自己処理のメリット・デメリット

自己処理「剃る」
メリット・デメリット︎

自己処理の仕方は「剃る」「抜く」「溶かす」「脱色」の4つがあるんだけど、それぞれにメリット・デメリットがあるから、1つずつ紹介していくね。

まず「剃る」方法は、カミソリや電気シェーバーを使うパターン。一番お手軽だから、この方法で処理している人は多いと思うの。 一般的なカミソリはムダ毛とともに肌の表面を削っちゃうから、カミソリ負けなどのトラブルを起こしがち。頻繁に処理することによって、肌へのダメージにダイレクトにつながっちゃうよ。

ちなみに脱毛専門サロンでは、電気シェーバーを使った自己処理をすすめているの。身体のムダ毛を処理するためだけど、フェイス用のI字型のものがベストだよ。

自己処理「抜く」
メリット・デメリット︎

「抜く」方法にもいくつかパターンがあるよね。
毛抜きやワックス、ムダ毛を挟んで抜き取る方式などいろいろ。毛を根元から引き抜くので、次に毛が生えるまでの持ちはいいけど、やっぱり痛い。もちろん、肌と毛穴へのダメージは大きいよ。長く続けている人ほど、毛穴がポツポツと盛り上がって鳥肌状態になったり、色素沈着を起こすことがあるの。肌内部に毛が埋もれて炎症を起こす「埋もれ毛」のトラブルも起こりがち。

「ブラジリアンワックス」は、ワックスでデリケートゾーンの毛をいっきに引き抜く施術方法で、海外のサロンで多く採用されて話題になったよね。直後からツルツル感を実感できるけど・・人によってはかなり痛くて続けられないって声も多いよ。

自己処理「溶かす」
メリット・デメリット

「溶かす」方法は、肌の表面に見えている毛を薬剤で化学的に分解しちゃうの。
この場合は「除毛クリーム」を使うのが一般的だよ。薬剤特有のニオイがイマイチだけど、ここ数年でかなりマイルドに改良されてるよ。

具体的には、クリームを塗ってから数分後に洗い流すだけ。お手軽だし、抜く方法と違って痛みはないけど、薬剤が肌に合わないこともあるから、お肌の弱い人は避けた方がいいかもね。また、使えるのは腕・脚の毛のみに限定されているものが多いから、ワキやデリケートゾーンには塗らないでね。溶かす程の威力があるってことは、肌に影響がないわけが・・・ないって想像ができるよね。

自己処理「脱色」
メリット・デメリット

「脱色」は髪のブリーチと同じで、肌表面に生えている毛の色を薬剤で明るくする方法。物理的な刺激はないけど、除毛クリームみたいに薬剤が肌に合わないことがあるから気をつけてね。あと、毛が伸びてくると脱色した部分と黒い部分の境目が目立っちゃって、不自然に見えるのも、髪の毛と同じだよ。

自宅で使える脱毛機器は、途中で面倒になってサロン脱毛に切り替える人も多いんだって。せっかく買ったのに切り替えるくらいなら、家庭用の脱毛器の購入の前にまずは脱毛専門サロンでカウンセリングを受けてみて。きっと、相談して良かったって思うはずだよ。

>>サロン脱毛のメリットならこちらから
>>銀座カラーの無料カウンセリングの流れはこちらから

TOP