生理・妊娠。脱毛とホルモンバランスの関係

生理の時、脱毛していいの?︎

ホルモンバランスが不安定になる生理の時期は、イライラしたり落ち込んだりして自分でコントロールできないことを実感する女子は多いはず。
生理中の脱毛は避けた方がいい場合もあるけど、ビキニライン周辺以外なら施術できるよ。ただ、肌が敏感になっていると感じているときは絶対に無理をしないでね。

それと、閉経後にホルモンバランスが変化して脚や口まわりの毛が濃くなったという理由で脱毛を始める女性も多いんだよ。 光脱毛は何歳からでもスタートできるから、母娘で通うケースも多いの。ちなみに、白髪になってしまうと光脱毛の効果が得られなくなっちゃうから気をつけてね。

妊娠したら一時中断。産後に再開︎

サロンでの光脱毛は、終了までにある程度時間がかかるもの。その間に妊娠・出産を経験するのは珍しくないことなの。
妊娠すると、肌も敏感になりやすくて、特にホルモンバランスが大きく変化するから脱毛は一時中断してね。しばらく脱毛からは離れることになるけど、生理が戻ったら大丈夫。

脱毛の再スタートは、出産後に生理が2回以上順調にきてからなら大丈夫。焦らずに時期を待ってね。 生理が戻って、授乳している時でも脱毛したい!という人は出来る範囲が限られるけど施術を受けられるよ。ただ、NGの箇所が3カ所。「乳輪周り」「胸」「両ワキ」は授乳を終えてからのケアになるから気をつけてね。

妊娠したら
すぐにサロンに伝えてね

妊娠していることがわかったら、光脱毛はしばらくお休み。脱毛の光が赤ちゃんに届くことはないけど、妊娠中はホルモンバランスが不安定になり、体調も安定しないから。

脱毛をお休みする場合、通える期間が決まっているコースでは、妊娠・出産のあいだに期限が過ぎてしまうことも。コースを申し込む時に、途中でお休みを挟んだり期間を延長したりすることができるか、事前に確認しておくといいよね。

銀座カラーでは回数制のコースや期間無制限の脱毛し放題コースもあるから、妊娠・出産以外にも、肌の調子が悪くて数回お休みしたり、留学や出張などで通えない期間でも、追加料金がかからないから安心だよ。

妊娠・出産期間は
毛の状態も変化が!

妊娠・出産のあいだはホルモンの影響で、毛の濃さも変わるものなの。お腹のうぶ毛が濃くなったりする人もいるよ。妊娠中は無理に自己処理しないで、出産後に体のバランスが落ち着くまで様子を見てね。

また、出産後は髪の毛などが抜けやすい時期もあるよ。しばらく経つと、体毛の状態は徐々に元に戻るけど、しばらく眠っていた毛包が活動を開始して、太い毛が生えてきたりする人も。授乳中もホルモンバランスが安定していないので、乳腺に近い胸やワキの脱毛は避けて施術するよ。

本当に妊娠・出産は女性の一生の中でも大きなイベント。出産後の肌や毛の状態にもフレキシブルに対応してくれるコースや技術を持ったサロンを選んで、不安要素は少しでも少ない方がいいよね。

TOP