本音!VIOラインの処理について

そもそもV・I・Oラインって
どこの部分?︎

ワキ・脚・腕と同じように注目されているのがデリケートゾーンの脱毛処理。ここも自己処理の仕方によっては、トラブルの原因になったりするから他の箇所と同時スタートを考えてもいいかもね。

デリケートゾーンはV・I・Oラインの3つ。
Vラインは、デリケートゾーンの前側に生えているムダ毛の両サイド。
iラインは、脚の付け根に沿ったところ。
Oラインは、おしりの穴周りの部分だよ。

粘膜部分は脱毛が出来ないから、iラインやOラインは粘膜と肌の境目までだよ。 サロンによっては、Vラインの上部とサイドを別箇所にしたり、Oラインの脱毛を扱わないところもあるから確認しておこうね。

キッカケは水着、
下着、生理の時︎

デリケートゾーン脱毛のキッカケは、「Vラインの毛が下着や水着からはみ出すのが気になって…」という人がほとんど。
間違った自己処理をすると、毛周期が乱れちゃったり、毛の範囲が太もものほうまで広がっちゃうことも。早めにサロンでの脱毛に切り替えて自己処理から解放されたいよね。

はじめはVラインだけ脱毛していた人でも、あまりの快適さに感激してiラインとOラインも追加する人も多いよ。短期間で効率的に脱毛するためにも、V・I・Oはセットで取り組むのがいいかも。iラインとOラインを脱毛すると、生理のときにムレにくくて、雑菌が繁殖しにくく、ニオイが軽減するなど、衛生面でもメリットがあるよ。

>>ビキニラインの脱毛のキッカケならこちらもチェック

形・デザインも大事なポイント

施術前は「デリケートゾーンのデザインなんて考えたことがなかった!」という人がほとんどなんだけど、いざ、お願いします、という時には、どういう形になるのかサロンで相談しながら進められるから大丈夫だよ。

基本的にはVライン横のショーツラインを削るように脱毛するけど、必要に応じて上側のラインも整えたり、縦幅を狭めたりすることも出来るよ。毛を残す範囲を狭くするほど、下着から毛がはみ出しにくくなって便利。でも、あまりに狭すぎると不自然になるから、大勢のお客様の対応をしているエステティシャンに聞いてみてね。

たとえば、小さめの下着・水着のアンダーショーツから毛がはみ出さないくらいがちょうどいい感じ、とか。プロの目線からのアドバイスは、アナタの自信にもつながるよ。仕上がりの形は、本来の生え方に沿った小さめの逆三角形が自然だったり、やや丸みを持たせた楕円型も女性らしい印象になるよ。最後の決め手は、自分の好みでね。

全部剃ってからの照射もアリだよ

デリケートゾーンも、毛の密度が人によって差がある部分。
だから、はじめの何回かは全ての毛を剃って光を照射して、全体的な毛の濃さ・量がある程度減ってきたら、形を整えていくパターンもありだよ。

毛が多くてチクチクしがちな人や固くゴワつく毛質もかなり軽減するようになるよ。光脱毛なら、Vラインの毛量をコントロールして減らすことが出来るからカウンセリングで相談してね。

>>銀座カラーのVIO脱毛コースはこちらから

TOP