銀座カラーかんたんカワイイおいしい 今週のおうちごはん

和風でお箸もすすむ。夏バテ予防の朝食プレート

150705_main

食欲が減退する時期は、偏った食事になりがち。今週は、手軽につくれて夏バテ予防にも効果的な朝食プレートです。

 

体の調子を整えるビタミンCや、疲労回復効果が期待できるクエン酸などをしっかり摂りましょう。

 

150705_sub

 

あじの夏野菜マリネ

前日から作れて、お酢のクエン酸効果で夏バテ予防。

 

【材料】

 あじ(三枚卸) 1尾分

 塩・コショウ 少々

 薄力粉 小さじ2

 ピーマン 1個

 たまねぎ 1/4個

 ミニトマト 2個

 油 適量

 塩・コショウ 少々

 

 <A>

  オリーブオイル 大さじ2

  酢 大さじ2

  塩・コショウ 少々

  (あれば)ローリエ 1枚

 

【下準備】

・あじに塩・コショウをふり、焼く前に薄力粉をまぶしておく。

・ピーマンは千切り、たまねぎは薄切り、トマトは半分に切っておく

・深めの入れ物に<A>を合わせておく。

 

【作り方】

① フライパンに油を熱し、ピーマン・たまねぎ・ミニトマトを炒め塩・コショウで味付けし、野菜がしんなりしたらAに漬ける。

② 1のフライパンであじを皮面から焼き、焼き色が付いたら裏返し火を通し、Aに漬ける。

③ 粗熱がとれたら、冷蔵庫で冷やす。2〜3日程日持ちします。

 

 

ゴーヤとひじきの炒り豆腐

体の調子を整えるビタミンCが豊富なゴーヤを豆腐であえた簡単メニュー。

 

【材料】

 ゴーヤ 30g

 乾燥ひじき 3g

 きゅうり 1/4本

 絹豆腐 50g

 めんつゆ 大さじ1

 

【下準備】

・ゴーヤは薄切りにし、塩を振って5分程置いたら水気をしぼる。きゅうりは千切りにしておく。

・ひじきは水で戻し、水気を切っておく。

・絹豆腐は電子レンジで1分加熱し、水気を切っておく。

 

【作り方】

具材と豆腐を崩しながら混ぜ合わせ、めんつゆをふりかける。

 

 

卵と梅干しのスープ

梅干しもクエン酸が豊富。さっぱりとした味が夏にぴったり。

 

【材料】

 溶き卵 1個分

 梅干し 1個

 かいわれ大根 1/8パック

 

 <A>

  出汁 200cc

  しょうゆ 小さじ1

 

 塩・コショウ 少々

 白ごま 適量

 

【作り方】

① 鍋にAを入れ、沸騰したらちぎりながら梅干し・食べやすい大きさに切ったかいわれ大根を入れ、塩・コショウで味をととのえる。

② ひと煮立ちしたら溶き卵を加え、白ごまをふりかける。

 

 

◆玄米ご飯

疲れの元となる乳酸をエネルギーに変えるビタミンB系が豊富。

 

 夏バテになる原因のひとつは、栄養不足。つい食欲がないからとゴハンを抜いたりすると、ますます疲れてしまいます。暑い夏を乗り切るためにも、日々の食事を大切に!

 

 

TOP