脱毛中の自己処理・脱毛後の自宅ケアについて

サロンに通っている間のむだ毛は
抜かずに剃ろう︎

サロンでは、約1〜3カ月に1回のペースで施術をするよ。毛を抜いてしまっていると光が反応する対象がなくなるので、毛を抜く自己処理をしている人は、抜くことをやめて剃る処理に切り替えてね。

サロンに通っている間でも、毛が薄く細くなってくるまでは自己処理は必要な場合も。カミソリでシェービングする時は、入浴後など肌が清潔な状態で。くれぐれも深剃りをしないように、やさしく刃をすべらせるように使おうね。シェーバーの後はボディローションやクリームなどで保湿ケアを忘れずにね。

>>銀座カラーの施術の流れはこちらから

脱毛後の自宅ケアは?︎

脱毛サロンでの施術は約1〜3カ月に1回が目安。その間のケア次第で脱毛の効果も変わってくるから、毎日の保湿や刺激・摩擦を与えないように心がけてね。そうすると脱毛効果をより実感するようになって、気になる黒ずみの対策にもなるよ。

施術後少なくとも3日間は特に刺激を抑えて、肌を落ち着かせてね。体の血行が良くなるほど赤みや炎症が起こりやすいので、特に施術当日の夜は安静を心がけてね。激しい運動や飲酒は避けて、お風呂のときも湯船には入らずぬるめのシャワーのみで済ませてね。体を洗うときは、たっぷり泡立てたボディソープで。タオルやスポンジでゴシゴシこすると摩擦で色素沈着しやすくなるので、手のひらでなでるように優しく洗ってね。刺激になりがちなスクラブケアも、しばらくはお休みしてね。

施術後の自宅ケア
<デリケートゾーン編>

デリケートゾーンの肌は顔よりもさらに薄くて、潤いを保つ角層は半分ほどしかないと言われているの。 ただでさえ刺激を受けやすい部分なのに、脱毛後はますます過敏になりがち。サロンでも十分にクールダウンをしてくれるけど、赤みやほてりが気になる場合は、帰宅してからも濡れタオルなどで冷やしたりして対処してね。

そうそう、施術後は肌を圧迫したりムレたりするのも良くないので、施術当日はタイトなパンツやストッキングではなく、なるべくゆったりとした服装がおすすめ。下着やトイレットペーパーの摩擦による刺激は肌の黒ずみの原因になりかねないよ。全部がキレイにつながる気配り。一歩ずつ大人の女性に近づいていく感じかな。

摩擦やムレは大敵!
専用コスメも試す価値あり

デリケートゾーンは常に下着で覆われているので、ムレやすく雑菌が繁殖しやすい環境なの。恥ずかしいからと言って放っておくと、痒みや赤みの原因になったりするから、サロンに通っている間は特に清潔に保つように意識してね。

最近は、デリケートゾーン専用のコスメも増えてきているよ。肌にとって理想的なpH値を保ちながら汚れを落とす洗浄料や、日中のムレ対策やエチケットケアに使えるウェットコットン、黒ずみをケアするクリームなど。粘膜が近い部分に使うことを考えて、天然成分にこだわったものも多いよね。オーガニックコスメを扱うショップや、ドラッグストアなどでも買えるから、薬剤師さんに相談してみるのもありだよね。

>>施術までの事前準備についても、あわせてチェック

TOP