無料カウンセリング
予約

会員様ログイン

女性専用全身脱毛サロン | 会員サイト

採用情報

銀座カラー 脱毛は痛い!?箇所・方法別に解説!

脱毛の知識

2017.4.18

「脱毛に興味はあるけど、痛みが心配でサロンに行けない」という人は意外に多いかもしれません。実際、毛を引き抜くワックス脱毛はもともと痛い脱毛法として知られていますし、痛みが少ないといわれる光脱毛でも、まったく痛みがないというわけではありません。痛みの感じ方には、脱毛する箇所や個人の体質のほか、脱毛前後のケアなども関係します。正しい知識を持ち、きちんと対策すれば、痛みを最小限に抑えることも可能です。ここでは痛みに弱い人でも安心して脱毛サロンで脱毛できるよう、光脱毛やワックス脱毛の痛みについて解説します。

脱毛は痛い?その理由とは

多くの脱毛方法のうち、サロン脱毛の主流になっているのが光脱毛という脱毛方法です。光脱毛では、メラニン色素に反応する特殊なフラッシュを肌に照射し、脱毛していきます。毛を無理やり引き抜いたり、肌をこすって傷つけたりしないで済むため、脱毛方法の中では肌に優しく、また痛みも少ないといわれています。しかし、光脱毛で感じる痛みには個人差があり、多少の痛みを感じることはありえます。体質や脱毛する箇所によっては、ほとんど痛みを感じずに脱毛できる場合もあるようです。一般的に「輪ゴムを肌の上で弾いたときに痛いと感じるのと同じ程度」といわれていますが、最新のマシンではほとんど痛みを感じないものもあります。他の脱毛法、たとえばニードル脱毛やワックス脱毛に比べると、かなり痛みが少ない脱毛法であることは確かです。光脱毛で若干の痛みを感じる理由は、光脱毛の仕組みにあります。光脱毛で使うフラッシュには、メラニン色素に反応すると熱エネルギーが生まれるという性質があります。そのため、メラニン色素を多く含む毛根に直接作用することができるのです。毛根に直接作用するわけですから、それなりの熱が毛穴やその周囲に伝わることになります。その「熱い」という感覚が、痛みとして感じられることになるのです。熱いとはいっても、光脱毛で使う光は、カメラのフラッシュライトのようなものです。同じ毛穴にずっと熱が加わり続けるということにはなりません。そのため痛みを感じるのも一瞬で済みます。比較的痛みに弱い人でも安心して脱毛できる方法といえるでしょう。また、もし痛みを感じてしまったとしても、各サロンでケアをしてくれるので安心です。
◆◆「関連記事:脱毛に多少の痛みはつきもの?知って安心、脱毛が痛い理由!」◆◆

vio脱毛の痛みを軽減する方法

脱毛箇所のうち、デリケートゾーンは脱毛時に他の箇所に比べると痛みを感じやすい箇所といわれています。痛みの少ないといわれる光脱毛であっても、他の箇所に比べて痛みを感じる人が多いようです。デリケートゾーン、つまりアンダーヘアを脱毛する場合は、3つの箇所に分けて施術を行うのが一般的です。体の前側にあるビキニラインを指すvライン、股の内側の女性器周辺を指すiライン、そしてヒップ奥の肛門周りにあたるoラインです。全部合わせてvioともいいます。それでは、どうしてvioの脱毛は比較的痛いといわれるのでしょうか。それはvioの皮膚が敏感で刺激に弱いうえ、しっかりとした太い毛が生える傾向があるためです。もともと肌が敏感なところは、痛みを強く感じやすくなっているものです。さらに光脱毛で使用するマシンの光は黒色に反応するため、太い毛が生える箇所では毛根に加わる熱の量も増えます。痛みを感じやすいうえに、痛み自体も他の箇所よりも強い、そのことがvioの脱毛が痛いといわれる原因になっているのです。感じ方には個人差があるため、通常の「輪ゴムを弾いたような痛み」よりも痛みが強いと感じる人もいるかもしれません。ただし痛い痛いと言われがちなvio脱毛ですが、事前の心がけ次第で痛みを軽減することは可能です。生理前後や体調不良時など肌が敏感になりやすいタイミングでの施術は避ける、脱毛する場所は十分保湿ケアをしておく、といった簡単な注意点を守るだけでも、施術時に感じる痛みには差が出てくるはずです。また痛みにはメンタル面も大きく影響します。精神論の世界になってしまいますが、もともと「痛いものなんだ」とあらかじめ開き直ったうえで施術を受けることも大切です。痛みに対して準備ができているのとそうでないのとでは、準備ができているほうが痛みは軽くなりやすいです。 ◆◆「関連記事:vioの脱毛の痛みはどれくらい?気になる疑問に答えます!」◆◆

ワックス脱毛もプロにお任せするのが無難

脱毛サロンの中には、光脱毛ではなくワックス脱毛の施術を行なっているサロンもあります。ワックス脱毛は、肌にワックスを塗って乾かし、ワックスを剥がすときに一気にムダ毛を引き抜いていくという脱毛方法です。光脱毛に比べると痛いと感じることが多い脱毛方法にはなりますが、サロン脱毛のなかでは施術費用がリーズナブルなのが魅力です。比較的低コストながら、広範囲のムダ毛を一気に処理でき、かつツルツルの仕上がりが期待できます。また光脱毛では処理できない、粘膜部分のムダ毛を処理できるというのもワックス脱毛のメリットです。このワックス脱毛は、わざわざサロンにまで行かなくても、市販のワックスを使って自宅で行うことも可能です。なかにはワックスから手作りしている人もいます。自分でできれば、サロンの施術を受けるよりもより安価にワックス脱毛することができそうですね。市販されている脱毛用ワックスには、水性ワックスと油性ワックスがあり、それぞれ性質がまったく違います。水溶性ワックスは初心者でも扱いやすい代わりに、肌への密着性が弱いです。逆に油性ワックスは肌への密着力が強い分だけ、使用後にクレンジングが必要になるなどやや上級者向きのワックスです。脱毛したい箇所や肌質などを考えて、自分にもっとも合ったワックスを選ぶようにしましょう。ただしセルフで行うワックス脱毛は、ムダ毛の自己処理のなかでも難易度が高いものです。プロは脱毛したい箇所によって、これらのワックスを適切に使い分けますし、さらに毛の流れや量によっても、ワックスの塗り方や量を加減しています。そうすることで初めて、短時間できれいに毛を抜くことが可能になるのです。そのためワックス脱毛をしたい人も、脱毛サロンに行ったほうが痛みは少なくて済む可能性が高いといえます。 ◆◆「関連記事:お手軽だけど痛い!?ワックス脱毛のメリットとデメリット」◆◆

箇所や体質によって痛みの強さが変わる?

脱毛した際に痛いと感じるのは、脱毛したい箇所、あるいは個人の体質などによっても感じ方が変わってくるといわれています。たとえば光脱毛の場合、痛みを感じやすいといわれる箇所はある程度決まっています。具体的には、脇や眉毛、vioといった太い毛が生えている箇所や、ひざ下や指のように脂肪が少なく骨が近い箇所、さらにうなじなどもともと皮膚がデリケートな箇所です。逆に、細い毛が生える胸やお腹、背中などは比較的痛みが出づらい箇所だといわれています。もちろん脱毛する箇所以外の要素も、痛みの強さを左右する重要な要素です。まず痛みに対する強さには、生まれつき人によって差があります。同じ痛みでも強く感じる人とそうでもない人がいるのです。さらに、肌の色や状態によっても痛いと感じる強さは変わります。光脱毛の光はメラニン色素に反応するため、もともと地黒だったり日焼けしたりしている人は、痛みを感じやすくなります。また肌が弱い人は肌が刺激に弱くなっている分だけ、光脱毛の刺激にも敏感に反応してしまうでしょう。さらにムダ毛の生え方や毛の質によっても、痛みの感じ方には差が出てきます。剛毛の人と産毛のような毛しか生えない人とでは、光脱毛の特性上、当然剛毛の人のほうが痛みは強くなります。このように脱毛の痛みには、かなりの個人差が出てくるものです。痛みがほとんどない人もいれば、逆に強く感じる人もいます。もっとも光脱毛は他の脱毛法に比べて痛みの少ない施術です。マシンの出力が抑えられている分だけ肌への作用も穏やかですし、ワックスのように肌の角質を傷つけるおそれもありません。肌が敏感になっている時の施術を避けたり、あるいは保湿ケアや紫外線対策といった事前準備・アフターケアを徹底したりすることで、さらに痛みを減らすことも可能です。痛みに弱い人でも安心して受けられるのが、脱毛サロンの光脱毛だといえるでしょう。 ◆◆「関連記事:脱毛は痛い?箇所によっても痛みの感じ方が変わるって本当?」◆◆

痛いのが嫌ならサロンがおすすめ

光を当てるだけで脱毛できる光脱毛は、脱毛方法の中でも痛みが少ないといわれている施術です。脱毛したい箇所や体質によっては痛みが強く出ることもありますが、人によってはほとんど痛みを感じずに脱毛できます。光脱毛の痛みは、保湿や肌などのケアによってさらに軽減が可能です。こうしたケアに力を入れているサロンを選ぶようにすれば、痛みに弱い人でもより安心して脱毛施術を受けることができるはずです。 ◆◆「脱毛なら銀座カラーがおすすめ!詳しいプラン・料金はこちら◆◆ ◆◆「銀座カラーのお得な脱毛キャンペーンはこちら!」◆◆

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー

この記事に関するタグ

すべてのカテゴリー