白髪や脱色した毛、うぶ毛も脱毛できる?

白髪はNG?!
光脱毛が出来ない理由︎

「し…白髪は光脱毛出来ないの?」と驚きの声が聞こえそうだけど、本当なの。なぜなら脱毛の施術に用いられる光は、黒いメラニン色素に反応するから。

なので、毛根でメラニンがつくられなくなった白髪や、脱色剤などで色を抜いた毛に照射しても、効果はゼロ。20代後半〜30代の若い女性の中にも、「1〜2本白髪が残って気になる〜。」という人が意外に多いんだよ。もし、どうしても完全にツルツル処理したいという場合は、電気を流して毛根を処理する「ニードル脱毛」をするという選択もあるみたい。

「ニードル脱毛」の基礎知識︎

「ニードル脱毛」はメラニンを含まない毛にも対応できて、確実に毛を処理できるというメリットがあるよ。以前の主流だったんだけど、毛1本1本に特殊な針を沿わせて電気を流す施術方法で、時間もコストも掛かって、痛みも光脱毛より強く感じる人が多いんだよね。もちろん、個人差はあるから、一概には言えないけど、最近は扱っているサロンやクリニック自体が減ってきているのは本当だよ。できれば白髪が増えないうちになるべく早く、光脱毛を済ませておきたいよね。

それから、ムダ毛を脱色している場合は、光脱毛を決意したらすぐに脱色をストップ。本来の黒い色の毛が生え揃って、脱色剤でダメージを受けた肌が落ち着くまで期間が必要になるから、気をつけてね。

うぶ毛脱毛は、どこまで求めるかがキー

細くて色も薄いうぶ毛は、メラニン色素の量が少ないから、脱毛の光が反応しにくいの。ほとんど目に見えないような薄い色のうぶ毛は、光脱毛では処理することができないんだよ。ただ、それくらいだと生えていても気にならないから、脱毛する必要もないんだけどね。

顔や背中など、黒く見えるうぶ毛が生えている所は光脱毛の恩恵を受けられるから積極的に受けて欲しいな。もともとの毛の状態や、薄くしたい・完全にツルツルにしたいなどの希望によっても回数は変わってくるけど、毛の質や量は確実に変わるよ。

体毛の生え方は、部位によってさまざま。本当に人の身体っておもしろいよね。

>>顔のうぶ毛脱毛ならこちらから

アジアの技術!光脱毛のヒミツ

メラニン色素に反応する光脱毛の技術は、日本をはじめアジアで進化してきたものなんだよ。メラニンをほとんど含まない白人の金髪や、肌そのものにもメラニンを多く含む黒人の肌には、光脱毛を行うことができないの。

肌に比較的メラニンが少なくて、メラニンを含んだ黒い髪(毛)が特徴のアジア人だからこその性質を上手にとらえた、光脱毛の技術。その効果を実感出来るのはアジア人ならではというからびっくりだよね。広範囲で処置が出来て、しかも短時間で出来る光脱毛。せっかくある技術を利用しないのは、かなりもったいないかもね。

TOP