銀座カラーこっそり教えます!プロの専門知識

人気読者モデルhitoさんが実践している、美容法&メイク術

青文字系ファッション誌のモデル、ヴィンテージショップGrimoire(グリモワール)のショップスタッフ、フォロワー10万人以上をかかえるインスタグラマーと多くの顔を持ち、同世代の女の子たちから絶大な人気を得ているhitoさんにインタビュー。

 

前回はhitoさんのライフスタイルについて伺いましたが、今回はビューティ面をピックアップ。モデルとして意識している美容法やメイク術を教えてもらいます。

 

「やさしく見えるメイク」を実践中

ーメイクで気をつけているポイントなどを教えてください

 

アイメイクに力を入れるとどうしてもきつい印象になってしまうので、できるだけやさしく見えるように、ブラウン系のアイメイクをすることが多いですね。そのかわり、リップメイクには色を使うようにしています。でも、赤リップだと強くなってしまうので、ピンク系のリップを使うかなぁ。接客業なので、話しかけやすい雰囲気を大切にしています。

 

ーなるほど。ショップでは立ち仕事も多いと思うのですが、ケアはしていますか?

 

やっぱり足のむくみが気になるので、お風呂に入りながらのマッサージは欠かせません。顔のケアだったら、カッサを使ったマッサージがおすすめ。私はサロンでやってもらうんですけど、むくみがとれて顔がスッキリするんです。

モデルとして、「脱毛」は気になるポイント

ーモデルという仕事柄、肌を露出する機会も多いと思いますが、ボディケアで気をつけている点は?

 

夏は仕事でもプライベートでもノースリーブの服を着たりするので、ムダ毛には気を遣っています。家庭用の脱毛器も持っているんですけど、やっぱり自分だとうまく処理できなくて肌を傷めてしまうことも多いので、サロンで脱毛したいなと思いますね。

 

ー脱毛は未経験ですか?

 

ワキだけは脱毛済みなんですけど、ほかの部分はまだで。モデルをやっていると、脱毛しておけばよかったなって思うことはよくあります。とくに、冬に夏の衣装を着て撮影するときなんかは、ムダ毛の処理を忘れちゃってて、撮影現場で「あ、どうしよう……」って思うこともあるんですよね(笑)。モデルの友だちは、足とか腕とか見える部分を脱毛している子が多くて、肌もツルツルになるし、羨ましいなぁって。

 

ーいま脱毛に通っていないのは、なにか理由があるんでしょうか。

 

行きたいんですけど、なかなか時間が取れないんです。私の場合は、モデルの仕事とショップの仕事があるので、脱毛の予約を取るのが難しいんですよね。ワキの脱毛に通っていたのは大学生の頃だったんですけど、ワキだけじゃなくほかの部位も脱毛しておけばよかったなと、ちょっと後悔してます。働き始めると時間がなくなってしまうので、自由な時間がたくさんある学生時代に脱毛しておくと、社会人になったときに楽ですよ!

 

hitoさんも言うように、脱毛をするなら時間に余裕のある学生時代がぴったり。ツルツルのきれいな肌を手に入れるためにも、さっそくサロンに通ってみては?

TOP