敏感肌のワタシでも光脱毛できますか?

肌の乾燥・トラブル・ゆらぎ︎

「ニキビや赤味が出るようなトラブル肌じゃないんだけど、何となくいつもと違う感じがする。」というのは「ゆらぎ肌」かもしれないよ。普段の肌よりもカサカサしたり、ピリピリする、ハリがないような感じがするのは、一時的にお肌が敏感になっている状態。

季節の変わり目・体調の変化で見られることが多くて、最近特に、肌の敏感さを自覚する女性が増えているの。肌が敏感だったり、肌に悩みがあると、脱毛の施術に不安を感じちゃうよね。もちろん光脱毛を受けられる可能性は大いにあるから、カウンセリングで相談してみてね。

相談する前に諦めないで︎

敏感肌でも、比較的刺激がマイルドな光脱毛なら始めやすいよ。ニキビがポツンとできている程度なら、その部分を避けて照射。治るまで通えないなんてことはないよ。ムダ毛が減ることで毛穴がつまりにくくなるから、背中のニキビが改善したりするメリットもあるよ。

アトピー性皮膚炎で自己処理を続け色素沈着があった人が、光脱毛で改善したというケースも。また、皮膚科に通院していて塗り薬を使っている人は、施術できない場合もあるよ。サロンのカウンセリングでは、自分の症状を伝えながら相談してみてね。 まずは、できるかどうかをプロに聞いてみようね。

>>銀座カラーの無料カウンセリングの流れはこちらから

敏感肌の人ほど
光脱毛がオススメ

剃る、抜くなどの自己処理を長く続けていたことが原因で、肌を傷めたり、バリア機能が低下しちゃって敏感肌を助長することもあるんだよ。光脱毛で自己処理の回数が大きく減ることで、肌の状態が改善することも多いよ。

ちなみに、クリニックのレーザー脱毛は光脱毛に比べて出力が高いから、敏感肌の人には刺激が強すぎることも。光脱毛は、肌がデリケートな人にも痛みや刺激が少ないからおすすめだよ。

銀座カラーの肌ケアは、「脱毛しながら肌ケアする」ことを大切にしているの。ぷるっともちもちの肌感にするだけじゃなくて、「乾燥肌で痛みを感じやすい」「脱毛効果が出にくい」などの、様々な肌のお悩みにも効果的だよ。

>>銀座カラーの保湿ケアの詳細はこちらから

光脱毛とシミの関係は?

光脱毛をすると、シミができる、シミが濃くなる…。そんなウワサ、聞いたことある?ただでさえ、敏感肌の人はシミができやすいから心配だよね。

脱毛専門サロンの光脱毛は、IPLっていう、美容皮膚科でやっている「フォトフェイシャル」と同じ原理みたい。フォトフェイシャルは、シミとかメラニン色素の多いところに強く反応して、肌のターンオーバーを促すんだって。人によっては、肌の表面にまだ現れていないけど肌の奥に潜んでいるシミ、いわゆる“潜在シミ”に脱毛の光が反応して、一時的にシミが浮き上がることがあるけど、肌のターンオーバーと一緒に薄れていくから大丈夫。濃いシミやソバカス、先天的なほくろやアザは火傷とかのリスクがあるから、銀座カラーではその部分を避けて施術をするよ。

TOP