銀座カラーかんたんカワイイおいしい 今週のおうちごはん

つくり置きもOK!お手軽ケージャンレシピ

ケージャン料理とはアメリカ南部ルイジアナ州で発達した郷土料理です。今年の忘年会はお鍋一つでできるケージャン料理の定番、ガンボスープはいかがでしょうか。ガンボスープとはたくさんの野菜、魚介、鶏肉を煮込んだシチューのようなもので、ご飯にかけてカレーライスのように食べられます。

 

本場ルイジアナでは、一度にたくさんのガンボスープをつくって大勢の人をもてなし、パーティーをするそうです。スパイシーな味つけは病みつきになること間違いなし!

 

 

シーフードガンボ

ルーを焦がさないように気をつけましょう!

 

【材料 4人分】

たまねぎ(中) 1/2個

セロリ 4本

緑パプリカ 1個

ニンニク 4かけ

鶏もも肉 200g

エビ 16尾

カニ缶 1缶

溶かしバター 120g

薄力粉 120ml

ウスターソース 大さじ2

タバスコ 小さじ1

塩 大さじ1

クミンパウダー 小さじ1

黒コショウ 適量

ネギ 適量(トッピング用)

ご飯(ジャスミンライス) 4膳分(なければ通常のご飯でも可)

 

【作り方】

① たまねぎ、セロリ、緑パプリカは1cm角のさいの目切りにする。ニンニクはみじん切り、鶏もも肉は一口大に切る。エビは背ワタを取る。ネギは小口切りにする。

② 大きめの鍋に溶かしバターと薄力粉を入れ弱火にかける。焦がさないようにピーナッツバター色になるまで約15分ほど泡だて器で混ぜながらダークルーをつくる。

③ ②のダークルーにたまねぎ、セロリ、緑パプリカ、ニンニクを加え、さらに5分ほど柔らかくなるまで炒める。

④ ③に熱湯800mlを入れ強火にかける。沸騰したら弱火にして、鶏もも肉、エビ、カニ、豚ひき肉を加え20分ほど煮る。

⑤ ウスターソース、タバスコ、塩、黒コショウ、クミンパウダーで味をつける。器に温かいご飯を盛って、ガンボスープをかけ、ネギをトッピングする。

 

ベニエ

ニューオーリンズ定番のスイーツ”ベニエ”、穴のないドーナッツです。

 

【材料 6~8個分】

牛乳 80ml

卵黄 1個

溶かしバター 20g

バニラエッセンス 小さじ1/2

薄力粉 100g

ベーキングパウダー 小さじ1.5

砂糖 大さじ1

塩 小さじ1/4

パウダーシュガー 適量

 

【作り方】

① ボウルにひと肌に温めた牛乳、卵黄、溶かしバター、バニラエッセンスを混ぜる。

② もう一つのボウルに薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をふるい入れる。①の液体を少しずつ加え、混ぜ合わせる。

③ スプーンで②のベニエ生地を、低温(160~170℃)の揚げ湯にすくい入れる。約3~4分ずつきつね色になるまで揚げ、キッチンペーパーに取り上げ、油をきる。温かいうちにパウダーシュガーをかける。

 

ガンボは寒い冬にピッタリ、体に芯から温まります。前日につくって、冷蔵庫で寝かせておいても味がしみ込んで美味しいですよ。

 

 

TOP