やすくなっています。また色黒の人は、マシンが肌に反応してしまいやすい分だけ、色白の人よりも痛みを感じやすいようです。さらに、もともとのムダ毛の量や生え方によっても、痛みの感じやすさは変わります。剛毛の人、ムダ毛の量が多い人では、産毛のような毛しか生えないような人よりも痛みを感じやすいです。このように、サロン脱毛でどれくらい痛みを感じるかについては、実際に施術を受けるまでわからないところがあります。サロンのスタッフと相談しつつ、自分に一番合った強さで施術を受けていきましょう。もともと痛みがでやすいといわれている場所については、元々そういうものだと割り切ることも大切です。

痛みが怖くて脱毛できない!対策方法を教えて

脱毛に興味がある人の中には痛みに弱く、サロンで施術を受けるのが心配な人もいることでしょう。脱毛の痛みは、工夫次第で軽減することも可能です。必要以上の痛みを感じずに施術を受けるために、注意しておきたいことをまとめました。 1つ目は、肌の調子が悪い時の施術はパスするということです。生理前後や体調不良時などは肌の調子が悪くなります。肌が刺激に弱い状態になっていますので、こうしたタイミングでの施術は避けた方が無難です。
2つ目は、肌の乾燥に注意するということです。肌が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、敏感肌になってしまいます。肌を刺激から守るために保湿ケアを徹底しましょう。特に脱毛後は肌が乾燥しやすいので、顔だけでなくボディもしっかり保湿するようにすることをおすすめします。
3つ目は、絶対に日焼けしないということです。日焼けすると肌細胞の中にあるメラニン色素が増えてしまうので、光脱毛のフラッシュで肌がダメージを受けやすくなります。当然その分だけ痛みも強くなるので、脱毛するパーツの日焼けには注意が必要です。長袖を着る、刺激の少ない日焼け止めを塗るなどの対策で日焼けを防止しましょう。

脱毛の痛みは怖くない!

サロン脱毛の主流である光脱毛は、痛みの少ない施術です。ただ脱毛する箇所や体質によっては、痛みを強く感じることがあります。一般的に「輪ゴムを弾いたような」痛みがあるといわれる光脱毛ですが、実際の感じ方にはかなり個人差があるようです。ただし、脱毛の痛みは日頃の心がけ次第で軽減することが可能なものでもあります。加えて、最新のマシンを使用していたり施術前後のケアに力に入れたりしているサロンを選べば、さらに痛みの少ない施術が受けられるはずです。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー