ワキ毛を脱毛したら、ノースリーブも怖くない!

煩わしい自己処理から
解放されたい︎

みんなが見てないようで、実はしっかりと注目されているのがワキの部分。清潔感溢れるノースリーブを、爽やかに着こなす大人の女性に憧れるよね。 そんなワキの自己処理をずっとしていると、黒ずみの原因になったり、妊娠・出産を機に、ワキの黒ずみが出てきて困った、という体験談もあるから、早めに考えておくといいと思うよ。

ちなみに、ワキの脱毛処理をした後、ワキの汗が増えたように感じる人もいるけど、これは汗が肌にそのまま残ることで、汗を感じやすくなるからなの。ワキ汗でシャツの汗染みも気になるから、夏はワキ脱毛でノースリーブを綺麗に着たいよね。

ワキの黒ずみや埋没毛は
自己処理のせい?︎

ノースリーブやTシャツをキレイに着こなすために、毎日カミソリや毛抜きで自己処理を続けていると、お肌のダメージも蓄積されていっちゃうよ。

ワキ毛のケア方法でもっとも手軽なカミソリ。自己処理するのに必要なのは分かるけど、日常的にカミソリをあてると、肌を傷つけちゃったり、必要な角質もけずっちゃうこともあるから気をつけてね。刺激をくりかえし与えることで色素沈着も起こりやすいから、なるべく早く自己処理から卒業したいよね。

それに、シェービングの影響で肌が乾燥しやすくなったり、炎症などのさまざまなトラブルを引き起こすことも。何より面倒だし、どんなに疲れていても自己処理する時間を確保するとなると、毎日ちょっとの時間でも、義務的な感じで辛くなっちゃうよ。

毛抜きの自己処理は
埋没毛の原因

「埋没毛」って聞いたことある?「埋もれ毛」とも言うけど、これは、毛抜きによって引き起こされるものなんだけど、炎症にもつながる自己処理だから要注意。

抜かれた毛というのはしばらく生えてこないから、その間に皮膚が毛根を覆っちゃうの。その後、毛が生えてくる頃には皮膚があるため、毛が皮膚の下で埋もれたまま伸びちゃう。 そうなると炎症が起こり易くなるし、皮膚を破って、また毛を抜くことになるという悪循環につながることも。そういう時は自己判断しないで、皮フ科で対応してもらおうね。

あと、皮膚を引っ張るという意味だとワックスも同じ。ダメージが肌の黒ずみの原因になるし、肌に合わないなどのトラブルもあるから気をつけて!

>>ワキの肌トラブルならこちらもチェック

やっぱりサロン脱毛におまかせ!

夏にはツルツルの状態をゲットしたい!というあなたに、おすすめのスタート時期は、一年前の秋からがベストだよ。

施術の目安は、約1〜3ヵ月に1回のペース。回数が終わった頃には、ケアが進んで理想のワキの状態に近づいているはず。自己処理は手軽でいいけど、長い目で見ると肌のダメージを蓄積しちゃうし、何よりずっと自己処理をしなくちゃならないから面倒じゃない? 

もちろん、秋スタートじゃなくても大丈夫。思い立ったが吉日。気になったら、まずは無料カウンセリングを予約して、気軽に相談してね。自己判断するより、やっぱりプロの意見は参考になるし、あなたの強い味方になるはずだから安心して。

>>銀座カラーの両ワキ脱毛はこちらから

TOP