銀座カラーこっそり教えます!プロの専門知識

人気読者モデルが教える、この秋冬に絶対流行るヘアメイク

いま、10~20代の女の子から支持されるのは、アイドルでもタレントでもなく、「読者モデル」や「サロンモデル」と呼ばれる子たち。芸能人よりも身近で、でも芸能人と同じくらいにかわいい読モやサロモは、同年代の女の子の憧れです。そこで今回は、人気読モ&サロモとして活躍している濱田あおいさんにインタビュー。読者モデル・サロンモデルならではの美容法やメイク術などを教えてもらいました。

 

新しい自分を発見できるから、モデルの仕事は楽しい

―読者モデル、サロンモデルをやっていて楽しいことはなんですか?

 

楽しいのは、新しい自分に出会えることです。私はもともと赤文字系の雑誌で読者モデルをやっていて、自分でも赤文字系のばっちりメイクが似合うと思っていたんです。でも最近、青文字系の雑誌でモデルをすることも増えてきて、ナチュラルメイクやリップ、チークをメインにしたメイクをしてみると、そういうメイクも意外と似合うんだってことがわかって。いろんなメイクやヘアにしてもらえるのは楽しいですね。

今気になるのは「ショコラカラー」と「シアーなチーク」

―秋冬に流行りそうなメイクは?

 

最近秋冬の撮影でよく見かけるのは、「ショコラカラー」。濃いブラウン系のアイメイクが多いので、これは流行るんじゃないかなと思っています。あと、チークはシアーで軽い感じになってますね。眉は変わらず太めなんですけど、今までよりも自然さが必要な気がします。いかにも描きました! という太眉じゃなくて、もっとナチュラルな感じ。

 

―ヘアの流行は?

 

これは春夏からなんですけど、「レイヤーヘア」がすごく多いので、秋冬もレイヤー系は人気になりそうです。あとは、前髪長めのボブもまだ人気ですね。アレンジ系なら、ピンを使ったものとかが簡単でおすすめ。ゴールドのアメピンをランダムに複数挿したり、三角形に挿したりするアレンジは、撮影でもプライベートでもよくやりますよ。

 

―ヘアの撮影が多いと、髪の傷みは気になりませんか?

 

そうですね。サロンでトリートメントをやってもらったりもするんですけど、一番いいのは「傷んで見えないカラーリング」にすること。黄色やオレンジ系のカラーって、傷んで見えやすいんです。なので、サロンでカラーをするときに、「(傷んで見えないように)黄色やオレンジ系の色は避けてほしい」って美容師さんにお願いするといいと思います。

キュレーターとしても活動中

―最近ハマっていることなどはありますか

 

モデル活動以外に、キュレーターとしての活動も始めたんです。まとめサイトで、新しいコスメのレビューをしたり、気になったことを記事にしています。最初は記事を作るのに3時間かかったりして大変だったんですけど、今は1時間くらいでできるようになって。楽しみながらやっています。

 

まだ若いのに、とてもしっかりしている濱田さん。モデルを始めたばかりのころは、撮影の前日に、1冊の雑誌を隅々まで見て、鏡の前ですべての写真をマネしながら、ポージングの練習に励んでいたそう。そういう努力家な部分が、濱田さんの人気につながっているんですね。

 

次回は、濱田さんがモデルとして気をつけている肌のケアについて、詳しく教えてもらいます。

TOP